UFOレガシー UFO・ミステリー事件遺産 当サイトで参考にしたUFO関連本一覧
出典ライブラリー

出典ライブラリー1
(あ〜お)


(あ)〜(お) NO.1
●秋山眞人のスペース・ピープル交信全記録
秋山眞人のスペース・ピープル交信 −UFO交信ノートを初公開−
秋山眞人
聞き手・編集:布施泰和
発行所:ナチュラルスピリット
2018年12月発行:
【 ISBN978-4- 86451-286-2 C0011 】


◎第1章/ ファースト・コンタクト(幼少期〜1976年)
◎第2章/ 直接コンタクトとUFO乗船(1976〜79年)

◎第3章/ UFO操縦と母船搭乗(1978〜80年)
◎第4章/ 太陽系外の惑星への旅(1980年ごろ)
◎第5章/ 発動! ミッション「地球」(1980〜85年「地球で生きる使命の目覚め」)
◎第6章/ ミッション地球と地球の未来(1985〜現在「東京ミッション」)
●アジアの心
(Heart of Asia)
著者:ニコラス・レーリッヒ
発行所:日本アグニ ヨガ協会
1981年4月発行:
【ISBN4-89741- 506-3 C0014】


・第1部/ アジアの心
・第2部/ シャンバラ
・ニコラス.レーリッヒ略伝
●飛鳥王朝の悲劇
−蘇我三代の栄光と没落−
著者:大羽弘道
発行所:光文社
(KAPPA BOOKS)
1977年1月発行:
【0-2-21- 00333-2271 (0)】


・第1章/ 蘇我一族の登場
 (1) 呪われた河内王朝
 (2) 日本古代の30年戦争
 (3) 蘇我一族はどこから来たか
・第2章/ 飛鳥王朝の黎明
 (1) 蘇我稲目, 中央に登場す
 (2) 稲目, 実権力を握る
 (3) 稲目, 仏教政策にのり出す

・第3章/ 飛鳥王朝の創造
 (1) 馬子, 物部氏を滅ぼす
    :
・第4章/ 飛鳥王朝の栄華
・第5章/ 飛鳥王朝の崩壊
●新しい宇宙時代の幕開け(1)
−いま明かされるUFO・宇宙人・地球空洞説のすべて−
−ヒトラーの第三帝国は地球内部に完成していた−
著者:ジョン・B・リース
訳者:ケイ・ミズモリ
発行所:ヒカルランド
2012年11月発行:
【ISBN978-4- 86471-072-5 C0022】


●第1部/ ナチスと米軍の宇宙競争と金星からの訪問者
(超シークレットの封印がついに解かれる)
・第1章/ 地球は太陽系外の宇宙人から監視されていた

・第2章/ 世界で初めてUFOを発明したアメリカ人航空技師
(ジョナサン・E・コールドウェル)
・第3章/ 日本か, 連合国か, ソ連か, どこがUFOを保有しているのか?
( 国際社会から除外された地球外の人間型生命体 & 地球外のUFO)
・第4章/ 超極秘だったアメリカの地球製UFO開発計画
(コールドウェルの円盤翼機)
・第5章/ 金星人の援助のもとドイツもまた地球製UFO
(円盤翼機を開発していた!)
  :
●新しい宇宙時代の幕開け(2)
−シャンバラ・惑星連邦・地球内部の知られざる新事実−
−地球はすでに友好的宇宙人が居住する惑星だった!−
著者:ジョン・B・リース
訳者:ケイ・ミズモリ
発行所:ヒカルランド
2012年12月発行:
【ISBN978-4- 86471-0782-7 C0022】


●第2部/ 地球内部インナー・ワールドと地上の権力 & 宇宙人たち
・第1章/ 地球内部への侵入
(アメリカの飛行中隊は発砲した!)

・第2章/ アメリカの円盤翼機が地球内部に平和的に侵入する
・第3章/ ヤルタ会談におけるルーズベルトとスターリンの秘密の合意
・第4章/ 沈んだアトランティス大陸の末裔は地球内部に脱出していた
・第5章/ 戦後のアメリカによる反重力原理の開発
   :
●アダムスキーの謎とUFOコンタクティ
著者:益子祐司
発行所:学研パブリッシング
2013年10月発行:
【ISBN978-4-05-405805-7 C0244】


●第1章/ 世界で最も有名なコンタクティ, アダムスキーの謎
・いまさらアダムスキー?
・人間とは宇宙にあまねく存在する種族なのか!?
・アダムスキーのテレパシー能力
・進化した惑星のスペースピープルとは
・アダムスキーの余波
・アダムスキーのUFO写真や動画が偽物である証拠は何もない
・アダムスキーの否定派と肯定派
・金星人オーソンの写真
    :

●第2章/ 知られざる南アフリカの女性コンタクティ
●第3章/ いま評価される時を迎えたハワード・メンジャー
●第4章/ インカのスピリチュアル・メッセンジャーの金星体験
●第5章/ 金星人オムネク・オネクへの包囲網
●第6章/ ヨーロッパの 「友情」 コンタクティ集団が暗示するもの
●第7章/ 宇宙を貫く創造の法則
●アトランチス大陸
大西洋の失われた大陸−
著者:小泉源太郎
発行所:大陸書房
1977年3月発行:
【0225-005013-4424】


・1/ その時、アトランチスは
 ・不吉な発光体
 ・災厄と狂乱
   :
・2/ プラトンのアトランチス
 ・ヘラクレスの柱のかなたに
 ・美しく肥沃なる大島
 ・ポセイドンの神命
   :
・3/ オカルト・アトランチス

・4/ 大洪水以前の世界
・5/ 全文明の源泉より
・6/ アトランチスの影を求めて
・7/ 地球最大の災厄
・8/ 大異変はくりかえす
・9/ 深まる海底の謎
●アトランティス 99の謎
−謎の大陸は実在したか−
産報デラックス
99の謎
−歴史シリーズ12−
発行所:サンポウジャーナル
1978年8月発行:
【雑誌4171-8】

●図説/ アトランティスの滅亡(有賀真澄)
●アトランティスと古代ギリシャ世界
・アトランティス伝説とその真相(三浦一郎)
・クレタ島ミノア文明とエーゲ世界(馬場恵二)
●アトランティスと神話・伝説の世界
・クレタ神話とアトランティスの宗教(吉田敦彦)
・メソポタミアの大洪水物語(矢島文夫
・旧約聖書とアトランティス(金子史朗)
   :
●アトランティス大陸の謎
著者:金子史朗
発行所:講談社
(講談社現代新書328)
1973年8月発行:
【0230-157281-2253(0)】

・第1章/ 未知の大陸に託した夢 (アトランティス伝説とユートピア)
・第2章/ アトランティスという王国 (プラトンの描写から)
・第3章/ アトランティスはどこにあったか (隠された場所)
・第4章/ エーゲ海を襲った大異変 (一万二千年前の地中海世界)

・第5章/ サントリン火山の噴火 (破滅の光の嵐と噴煙)
・第6章/ 伝承の中の真実 (ミノア噴火の記憶)
・第7章/ 地中海に眠る火山灰 (深海からの科学的証言)
・第8章/ 栄光のミノア文明 (発掘された「永遠の財宝」)
・第9章/ アトランティス最後の日 (その滅びゆく運命)
・第10章/ プラトンの 『理想の国』 (アトランティスへの郷愁と挫折)
●アトランティスの記憶
(THE VIEW OVER ATLANTIS)
著者:ジョン・ミッチェル
訳者:大島有子
編・監修:南山宏
解説:小泉源太郎
(超科学シリーズ-8)
発行所:国書刊行会
1985年5月
発行:

・第1部/ 「線」
 1/ 古代の直線路
 2/ 龍の道
 3/ 蛇の力

・第2部/ 「道具」
 1/ ゲマトリア法の科学
 2/ 大ピラミッド
 3/ ウッドヘンジ
 4/ 啓示の中の芸術と科学の秩序
 5/ ストーンヘンジとグラストンベリー
 6/ 錬金術の融合
 7/ 占星学の苑
・第3部/ 「霊的土木工学」


