UFOレガシー (UFO・ミステリー事件遺産) 当サイトで参考にしたUFO関連本一覧
出典ライブラリー

●「UFO出現により姿を消した動物たち」など、怪奇事件名の頭文字が(A〜Z・0〜9)のページす。

トップページ > 不可思議事件 > 怪奇・不可思議事件集9(A〜Z・0〜9)



怪奇・不可思議事件集9
(A〜Z・0〜9)

怪奇・不可思議 事件集 TOPへ

索引欄(A〜Z・0〜9)
用語の頭文字で検索

A
 U
   
0 1 6
A
 △

U
●UFO出現により動物が姿を消した(1966年)
1966年12月30日, アメリカのルイジアナ州ヘインズビル(Haynesville, Louisiana)にある森の上空に出現したUFOを, ある科学者が目撃した。 翌日, その科学者が, UFOが着陸したと思われる森の中を調べると, その周辺の動物が姿を消していた。

この日(12月30日)の夜8時ごろのことである。ある原子物理学者が, 家族づれで南部に向けてドライブしていた。
暗い雲でおおわれた空からは, やがて雨が降り出してきた。一行がヘインズビル(Haynesville)に行き着く少し前に, 森の上空, 木の梢の手前の地上すれすれに, 大きな物体が光を出して滞空しているのを目撃した。
物体の放つ光は, クルマのヘッドライトの数十倍の明るさになったかと思うと, 急におぼろになったりした。この科学者は, とっさのうちに物体から発する光のエネルギー量を計算した。
ひどく強烈な印象を与えられたので, さっそく
翌日, 現場に引き返して, 光度計でいろいろ計ってみた。 その結果, 物体はクルマから約1マイル(約1.6キロメートル)のところにあったことが推測された。
そこで森の中を歩いてみると, 物体の着陸地点周辺の広範囲にわたって, 1羽の鳥も1匹の動物も完全に姿を消していることを発見した。
そこで科学者は, その近所の人々の中で, あの光体を見た人をつかまえていろいろたずねたところ, 家畜や牧牛が1頭残らず姿を消してしまったことを聞いたのだった。
さらに, 詳細に現場を調べてみると, 物体の着陸した跡が大きく広く焼けこげていたことも発見したのである。

【参考文献】
『UFOと宇宙(NO.35)』【空飛ぶ円盤とオカルティズム(4), 文:平野威馬雄】, 1978年


 

【参考外部】
intcat (INTCAT 1966 JULY - DEC)
Think AboutIt - REAL(1966: December UFO & Alien Sightings )
NICAP (The 1966 UFO Chronology)
UFOdna (30 Dec 1966 - Haynesville, Louisiana, USA)

0
 △
1
●100キロを10分足らずで移動したトラック運転手(1958年)
1958年11月, トラック運転手のR・D・スモールリッジはアーカンソン州ブラックロックからトゥルーマンまでの60マイル(約100km)を10分足らずで移動した。

R・D・スモールリッジ(R D Smallridge)は, アーカンソン州ハーディ(Hardy)からテネシー州メンフィス(Memphis)まで,
夜間にトラックで卵を運ぶのがいつもの仕事だった。
11月のある夜, いつものように途中のアーカンソン州ブラックロック(Black Rock)に近いオールナイトのトラック立ち寄り所で, トラックをとめてコーヒーを飲んだ。そこを出るとき, 彼は壁の時計と自分の腕時計を確かめた。午前2時ちょうどだった。
タイヤなどを点検した後,
7分後に彼はエンジンをかけ, トラックをスタートさせハイウェイに向かった。次の休憩場所は60マイル(約100km)先のアーカンソン州のトゥルーマン(Trumann)であった。ところが, 彼の次の記憶は, トゥルーマンにある休憩場所の簡易食堂の前でトラックを停車させようとしていることだった。ハイウェイを走った記憶がないのである。
食堂に入り, そこの時計を見ると彼は仰天してしまった。
午前2時15分だった。60マイルを8分間で走っていたのだ。通常ならばルート63からルート67にはいり, 州の重量計測所を通過しなければならなかった。しかし彼は, このどれも思い出すことができなかった。トラックは, ブラックロックとトゥルーマンの間を時速450マイル(時速720km)で走ったことになる。
彼はこの事件の後に, 多くの奇妙な体験をした。
最終的に彼はトラック運転手をやめて, 聖職者になり, 説教を行ない国中を旅して回った。
【参考文献】
『UFO超地球人説』【14章/敵陣突破!;世界は昨夜終った・・・】1976年, 著:ジョン・A・キール, 訳:巻正平

 