(あ)〜(お) NO.2
●あなたの知らない都市伝説の真実
著者:皆神龍太郎
発行所:学研パブリッシング
2014年4月 発行:
【ISBN978-4-05-405996-2 C0076】


・第1章/ フリーメーソンの陰謀
・第2章/ UFO伝説
 ・「ロズウェル事件」の真実
 ・巨大UFOと遭遇した日航ジャンボ機
 ・アメリカで起こった 「宇宙戦争」
 ・江戸時代に 「UFO」 が来ていた・・・?
 ・謎の 「宇宙文字」 の真相

・第3章/ 超常現象の謎
・第4章/ "怪" 伝説の正体
・第5章/ 陰謀論の誘惑
 ・「アポロ」 は月面に着陸したのか・・?
 ・「20ドル札」 は同時多発テロを予告していた・・?
 ・滝廉太郎に仕掛けられた陰謀
 ・恐るべき地震兵器
●あなたの知らない日本のミステリーゾーン
編集:小川規子
発行所:宝島社
2019年7月 発行:
【ISBN978-4-8002-9506-4 C9476】


●第1章/ 怨嗟が生み出す怪奇
●第2章/ 神々の痕跡をたどる
●第3章/ 正史から抜け落ちたもの
●第4章/ 古代人の遺産にふれる
●第5章/ 未知なる生物との遭遇
●暴かれた9.11疑惑の真相
著者:ベンジャミン・フルフォード
発行所:扶桑社
2006年9月 発行:
【ISBN4-594-05228-2 C0095】


・第1章/ 世界貿易センタービル "崩壊" の謎
・第2章/ ペンタゴンにボーイング757は激突しなかった!
・第3章/ つくられた 「ユナイテッド93」 の神話
・第4章/ テロを事前に知っていた人々
・第5章/ アメリカの民主主義は死んでいる
・第6章/ 「犯人とされた」 人々の肖像
・第7章/ ヤラセ国家・アメリカの歴史
・第8章/ 真相究明に向けて
 
●アポロと空飛ぶ円盤
(表紙カバーなし)
著者:平野威馬雄 / 荒井欣一
発行所:高文社
(空飛ぶ円盤シリーズ)
1973年9月 発行:
B6版
  

●アポロ11の月面着陸に先行したアダムスキの月面観察
 ・アダムスキによる月の姿
 ・最初の無人ロケット打上げを皮切りに
 ・アポロ11号の交信から
   :
●UFOにアプローチされた人間衛星
 ・宇宙ミステリー
   :

●最も信憑性あるUFO着陸事件
●UFO着陸事件裏面史
 ・科学的研究の障害物
   :
●空飛ぶ円盤白書(コンドン委員会の結論)
 ・空飛ぶ円盤白書
 ・コンドン委員会の成立
   :
●日本における最高の目撃例
●空飛ぶ円盤対米空軍の暗闘
 (UFO研究機関変遷史)
●森と湖に囲まれたワナキー事件
   :
●アミ 小さな宇宙人
著者:エンリケ・バリオス
訳者:石原彰二
絵:さくらももこ
発行所:徳間書店   
2005年8月 発行:
徳間文庫 
【ISBN978-4-19-8982295-5 C0197】

◎第1部
●第1章/ 墜落UFO
●第2章/ 宙に浮かんだペドゥリート
●第3章/ アミと名づけられた宇宙人との会話
●第4章/ ひとを幸福にしないシステム
●第5章/ 誘拐!
●第6章/ スーパーコンピューターと愛の度数について
●第7章/ UFO搭乗と目撃証拠

◎第2部
●第8章/ オフィル星と地球を脱出した人々
●第9章/ 宇宙の基本法
●第10章/ 宇宙親交と救済計画
●第11章/ 科学が霊性を発見するとき
●第12章/ 宇宙生命体への階段
●第13章/ 万物を産み出すエネルギー
●第14章/ 帰還
●アメリカ・インディアンの歴史
〔改訂〕

著者:富田虎男
発行所:雄山閣出版
1986年10月 発行:
【ISBN4-639-00607-1 C0022】


◎第1章/ 今日のインディアン
◎第2章/ インディアンの祖先たち
◎第3章/ ヨーロッパ人との接触
◎第4章/ イギリス植民地におけるインディアン・白人関係
◎第5章/ インディアンとアメリカ独立革命
◎第6章/ わが土地を守る戦いと文明化政策

◎第7章/ インディアンの強制移住と「明白な運命」
◎第8章/ 軍事的征服から文化的破壊へ
◎第9章/ 民族的解体と再生
●アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか
( THE PRESIDENTS AND UFOS A SECRET HISTORY FROM FDR to OBAMA )
−ルーズベルトからオバマまで秘密の歴史−
著者:ラリー・ホルコム
訳者:安納令奈
発行所:徳間書店
2015年9月 発行:
【ISBN978-4-19-864016-3 C0022】


●序章/ アメリカ政府とUFO現象の深い関係 (空飛ぶ円盤は実在する)
●第1章/ UFO目撃情報のはじまり (ルーズベルト政権とトルーマン政権)
●第2章/ UFOとの第1種接近遭遇 (アイゼンハワー政権 - 権力のパラダイムシフト)

●第3章/ 大いなる陰謀説 (ケネディ政権 - 悲劇とUFO)
●第4章/ 宇宙のリーダー (ジョンソン政権 - 多発するUFO事件)

●第5章/ 情報公開計画 (ニクソン政権 - 秘密開示できた唯一の大統領)
●第6章/ メタンガス (フォード政権 - 煙に巻く姿勢への転換)
●第7章/ 大統領によるUFO目撃とNASA (カーター政権 - なぜ隠蔽されたのか)
●第8章/ 日本航空1628便 ハドソンヴァレー目撃事件 (レーガン政権 - 隠蔽の首謀者はだれか)
●第9章/ ベルギーUFOウェーブ事件とSTS-48 (ジョージ・H・W・ブッシュ政権 - UFOを知り尽くした大統領)
●第10章/ ロックフェラー・イニシアチブ (クリントン政権 - 大統領命令12958)
●第11章/ スティーヴンビルのUFOとクロフォードのホワイトハウス (ジョージ・W・ブッシュ政権 - 情報のもみ消し)
●アメリカ超能力研究の真実
( PHENOMENA - The Secret History of the U.S. Goverment's Investigations into Extrasensory Perception and Psychokinesis )
−国家機密プログラムの全貌−
著者:アニー・ジェイコブセン
訳者:加藤万里子
発行所:太田出版
(ヒストリカル・スタディーズ22)

2018年3月 発行:
【ISBN978-4-7783-1622-8 C0031】


◎第1部/ 初期
●第1章/ スーパーナチュラル
●第2章/ プハーリッチ理論
●第3章/ 懐疑論者とペテン師とアメリカ陸軍
●第4章/ 疑似科学
●第5章/ ソ連の脅威

◎第2部/ CIAの時代
●第6章/ ユリ・ゲラーの謎
●第7章/ 月面に立った男
●第8章/ 物理学者と超能力者
●第9章/ 懐疑論者対CIA
●第10章/ 遠隔視
●第11章/ 無意識
●第12章/ 潜水艦

◎第3部/ 国防総省の時代
●第13章/ 超物理学
●第14章/ サイキック兵士
●第15章/ 気功と銭学森の謎
●第16章/ 殺人者と誘拐犯
●第17章/ 意識
●第18章/ サイキック・トレーニング
●第19章/ 第三の目を持つ女
●第20章/ ひとつの時代の終わり
●第21章/ 人質と麻薬
●第22章/ 崩壊
◎第4部/ 現代
●第23章/ 直感, 予感, 合成テレパシー
●第24章/ 科学者と懐疑論者
●第25章/ サイキックと宇宙飛行士
●ありえない世界
ありえない世界【SSP:秘密宇宙計画】のすべて
( Insiders Reveal Secret Space Programs & Extraterrestrial Alliances )
−想定超突破の未来がやって来た!−
著者:Dr.マイケル・E・サラ
監訳/解説:高島康司
発行所:ヒカルランド
2017年12月発行:
【ISBN978-4-86471-581-2 C0030】

●第1章/ 電気で作動する円盤テクノロジー [電気重力 = 反重力] はこうして隠蔽された
●第2章/ 秘密宇宙計画の起源:それはなんと1920年代から始まっていた!
●第3章/ ナチ党とファシスト党の空飛ぶ円盤兵器計画に関する密約
●第4章/ 「ダークフリート」 (闇の艦隊)の起源
●第5章/ 「ソーラーウォーデン」 (太陽系の監視人):アメリカ初の秘密宇宙計画

●第6章/ 惑星間企業複合体(ICC)はMJ-12グループと共にダークフリートとも緊密に手を組んでいる
●第7章/ この惑星から飛び立ち太陽系外ですでに 「銀河国際連合」 の宇宙計画が進行している
●第8章/ SAP(特別アクセス計画), イルミナティ/ カバルたちの高度な宇宙テクノロジー
●第9章/ 世界を変えたかもしれないオーティス・カーのOTC-X1への弾圧
●第10章/ 現代にリンクするのか!? 古代離脱文明グループによる古代の秘密宇宙計画の全貌
●第11章/ 異星人と秘密宇宙計画の相互関係
●第12章/ ブリル協会, ナチスSSの秘密の 「月面作戦司令部」 (LOC)の存在を傍証するアポロ宇宙飛行士たち他
●第13章/ 火星をめぐる証言の比較
●第14章/ 秘密火星基地で行なわれている企業支配, 強制労働, 恒星間人身売買について
●第15章/ 「ロー・オブ・ワン:一なるものの法則」, 「星間同盟」, 情報の全面開示, アセンション(上昇)
●アンドロメダ星雲の謎
原著者:P・W・ホッジ
原訳者:小尾信彌
編:日経サイエンス編集部
発行所:日経サイエンス
(ONE POINT SCIENCE)
1983年12月発行:
【INBN4-532-06437-6 C0344】

・1/ はじめに
・2/ 宇宙を教えてくれる星雲
・3/ アンドロメダ星雲の研究前史
・4/ アンドロメダに魅せられたハップル

・5/ 銀河系の外に広がる宇宙
・6/ 幸運な天文学者バーデ
・7/ バーデの第一の発見
・8/ バーデの第二の発見
・9/ 渦巻き腕で生まれる星
・10/ 中性水素の巨大なドーナツ
・11/ 大きく広がる水素ガス
    :


(あ)〜(お) NO.3
●イエス・キリストの探求
−愛とは何か・生きるとは何か−
著者:八木誠一
発行所:産報
(SANPO BOOKS)
1976年12月発行:
【0376-611313-2779】


◎第1章/ エゴイズムの否定・克服 (新約聖書の「キリスト」をどうとらえるか)
◎第2章/ 宗教の言葉の性格 (自己を超えたものの働きとは何か)
◎第3章/ イエスと原始キリスト教 (新約聖書はどのように成立したか)

◎第4章/ イエス, パウロ, ヨハネの思想 (愛する者はなぜ神を知るのか)
◎第5章/ 超越者の<働き>と<構造> (自己とは何か,他者とは何か)
◎補論/ 現代人と神 (神への信仰にどういう意味があるのか)
●イエスの失われた十七年
著者:エリザベス・クレア・プロフェット
訳:下野博
発行所:立風書房
1998年6月発行:
【ISBN4-651-93017-4 C0098】


・第1章/ イエスの失われた歳月
・第2章/ 知られざるイエス・キリストの伝記
・第3章/ ヒミスへの細道
・第4章/ 東方伝説
・第5章/ 「あなたがたのイエスはここにいた! と, この本にそう書かれています」
 
・第6章/ 今日のラグーダ −ある文化人類学者の印象−
・第7章/ エピローグ
・第8章/ 謝辞
●生きた宇宙人がつかまった
−「MJ-12」 が隠しておきたかった真実のすべて−
−目撃者たちが見た戦慄の光景とは−
著者:矢追純一
発行所:青春出版社   
1991年10月発行:
【ISBN-4-1413-01565-7 C0240】

◎第1章/ この奇怪な生き物の正体を追いつめた
・その写真には不気味な生き物が写っていた
・被写体は本物か, それとも模型なのか?!
・カナダで展示されていた宇宙人モデルの謎
・モデルはロズウェル事件で回収された宇宙人の死体か

◎第2章/ ロズウェルにはUFOがもう1機墜落していた!
・墜落したUFOは1機ではなかった
    :  
◎第3章/ 生きた宇宙人はどこに連れ去られたか
◎第4章/ 彼らとの密約は着々と実行されている
◎第5章/ 地球製UFOが基地外を飛びはじめた?!
◎第6章/ NASAが手に入れたこれが脅威の超技術だ
◎第7章/ 南アフリカ空軍も宇宙人を捕まえていた
◎第8章/ チェサピーク湾でいま何が画策されているか
◎第9章/ 対宇宙戦略の全貌が見えてきた
◎第10章/ 現在のMJ- 12をついに突きとめた!
●生きものと放射線
著者:江上信雄
発行所:青春出版社
(UPバイオロジー・シリーズ)
1975年3月 発行:
【3345-63533-5149】

・1/ 生きものと放射線とのかかわり合いの歴史
・2/ ヒトが放射線をあびるとどんなことがおこるか
・3/ 高等動物を用いた放射線障害の解析
・4/ 固体内の細胞集団にたいする放射線の作用

・5/ 高等動物細胞におよぼす放射線の作用
・6/ 微生物とウィルスによる放射線の生物学的作用の解析
・7/ 生物学的重要分子にたいする放射線の影響
    :
●イスラム教
著者:安倍治夫
発行所:現代書館
(FOR BEGINNERS・シリーズ)
1986年1月発行:
【0330-03238-1935】

・「イスラーム」ってなあに
・預言者ムハンマド
・アル・クルアーン
・イスラミックワールド
・イスラムの状況と展望
・イスラームへの招待
●イスラム 思想と歴史
著者:中村廣治郎
発行所:東京大学出版会
(UP選書)
1977年4月発行:
【1310-06709-5149】

・第1章/ 聖典−コーラン
1/ コーランとは
2/ コーランの思想(一)
   :
・第2章/ 預言者−ムハンマド
・第3章/ 共同体−ウンマ

・第4章/ 「異端」 −ハーリジー派とシーア派
・第5章/ 聖法−シャリーア
・第6章/ 神学−カラーム
・第7章/ 政治−スィヤーサ
・第8章/ 神秘主義−スーフィズム
・第9章/ むすび−近代への序曲
●遺跡ミステリー 歴史読本
【歴史読本特別増刊号- 第31巻第2号
−あなたはこの謎にどこまで迫れるか!−
発行所:新人物往来社
(歴史読本ワールド3号)
1986年1月発行:
【雑誌 09618-1】

◎特集カラー
・ナイル古代への旅路(写真:吉村作治)
・インカ帝国の末裔たち(写真:関野吉晴)
◎インタビュー;
・遺跡の旅を味わうためのキーワード(森本哲郎)
    :

◎遺跡ミステリー史話
 ●アジアT編(文:村山孚)
 ●アジアU編(文:近藤英夫)
 ●中近東・アフリカ編(文:吉村作治)
 ●ヨーロッパT編(文:三浦一郎)
 ●ヨーロッパU編(文:今井宏 / 大久保桂子 / 福井憲彦 / 魚住昌良 / 田中陽児)
 ●中南米編(文:狩野千秋)
    :
●1日1話、つい読みたくなる世界のミステリーと怪異366
1日1話、つい読みたくなる世界のミステリーと怪異366−毎晩, 衝撃! −
監修:朝里樹
発行者:小宮英行
発行所:徳間書店
2021年6月 発行:
【ISBN978-4-19-865308-8 C0076】

●第1日目:ミステリアス遺産
●第2日目:UMAと怪人
●第3日目:古代文明
●第4日目:幽霊・呪い
●第5日目:宇宙・自然の神秘
●第6日目:歴史のミステリー
●第7日目:都市伝説と陰謀論
 
●移動する大陸
( A revolution in the Earth Science, Oxford University Press 1973 )
−地球生成の謎を解く−
著者:A・ハラム
訳者:浅田敏
発行所:講談社
(講談社現代新書373)
1974年11月発行:
【0244-157731-2253(0)】