【参考外部】
intcat.blogspot.com(INTCAT 1958)
●1790年のUFO着陸事件
イタリアのUFO学者アルベルト・フェンゴリオ(Antonio Fenoglio)によると, 1790年6月12日の午前5時に, フランスのアレンソン(Alencon)付近で起こったとされている ”不時着事件” を明らかにした。

パリからリアブーフ(Liabeuf)なる刑事が調査のため派遣され, その彼の最終調査報告書が保管されていたのである。
目撃者のフランスの農民たちは,
その朝, 巨大な球が上空に現われて, 振動しながら動き, 山の頂上に突っ込んで草木を根こそぎにしたと, リアブーフに語った。
その物体の熱で草が燃え出し, 農民たちは, ひろがらないうちに消しにいった。
夕方になっても, 球体はまだ熱かった。
球体は馬車1台がはいれるくらいの大きさだったが, 落ちてきたままの状態に置かれていた。 すでに妙な事件のうわさはあたりに広まり, 野次馬がつめかけていた。
すると突然, 球体のドアのようなものが開き, われわれとそっくりではあるが, からだにぴったりの奇妙な服を着た一人の人間が出てきて, そこに群衆がいるのを見ると, 何かわけのわからないことをつぶやいて, 林の中に駆け込んだという。
農民たちがこわくなって, その物体から遠ざかると, それはまもなく, 音もなく爆発し, 細かい粉末のようなもの以外は, 何も残さなかった
林のなかに逃げ込んだ謎の男の捜索が行われたが, 空中に跡形もなく消えてしまったかのように見つからなかったという。

【参考文献】
『UFO超地球人説』1976年, 著:ジョン・A・キール, 訳:巻正平
『謎の白鳥座61番星』1975年, 著:ロビン・コリンズ, 訳:青木榮一


 


サイト:「COOLinterestingstuff.com」から


【参考外部】
COOL interesting stuff. com (1790 UFO crash or time traveller?)

6
●6,000キロをワープしたヴィダル夫妻(1968年)
1968年5月初旬に, アルゼンチンのシャスコムス(Chascomus)から南に150キロメートル離れたマイプという町に向かってプジョー403の車を走らせていたジェラルド・ヴィダル夫妻が, 濃い霧の中で気を失い, 気づいた48時間後には6,000キロメートル以上離れたメキシコにいた。

この日の夜
, ジェラルド・ヴィダル(Geraldo Vidal)博士夫妻は, マイプ(Maipu)という町に住む親戚を訪問するため友人の乗った車のあとについて, ブエノスアイレス国道2号線(Buenos Aires Route No.2)を走っていた。
友人たちの車がマイプに着いたとき, うしろにいるべきヴィダル夫妻がいないことに気づき, あわててUターンして同じ道を戻った。タイヤの交換とかで遅れているものと思ったが, 夫妻は見つからなかった。
2日後, マイプに住むランパリニ家(Rapallini family)に6,400キロメートル先のメキシコ・シティ(Mexico City)のアルゼンチン領事館から電話がかかってきた。それはヴィダル博士からのものであった。
夫妻の信じられない物語は, のちにブエノスアイレスやコルドバの新聞の大見出しとなった。
博士の話によると, シャスコムスのはずれをでるとすぐに, 突然, 濃い霧が目の前に現われて, 彼らの車を包んだ。それからのことを夫妻は全く憶えていない。目をさまして見ると昼間で, 二人はまだ車の中にいた。車は見たことのない町に駐車してあった。二人とも後頭部が痛かったが, 他にけがはなかった。
博士が降りて車を点検すると, 車の表面が溶接用ランプにあてられたように, 全体がひどくこげているのが分かったが, 車は動かすことができた。
博士は見知らぬ光景の中を走り始めた。人がいるのを見かけたので, 車を止めて聞いたところ, 二人は何とメキシコにいることが分かった。二人の腕時計は止まっていたが ,聞くと
2日が経過していることが分かった。
夫妻はメキシコ・シティのアルゼンチン領事館(Argentinean Consulate)に行き, 自分たちの話をした。領事のラファエル・ロペス・ペレグリニ(Rafael Lopez Pellegrini)は, 夫妻に調査がすむまでは静かにしているようアドバイスした。
【参考文献】
『UFO超地球人説』【14章/敵前突破;時間のゆがみと膨張】1976年, 著:ジョン・A・キール, 訳:巻正平

 

【参考外部】
話のコレクション(世界の怪奇スポット4 ビダル夫妻が瞬間移動したチャスコムス市(アルゼンチン))
超常現象・都市伝説・オカルト等の話が好き (テレポーテーション)
inexplicata.blogspot.com(Inexplicata-The Journal of Hispanic Ufology)


怪奇・不可思議 事件集 TOPへ   このページの  先頭へ


 Copyright (c) 2017-2021. Oomiya