・第1章/ 大陸移動説が生まれるまで
・第2章/ ウェーゲナーの仮説
・第3章/ 大陸移動説への反論
・第4章/ 発展する地球科学

・第5章/ 海洋底は拡大している
・第6章/ プレート・テクトニクス
・第7章/ プレート・テクトニクス理論の応用
 1/ パンゲア大陸の接合と分裂の時期
 2/ 山脈形成の起源
 3/ 火成活動
 4/ 垂直方向の構造
 5/ 主要な地構系
 6/ 氷河時代
 7/ 古生物の分布
・第8章/ 新しい地球観をつくるために


(あ)〜(お) NO.4
●茨城の妖怪図鑑
著者:中沢健
監修:山口敏太郎
発行所:TOブックス
2019年7月 発行:
【ISBN978-4-86472-821-8 C0093】

●前書き
●馬面蛇(高萩市)
●八竜神(筑西市;旧下館市)
●夜刀神(行方市;旧玉造町)
●わいら
●化け鐘(石岡市)
   :
●今も地球を癒し続けるプレアデス科学の謎
( The Promise )
著者:フレッド・ベル + ブラッド・スタイガー
訳者:ケイ・ミズモリ
発行所:徳間書店
1996年4月発行:
【ISBN4-19-850311-7 C0240】

・第1部/ 「レセプター」 の謎
 ・第1章/ 殺人未遂事件からすべては始まった
 ・第2章/ 父の形見のメダリオンの謎
 ・第3章/ ネオ・ナチの影がついに姿を現す
    :
・第2部/ 謎を追って過去へと遡る
 ・第12章/ 少年時代へのタイムスリップ
    :
・第3部/ セムヤーゼとの邂逅
 ・第18章/ エジプトへの出発, そしてNASA時代の回想
 ・第19章/ プレアデスの遺品の再発見
 ・第20章/ セムヤーゼが明かした 「レセプター」 の秘密
 ・第21章/ 驚異の宇宙船 「ビーム・シップ」 体験
    :


◎本書の原題は, 『The Promise』 で, 天才科学者 フレッド・ベル 博士が語った内容を, ブラッド・スタイガー 氏がまとめたもので, 1991年にアメリカで出版されました。
内容は, プレアデス星のテクノロジーが凝縮された〈ニュークリア・レセプター【核受容器】;大型のメダル付きのペンダント〉を手に入れたベル博士が, それを取り返そうとする闇の勢力との戦いに翻弄する物語です。
この中で博士は, プレアデス星団のエラ星からやってきた セムヤーゼ と物理的コンタクトを体験しています。
訳者の ケイ・ミズモリ 氏によると, ベル博士から本書の内容は75パーセントが真実であると聞いているといいます。
本書のはじめでベル博士は, この物語で, 自動車の地上走行テスト, 空軍でのUFOとの遭遇, NASAでの体験などはすべて真実であり正確に記されており, いくつかの名前は変えられているが, 登場人物のほとんどは実在の人物である。 父に関する体験箇所だけは, 前世の記録とからめストーリーを分かりやすくするため多少脚色されている, ということが述べられています。
●インカ帝国 99の謎
産報デラックス99の謎
−黄金の秘密都市を追って−
−歴史シリーズ9−
監修:寺田和夫
発行所:サンポウジャーナル
1978年2月発行:
【雑誌4171-2】

◎第1章/ アンデスの覇者 「インカ」 への道
・プレ・インカ三千年の光と影(狩野千秋)
・アンデスの自然現象(加藤泰建)
・神秘と怪奇(寺田和夫)

◎第2章/ 海抜三千b上に築かれた石と水の文化
・空中に失われた幻の都市マチュピチュ(大貫良夫)
・石の魔術(大貫良夫)
・源泉なき水路の謎(加藤泰建)
◎第3章/ 黄金の秘密都市を追って
・悲劇の王都
・ビルカバンバ探検行(原野弥見)
  :
●インフルインザはなぜ流行するのか
原著者:M・M・カプラン / R・G・ウェブスター
原訳者:石田名香雄
編:日経サイエンス編集部
発行所:日経サイエンス
(ONE POINT SCIENCE)
1983年12月 発行:
【INBN4-532-06435-X2】

・1/ 2千万人以上が死んだ, 1918〜19年の大流行
・2/ ウイルスが原因だとわかったのは, わずか50年前のことだ・・
・3/ ウイルス粒子表面のスパイクの違いが, ウイルスの個性だ

・4/ 大変異を起こしたスパイクは名前が変わる
・5/ 人間のインフルエンザ株は, もとは動物がもっていたものだろうか
・6/ 豚も人間のインフルエンザにかかる
・7/ 人間が豚のインフルエンザにかかったフォートディスク事件
・8/ 馬と鳥のインフルエンザは人間にうつるか
・9/ 渡り鳥がインフルエンザ・ウイルスをバラまいている
・10/ 人間に流行するインフルエンザ株はどうして生み出されるのか
・11/ かつてのような猛威ををふるうことは, もうない
 


(あ)〜(お) NO.5
●失われた古代文字 99の謎
−いま甦る太古からのメッセージ−
著者:矢島文夫
発行所:産報
(SANPO BOOKS-110)
1976年11月発行:
【0376-611310-2779】

◎1/ 古代文字の解読 (文字の向こうに文明が見えた)
◎2/ 語り始めた太古の昔 (エジプト象形文字が記述した権力の世紀)
◎3/ 聖書の原型 (はるかなるメソポタミア文明の記憶)
◎4/ 地中海に消えた文明 (失われた記憶からの回帰)

◎5/ 忘却から甦った民族 (ヒッタイト文字が告知した埋れた歴史)
◎6/ インダス文字とロンゴ・ロンゴ (古代インドと太平洋文明の類似)
◎7/ 奇怪なマヤ・アステカ文字 (新大陸の世界にはなにがあったか)
◎8/ シルクロードと古代文字 (中央アジアに埋もれた文明の謎)
◎9/ 暗号解読と文字の魔術 (ポオ 『黄金虫』 の暗号を解読する)
◎10/太古からのメッセージ (文字以前の世界を探る)
●失われた生物たち 大恐竜展
−ソ連科学アカデミーコレクション−
主催:大恐竜展実行委員会
図録編集:国立科学博物館
図録制作:美術出版デザインセンター
1979年
  
・あいさつ
・タルボサウルス
・先カンブリア時代の古生物
・古生代の植物
・古生代の昆虫
・節足動物の世界
・魚類
・両生類

・古生代の爬虫類1
・古生代の爬虫類2
・古生代の爬虫類3
・中生代初期の植物相
・中生代の爬虫類
・恐竜1
    :
●失われた日本の超古代文明FILE
−太古, 日本は世界の中心だった!!−
編者:歴史雑学探究倶楽部
発行所:学研パブリッシング
(ムーSPECIAL)
2015年2月発行:
【ISBN978-4-05-406211-5 C0076】

・第1章/ 日本神話に隠された謎
・第2章/ 日本とユダヤを結ぶ点と線
・第3章/ 超古代史と神社の謎
・第4章/ 超古代文献と古代文字
・第5章/ 超古代,日本は世界の中心だった!
・第6章/ 超古代日本ピラミッド文明の謎
・第7章/ 超古代日本に栄えた都市文明
・第8章/ 超古代のオーパーツ
●失われた文明
−1万2千年前の世界−
著者:A・ゴルボフスキー
訳者:中山一郎
発行所:講談社
(講談社現代新書274)
1972年4月発行:
【0230-156743-2253(2)】

●T/ 痕跡と証拠
・1/ 大異変についての記憶
・2/ 深淵による滅亡
・3/ 「惑星がその軌道を変えた−」
・4/ 大異変はいつ起こったのだろうか
・5/ へびと鳥とのたたかい

●U/ 大異変前の世界
・1/ 理性をそなえた人間があらわれたのはいつか
・2/ 知識の救出を企てる
・3/ 出所不明の知識
・4/ 火のなかに投げ入れられた書物
・5/ 隠された知識
・6/ 神々が激怒したとき
・7/ 人間は空を飛ぶことができたか
・8/ 「不可能だ」 というのは早すぎる
●失われた惑星文明
失われた惑星文明( OUR HAUNTED PLANET )
著者:ジョン・A・キール
訳者:北村十四彦
発行所:大陸書房
(世界のノンフィクションNo.222)
1975年3月発行:

〇第1部
●「円盤」 で測量された古代地図
●消えた大陸の宇宙人
●宇宙人が築いた古代文明
●宇宙の落し子
●巨石に秘められた宇宙人の痕跡
●古代都市崩壊の原因

〇第2部
●疑似人類の暗躍
●超常現象の体験者
●他世界から来た人類
●神と人間との地球的結合
〇第3部
●地球を襲う未確認電波
●次元の断層に消えた人たち
●未来の人類と文明
●うしろの始皇帝
著者:つのだじろう
発行所:学習研究社
(MU SUPER MYSTERY BOOKS)
2006年2月発行:
【ISBN4-05-403015-7 C0221】

・第1章/ 神霊火事・・・「赤ネコが走った」
・第2章/ 因縁事件・・・「秦氏の血脈と霊統」
・第3章/ 神意託宣・・・「秦始皇帝の虚像と真実」
・第4章/ 不老不死・・・「秦始皇帝の正体」
●宇宙から来た遺跡
著者:南山宏
発行所:講談社
1981年5月発行:
【0044-458209-2253(0)】


・第1章/ すべてはティワナコ遺跡に始まった
・第2章/ 密林に埋もれていたコスタリカの天体大石球群記
・第3章/ イースター島の巨人石像は眼から超能力を放つ異星人像だ
・第4章/ ナスカの地上大図形は異星人の地球探検基地の跡
・第5章/ 巨大なエネルギー応用施設をもつ異星人都市テオティワカン

・第6章/ 中米に刻印された異星人文明の興亡
・第7章/ 謎の土偶群が立証する, 恐竜 = 人類の共存時代
・第8章/ アンデス古代文化圏にかくされた, 異星人技術
・第9章/ 謎の黄金細工物から南米の古代飛行物体を再現
・第10章/ 古代文明を覆う巨石ミステリー
・第11章/ 人類の進化は異星人によって加速させられていた
●宇宙からの帰還
著者:立花隆
発行所:中央公論社
1983年1月発行:
【0036-001594-4622】

◎宇宙からの帰還
・第1章/ 上下・縦横・高低のない世界
・第2章/ 地球は宇宙のオアシス
◎神との邂逅
・第1章/ 伝道者になったアーウィン
・第2章/ 宇宙飛行士の家庭生活
・第3章/ 神秘体験と切手事件

◎狂気と情事
・第1章/ 宇宙体験を語らないオルドリン
・第2章/ 苦痛の祝賀行事
・第3章/ マリアンヌとの情事
◎政治とビジネス
・第1章/ 英雄グレンとドン・ファン,スワイガート
   :
◎宇宙人への進化
第1章/ 白髪の宇宙飛行士
   :
●宇宙からの警告
( A Call at Dawn )
−UFO母船同乗見聞記−
著者:ケルビン・ロウ
訳者:梶野修平
監修:韮澤潤一郎
発行所:たま出版
1987年11月発行:
【ISBN4-88481-179-8 C0010】


・序文/
・第1章/ 目覚め
・第2章/ 宇宙人との出合い
・第3章/ 宇宙の友人たちとの会見
・第4章 /巨大UFO母船に同乗する

・第5章/ われわれは何をなすべきか
・第6章/ 新周期に入った地球
・第7章/ 閉ざされた地球からの脱出
・第8章/ 宇宙人種になる資格
・第9章/ 地上に平和が来ないわけ
・第10章/ 宇宙は電磁エネルギーの海
    :
●宇宙からの使者
−アダムスキー秘話と世界政治−
著者:藤原忍
監修:韮澤潤一郎
発行所:たま出版
(UFOシリーズ) 
1988年5月発行:
【ISBN4-88481-186-0 C0010】


・第1章/ 公表された事件の顛末 (この全てが偶然の出来事なのだろうか)
・第2章/ 秘話が明かす特使の姿 (前世の記憶が確証されるまで)
・第3章/ 月や惑星はほんとうに死の世界か (宇宙開発情報は全て信じられるものなのか)

・第4章/ 太陽系人類の歴史と地球 (今世紀に集中してUFOが飛来する理由)
・第5章/ 地球は宇宙連合に参加できるか (世界の政府とバチカンを巻き込む宇宙人の活動)
・第6章/ その社会は単なるユートピアか (宇宙と密接な生き方こそ人類の姿である)
・第7章/ 真相を認めるのは政治か宗教か (開国派バチカンと鎖国攘夷の世界経済勢力)
・第8章/ 宇宙的人生を謳歌しよう (何がユートピアを実現しうるのか)
・第9章/ 最後の劇的接近遭遇 (政府へのアピールを願った宇宙人たち)
 


(あ)〜(お) NO.6
●宇宙からの誘拐者
−戦慄のアブダクティー体験−
著者:矢追純一
発行所:二見書房   
1990年11月発行:
(サラブレッド・ブックス)
 
【ISBN-4-576-90137-0 C0295】

◎第1章/ 全米を震撼させたガルフ・ブリーズ事件の真相
◎第2章/ 大論争を巻きおこした真偽問題
◎第3章/ 陰謀の影に見え隠れする巨大組織の存在
◎第4章/ 世界各地で証言された戦慄のアブダクト体験
◎第5章/ 「MJ-12」 の密約後, 誘拐事件は始まった

◎第6章/ オーストラリア, 謎の異次元誘拐
◎第7章/ 日本でおこった衝撃のアブダクション・ケース
●われわれ日本人も傍観者ではいられない
●海外でも例のないほどのUFOとの超接近遭遇
●証言者はつぎつぎと現われた
●UFOを恐れる真理の奥には・・
●ついに空白の時間がよみがえる
●恐怖にふるえる姿に一同唖然
●殺される。助けてくれ!
●有名な「バスカグーラ事件」に酷似
    :
◎第8章/ 宇宙人はなぜ人類に興味を持つのか  
●宇宙人がくれた21世紀の聖書
−コンタクティ ビリー・マイヤ は何を観たか−
著者:大高良哉(FIGU日本
発行所:徳間書店   
1989年2月発行:
(TOKUMA BOOKS) 
【ISBN4-19-503893-6 C0241】


◎第1章/ 宇宙人に選ばれた男 = マイヤ
・「宇宙人との遭遇」 ショック - それも氷山の一角にすぎなかった
・隠されたもう一つのUFO資料があった
・マイヤ事件 - 最初の衝撃
・宇宙から派遣された養育係スファタ
・第二の監督者アスケットの出現
・並行宇宙からやってきたアスケット
    :

・第2章/ 実在する 「二十一世紀の聖書」
・第3章/ 真・創世記-宇宙人が明かす太陽系の秘密
・第4章/ 真・旧約聖書 - 地球人類発祥の真実
・第5章/ 宇宙人の予言と警告
・第6章/ 宇宙人の愛と生活
・第7章/ 「未知の科学」 への招待
・第8章/ 創造の法則と掟
・第9章/ 「マイヤ事件」 - その ”証拠” の科学的検証
●宇宙人最後の真実 人類を操る異次元の暗黒宇宙人
著者:浜田政彦
発行所:徳間書店   
2009年11月発行:
文庫(5次元文庫067)
 
【ISBN978-4-19-906070-0 C0144】

◎第1章/ 「秘密」 に近づいたUFO研究家を襲う "黒い影"
・不可解な死を遂げたUFO研究家
・再び現れた黒服の男たち
・異次元存在確信者ブラッド・スタイガーの場合
・「死人のような連中」 が異次元から人間世界へ侵入してきている!
・生きている死人? 歪んだ時空間からの訪問者
・軍も翻弄されるニセ士官たちの暗躍
・異次元存在の "宇宙宗教創出計画"

◎第2章/ 東方の三博士から始まったキリスト教の歴史は, "彼ら" に完全に操作されている!
・異次元世界からの秘密工作・キリスト教, 「世界化」 の驚愕の真実
    :
◎第3章/ 異次元からの洗脳工作・奇跡とUFO現象の演出者
・終章/ 破られた封印・解き放たれた暗黒の神々
●宇宙人図鑑
文・写真:並木伸一郎
発行所:学習研究社   
2008年1月発行:
「ムー」2008年1月号 別冊特別付録


◎1/ 宇宙人の映像
・世界初の宇宙人写真
・旧西ドイツの小人宇宙人
・金星人オーソン
・プレアデス星人アスカット
・スペーススーツの宇宙人

・宇宙人ラーマ
・火星人の後ろ姿
・イルクリーの緑色エイリアン
・金星人スペース・ピープル
・シルバースーツの宇宙人
   :
◎2/ 宇宙人の死体
◎3/ 宇宙人目撃とその痕跡
◎4/ 最新UFO写真
●宇宙人大襲来
(SONS OF GOD RETURN)
著者:ケリー・L・シーグレーブス
訳者:小泉源太郎
発行所:大陸書房
(世界のノンフィクションNo.262)
1976年3月発行:

◎地球を襲うUFO
◎宇宙からコントロールされる地球人
◎円盤人の正体

◎予言される大異変
◎宇宙人来訪の意図
◎サタンの最後の挑戦
◎ノアの洪水と地球滅亡の日
◎古代文明の興亡
◎最後の大戦争アルマゲドン
●宇宙人と古代人の謎
著者:A・カザンツェフ / G・マリニチェフ 他
訳者:金光不二夫
発行所:文一総合出版
1978年3月発行:
自然界の驚異シリーズ
【0340-80012-7354】

◎第1章/ 宇宙人と古代人の謎
・宇宙人は地球に来た
・宇宙人が残した形見
   :

◎第2章/ ツングース大異変
・天変地異の現場
・クーリック道路を行く
・仮説、また仮説
・真実はどこに
◎第3章/ 空飛ぶ円盤は宇宙船か
・空飛ぶ円盤は実在するか
・UFOの正体
・もう一つの見方
   :
・宇宙の知的生物
 
●宇宙人との遭遇
( UFO・・・Contact From The Pleiades,A Preliminary Report of Investigation )
−UFOドキュメント, プレアデス星から来た美人宇宙飛行士−
著者:ウエンデル・スティーブンス
訳者:芝田康彦
発行所:徳間書店
1980年7月発行:
(TOKUMA BOOKS)
【0244-131996-5229】

◎1.コンタクティ, マイヤとの出会い
・極圏上の奇妙な飛行物体
・片腕の男が撮ったUFO写真
・マイヤとの最初の面会
   :

◎2.コンタクト始まる
◎3.マイヤはなぜ 「選ばれた」 か
・最初のUFO体験は五歳のとき
   :
◎4.宇宙人ふたたび
・マイヤは旧約時代の預言者だった
   :
◎5.コンタクトは続く
◎6.時間と空間の旅
◎7.セムジャーゼ倒る!
◎8.目撃者は語る
      
●宇宙人謎の遺産
−彼らこそ地球文明の影の支配者だ−
著者:五島勉
発行所:祥伝社   
1990年4月発行:
【ISBN-4-396-50014-9 C0025】

・第1章/ 2500年前の宇宙ロケット
・第2章/ 埋もれた謎が目を覚ます
・第3章/ 太古, 人類以外の何者かがいた
・第4章/ 天空から訪れた高度文明人
・第5章/ 失われた第5惑星の秘密
・第6章/ 人類に流れる第5惑星人の血
・第7章/ 彼らの文明が人類を滅ぼす
●宇宙人の死体写真集
−外宇宙からやってきた宇宙人の脅威の実態−
編・著:中村省三
発行所:グリーンアロー出版社   
1989年11月発行:
【ISBN-4-7663-3114-1 C0200】

〇第1章/ レンズがとらえた宇宙人の実像
・1950年代に登場したスペース・ピープル
・アルプス山中で撮られた世界初の宇宙人写真
・肉眼では不可視の宇宙人をレンズがキャッチ
   :

〇第2章/ 七つの古典的な宇宙人遭遇事件
・宇宙人目撃が多発するのは1950年代から
・宇宙モンスターがウェストバージニアに出現
・イタリアで中年女性から花束を盗んだ宇宙人
   : 
〇第3章/ ヒューマノイドからモンスターまで
〇第4章/ 現在でも宇宙人は世界各地に出現
・1980年代に起きた主要な宇宙人遭遇事件
   :
〇第5章/ UFO誘拐事件の犯人は小人宇宙人
・1960年代に宇宙人による人間誘拐が浮上
   :
・第6章/ 宇宙人の死体写真と墜落UFOの謎
●宇宙人の死体写真集2
−宇宙人の死体を検証した男たち−
編・著:中村省三
発行所:グリーンアロー出版社   
1991年8月発行:
【ISBN-4-7663-3129-X C0200】

・第1章/ 墜落円盤と宇宙人の死体はどこに隠されているのか
・テキサスの田舎町に墜落した葉巻型UFO
    :
・第2章/ 今世紀の初めから世界中で起きていた宇宙人目撃事件
・イギリスで起きた古典的な宇宙人遭遇事件
・戦時中のデンマークで少年が見たUFOパイロット
・南アフリカの大都市に出現した金髪のヒューマノイド
    :

・第3章/ 宇宙人と遭遇した人々はどんな奇妙な体験をしたか
・ピッケルを盗んでいった八本指の小人宇宙人
・ウィーンの森の中に着陸していたUFOの搭乗員
    :
・第4章/ 宇宙人による人間誘拐にもさまざまなタイプがある
・第5章/ 宇宙人を撮影したという写真を詳しく分析する
 


(あ)〜(お) NO.7
●宇宙人の魂をもつ人々【新装版】
宇宙人の魂をもつ人々( FROM ELSEWHERE )
著者:スコット・マンデルカー
監修:南山宏
訳:竹内慧
発行所:ヒカルランド
2021年6月発行:
【ISBN978-4-86471-998-8 C0011】


◎第1章/ 素性(いまだ眠りから覚めないワンダラーに向けて)
◎第2章/ 目覚め(ワンダラー, ウォークイン, そして地球人)
◎第3章/ 主観的認識:ET人格の照明(私は誰? 我々は誰? )
◎第4章/ 宇宙の精神分析(ETの心理学)
◎第5章/ 愛と性(ひとりではない・・・としたら, 何をなすべきか)
◎第6章/ 社会への衝撃( 「彼方の世界」 の人間的側面)
◎第7章/ すべての(別)世界が見つめている(ETを扱うメディアを, ET自身はどう見ているか)
◎第8章/ ETの使命(ところで, どうして我々はここにいるのか)
◎第9章/ 死(どこか別の場所から永遠の世界へ)
◎第10章/ 未来像(来るべき未来世界のアトラクションが始まる)
●宇宙人は人類の滅亡を知っている
−UFOからの恐るべき警告, NASAがたくらむ地球脱出へのシナリオとは−
著者:矢追純一
発行所:青春出版社
1992年10月発行:
【ISBN4-413-01587-8 C0240】


・1/ 中米プエルト・リコで何が起きているのか (UFOと米軍戦闘機がランデブー飛行していた)
・2/ 海面をも出入りする巨大な物体 (次々と姿を現すUFO, 恐怖の証言をする目撃者たち)
・3/ 秘密の施設に迷い込んだ人たち (飛行船基地の地下にはいったい何が存在するのか)

・4/ 日本もけっして例外ではない (宇宙人が口にした身の毛もよだつ予言とは)
・5/ ネリス空軍基地はダミーだったのか (あの "エリア51" の謎がついに解けた!)
・6/ まるで「スターウォーズ」そのもの (スペースシャトルからの映像, 驚愕のシーンを発見)
・7/ 洩れてきた宇宙飛行士たちの目撃報告(NASAは重大な情報を隠し続けている)
・8/ 宇宙からの脅威は存在する(米ロ 「地球シールド構想」 の真の意図が見えてきた)
・9/ 不吉な予告は避けられないのか(UFO飛来に秘められたメキシコの非常事態とは)
    :
●宇宙人はすぐそばにいた! 「地球を訪れた宇宙人」 の真相がわかる本
宇宙人はすぐそばにいた!−ロズウェル事件から70年・・・すべての謎が明かされる−
編集 & 執筆:小川新太郎 / マック四谷 / 黒鉦英夫 / 山本サトル
発行所:メディアパル
2017年12発行:
【ISBN978-4-8021-1013-6 C0076】


◎第1章/ 世界を揺るがせたUFO事件の歴史
◎第2章/ ロズウェル事件 「70年目の真実」

◎第3章/ ナチス第3帝国と地球製UFOの謎
◎第4章/ NASAが隠蔽する 「UFO & 宇宙人」 機密情報
◎第5章/ UFO & エイリアン 「未解決事件」 の真相
◎第6章/ 地球を訪れた宇宙人と人類発祥の地
●宇宙人はなぜ地球に来たのか
著者:韮澤潤一郎
発行所:たま出版
2013年2月発行:
【ISBN978-4-8127-0321-2 C0011】


◎第1章/ 宇宙人が住む町へ
・宇宙人の大半は人間型
   :
◎第2章/ 宇宙人たちとの交流
・なぜ宇宙人たちは協力したのか
   :
◎第3章/ 宇宙人との交流を阻害する者
・知られていない意外な現実
   :

◎第4章/ 歴史は宇宙人の活動と連動する
◎第5章/ 火星勢力の大逆襲
◎第6章/ 接近する火星文明の実態
◎第7章/ 近代科学への影響
◎第8章/ 人類の宇宙的進化
◎第9章/ 地球人も宇宙人になる 
●宇宙人は、もう地球に棲んでいる
−彼らの正体とその目的がいま明かされる−
著者:矢追純一
発行所:青春出版社
1990年5月発行:
【ISBN4-413-01534-7 C0240】


◎第1章/ 二年後,この重大発表に全世界は震撼する
●宇宙人はある計画のもとに行動している!
   :
◎第2章/ UFO大国・ソ連でいま何が起きているか
●ソ連では年間5千人以上が誘拐されている
●UFO着陸跡で起こる不思議な反応
   :

◎第3章/ 宇宙人の棲む地下基地, その全貌が見えてきた
◎第4章/ 不可解な岩、謎の建物・・・ここが秘密基地の入口か?!
◎第5章/ 「胎児を略奪された・・・」 繰り返される生体実験の恐怖
◎第6章/ 浮かび上がってきた宇宙人たちの実像
◎第7章/ 禁断のテクノロジーを入手したのは誰か?!
◎第8章/ 情報隠蔽から公開へ - MJ-12のリーク作戦とは
◎第9章/ 人類にコンタクトし続ける 「UMMO星人」 の謎
◎第10章/ 宇宙からの警鐘に地球人はどう答えるのか
●宇宙人飛来の謎
( IN SEARCH OF ANCIENT MYSTERRIES )
 著者:アラン & サリー・ランズバーグ
 訳者:南山宏
 発行所:二見書房
 
1976年4月発行:
 【0298-761134-7339】


・第1章/ われわれはいかに始まったか
・第2章/ 胞子と太古の遺物?
・第3章/ 山の中の海
・第4章/ 第一宇宙基地?
・第5章/ ヴィラコチャとはだれだったのか?
・第6章/ 大いなる地図
・第7章/ 何が神々を泣かせたのか?

・第8章/ だれがエジプト人を教えたか?
・第9章/ 石に秘められた秘密
・第10章/ カルナックの異教徒
・第11章/ 聖書の宇宙船
・第12章/ 宇宙から見た地球
・第13章/ 人類はいかにして脳を獲得したか?
・第14章/ 時空に近道がある?
     
●宇宙人ユミットからの手紙
−30年間2000通の秘密文書の謎を解明−
著者:ジャン=ピエール・プチ
訳者:中島弘二
発行所:徳間書店
1993年3月発行:
【ISBN4-19-355219-5 C0036】

発行所:徳間書店   
2007年12月発行:
文庫(5次元文庫010)
 
【ISBN978-4-19-906010-6 C0130】

◎第1部/ 宇宙人ユミットはすでに地球に住んでいる
●湾岸戦争についての手紙
●宇宙船の驚くべき内部構造
●最初の地球滞在
●宇宙船はこうして飛んでいる
●宇宙は双子構造から成る
●予告された着陸
●惑星ウンモの世界
●地球のコードネームは 「オヤガア」
●忍び寄る諜報機関の影

◎第2部/ 宇宙人ユミットから地球人への警告
●手紙に秘められたメッセージ
●二大超大国が核軍縮に動いた真相
●ブラックホールは存在しない
●ウィーン空港事件
●21世紀の科学に不可欠な条件
●エイズは遺伝子操作によって生まれた
●人間の魂はどこに行きつくか
●接触者の人選はどのようにして行われたのか
●平和的探検者との共存にむけて
◎第3部/ 宇宙における地球人の位置
●生命の進化は 「操作」 されている
●人類創造と意識の実
●「この世」 と 「あの世」
●イエス・キリストに関する調査
●宇宙の構造と形而上学
●地球, そして人類に未来はあるのか
●ユミットの心理を探る
●宇宙人UFO軍事機密の【レベルMAX】
宇宙人UFO軍事機密の【レベルMAX】−今この国で知り得る最も危険な隠し事−
著者:高野誠鮮 / 飛鳥昭雄 / 竹本良
発行所:ヒカルランド
(本書は
2017年5月21日にヒカルランドパークで行われたセミナー 「飛鳥昭雄のネオガイア・ミッション−UFO&宇宙人の超真相」 を元に編集)
2017年9月発行:
【ISBN978-4-86471-533-1 C0030】

◎Part1 /日本人が地球人と地球外生命体の懸け橋となる! - 第2コペルニクス革命と開星ルネッサンス(竹本良)
◎Part2/ UFO情報を各国の政府が隠したがるは, 軍事問題そのものだから! (高野誠鮮)
◎Part3/ アメリカの軍事戦略からUFOの超真相を解き明かす! (飛鳥昭雄)
Part4/ タブーの根幹は軍事&エネルギー問題にあり! - UFO・宇宙人テクノロジーを悪用している者たちの正体(飛鳥昭雄 / 竹本良 / 高野誠鮮)
●宇宙戦争を告げるUFO
−知的生命体が地球人に発した警告−
著者:佐藤守
発行所:講談社
2017年5月発行:
【ISBN978-4-06-220595-5 C0095】


◎第1章/ 最先端の宇宙探査技術の成果
◎第2章/ 私と自衛官たちのUFO接近遭遇
◎第3章/ ETコンタクター
◎第4章/ すべての情報が公開される日

◎第5章/ 宇宙の資源争奪戦争
◎第6章/ 成功した知的生命体とのコンタクト
◎第7章/ 襲来する宇宙人のターゲット
◎第8章/ 地球人が始める宇宙戦争
●宇宙創生はじめの三分間
(THE FIRST THREE MINUTES)
著者:スティーブン・ワインバーグ
訳者:小尾信彌
発行所:ダイヤモンド社
1977年10月発行:
【1044-805480-4405】

・第1章/ 序章・巨人と雌牛
・第2章/ 宇宙の膨張
・第3章/ 宇宙マイクロ波輻射背景
・第4章/ 熱い宇宙の処方

・第5章/ 最初の三分間
・第6章/ 歴史的よりみち
・第7章/ 最初の100分の1秒間
・第8章/ エピローグ・これからの疑問


(あ)〜(お) NO.8
●宇宙と星99の謎
−宇宙人・ブラックホール・宇宙の果てまで−
著者:堀源一郎
発行所:産報
(SANPO BOOKS-86)
1975年8月発行:
【0376-610386-2779】

◎1/ 素朴な疑問 (夜空の星のそのはるか彼方)
◎2/ 大宇宙の足がかり (太陽系の謎)
◎3/ 天空をこがす原子炉 (太陽の謎)
◎4/ 一千億 × 一千億個の星 (恒星の謎)
◎5/ 宇宙は膨張している! (銀河系・大宇宙の謎)

◎6/ 奇妙な時間と空間 (相対性理論)
◎7/ 大宇宙の落とし穴 (ブラックホールの謎)
◎8/ 地球からの脱出 (夜空の巨人たち)
◎9/ 大宇宙に挑む (ロケットの科学)
◎10/ 宇宙人は実在する! (残された謎)
◎11/ 天文雑記帳 (夜空に強くなろう)
●宇宙のオーパーツ
−太陽系異星人文明の証拠!−
著者:深沢久夫 / 重久勇
発行所:学習研究社
2005年9月発行:
【ISBN4-05-604153-9 C9414】

◎1/ 宇宙探査の新たな展開
・新-人面岩
・地下都市・・・
◎2/ 火星の秘密
・火星の異常構造物
・火星の空は青かった!?
◎3/ 月の秘密
・月の人工構造物
・月は異星文明の前線基地か

◎4/ 小惑星エロスの秘密
・「愛の神」 エロスには異星人が住んでいる!?
◎5/ 真・太陽系グランドツアー
・太陽系異星文明の可能性
・水星の秘密
   :
◎6/ 宇宙開発の光と影
 
●宇宙のオーパーツFILE
著者:並木伸一郎
発行所:学研プラス
(ムーSPECIAL)
2016年5月発行:
【ISBN978-4-05-406428-7 C0076】

◎第1章/ 宇宙の10大ミステリー
◎第2章/ 火星の異常構造物
◎第3章/ 火星のオーパーツ
◎第4章/ 火星は死の星ではなかった!!
◎第5章/ 月のオーパーツ
◎第6章/ 太陽系のオーパーツ
●宇宙のカタストロフィ
(Cosmic Catastrophes)
著者:G・L・ヴァーシュウァ
訳者:日下実男
発行所:ダイヤモンド社
1979年5月発行:
【1044-805530-4405】

・第1章/ 死の星(SF)
・第2章/ 星の誕生から, その死まで
・第3章/ 希望号(SF)
・第4章/ 超新星と生命
・第5章/ 磁場の消失
・第6章/ 氷河時代(SF)
・第7章/ 太陽と銀河と氷河時代

・第8章/ 衝突(SF)
・第9章/ どこもかしこもクレーターがいっぱい
・第10章/ ブラックホール小事件(SF)
・第11章/ ブラックホール
・第12章/ 赤色巨星(SF)
・第13章/ 大激変に対処する方法
・第14章/ コンタクト(SF)
・第15章/ 地球における私たちの未来
●宇宙の驚異がよくわかる本
著者:並木伸一郎
発行所:竹書房
2014年2月発行:
【ISBN978-4-8124-9856-9 C0076】

・1/ 激変する太陽系
・NASAが公表した水星のミステリー
・輝きを増す金星の大気光
   :
・2/ 太陽の異変
・牙をむく太陽
・地球を焼き尽くす 「サイクル24」
   :

・3/ 外宇宙からの脅威
・4/ 知的生命体の痕跡
・5/ アメリカの隠蔽と陰謀
・6/ 宇宙からの警告
・7/ 地球外の存在 「アザーズ」
・8/ 地球再生と人類の未来
・9/ 地球を監視するUFO
●宇宙の使者
著者:斉藤守弘
発行所:大陸書房
1973年6月発行:

・宇宙に挑む前衛生物学
・宇宙空間における生命の誕生
・宇宙の中のホモ・サピエンス
・宇宙思索生体類の社会学
・「宇宙の使者」 UFO分類学
・UFOの母なる惑星
・UFO実在の科学的証言
・「空飛ぶ円盤」 日本外史
・「緑の怪光」 の正体を衝く

・「宇宙語」 を解読する
・現代科学による 「円盤分析」
・宇宙人に会った人々
 ・生物放射線をキャッチ
 ・宇宙人の共通点
 ・円盤に招待された女性
 ・人間狩りにあった男
 ・死んでいた宇宙人
   :
●宇宙の謎に迫れ!探査機・観測機器61
宇宙の謎に迫れ!探査機・観測機器61著者:小谷太郎
発行所:ベレ出版
2020年3月発行:
【ISBN978-4-86064-611-0 C0044】

◎Chapter1/ 太陽系を探検する探査機・観測機器
・宇宙気象台ディスカバー
・接触領域分光撮像機アイリス
   :

◎Chapter2/ 宇宙を探る天文台・衛星
・ロシア科学アカデミー電波天文望遠鏡ラタン600
・超長基線アレイVLBA
   :

◎Chapter3/ 光を使わずに宇宙を視る
◎Chapter4/ 特殊任務に取り組むスペシャリスト衛星
●宇宙の秘密がわかる本
編者:宇宙科学研究倶楽部
発行所:学研プラス
2016年3月発行:
【ISBN978-4-05-406395-2 C0044】

・第1章/ 太陽と地球と月の秘密
 ・人類にとってもっとも身近な存在の天体
 ・太陽は猛スピードで動いている
 ・太陽嵐が地球に大停電をもたらす?
 ・太陽の表面に現われる黒いシミの正体とは?
    :

・第2章/ 太陽系の謎と真実
 ・太陽の周りを回る地球の仲間たち
 ・太陽系の惑星の数は変化している?
 ・太陽系の惑星は誕生した時期が違う?
    :

・第3章/ 宇宙と天体の不思議
・第4章/ 最新の宇宙論を知る
・第5章/ 今さら聞けない宇宙の基礎知識
●宇宙文明の夜明け
−宇宙人とのテレパシー対話100問答−
著者:高橋田一
発行所:たま出版
1976年7月発行:

・1/ 宇宙人とはどんな人間なのか
・2/ 宇宙には宇宙の法則がある
・3/ 人類が生き残るための生存競争
・4/ 核戦争絶滅か人類絶滅か
・5/ 一握りの増悪者に滅ぼされる人類
・6/ それでは宇宙時代に生き残れない
・7/ 死んでからの天国では意味がない
・8/ 地球人類の運命が解る大宇宙人類興亡史
     :
●宇宙プロジェクトがまるごとわかる本
−人類の宇宙開拓60年間の軌跡−
編集チーフ:鈴木喜生
発行所:竅iえい)出版社
2019年5月発行:
(エイムック4345)
【ISBN978-4-7779-5513-8 C9444】

◎Prologue/
●各国主要ロケットの変遷
●世界のロケット発射場
●有人宇宙計画の流れ
●惑星探査機の到達年表

◎NASA有人宇宙探査の夜明け
◎Chapter1/ 宇宙プロジェクト60年間の記録
◎Chapter2/ 知っておきたい宇宙開発の基本
◎Chapter3/ 宇宙プロジェクト・アーカイブス
●商業用ロケットリスト
●スペースシャトル全ミッション
●探査機リスト
●日本の探査機リスト


(あ)〜(お) NO.9
●宇宙よりの来訪者
(VISITORS FROM OUTER SPACE)
著者:ロイ・ステマン
監修:コリン・ウィルソン / クリストファー・エバンズ
訳者:久保田八郎
発行所:学習研究社
1977年4月発行:
(超常世界への挑戦シリーズ-8)

【0311-168 358-1002】

・1/ 円盤の飛来
・2/ 黙殺の申し合わせ
・3/ 神々の戦車
・4/ 昔の宇宙船
・5/ 最初のコンタクト
・6/ 異星人は我々の中にいる!
・7/ 現代のUFO
・8/ 人類の住む宇宙
●宇宙を知る
−ここまで分かった! 宇宙, 138億年の秘密−
監修:新舩良孝
発行所:宝島社
2016年9月発行:
(TJ MOOK)
【ISBN978-4-8002-6018-5 C9444】

◎巻頭特集/ 宇宙の新事実
●時空のさざ波 「重力波」 の大発見
●ダークマターをめぐる仮説と観測
    :

◎Chapter1/ 宇宙の誕生から終焉まで
●宇宙誕生から現在の宇宙が形成されるまで
●人間が観測できるのは宇宙のたった5%だった
    :
◎Chapter2/ 私たちの太陽系を探査する
●太陽系ができるまで
●謎の多い天体 「月」
    :
◎Chapter3/ 人類の宇宙開発と最新技術
●国際宇宙ステーションと乗組員の1日
●火星は人類第二の棲家となるのか?
    :
 
●宇宙SFの時代 (文藝春秋デラックス)
編集兼発行人:小林正明
発行所:文藝春秋
1978年2月発行:
【雑誌7703-2】

●カラー/ 「スペ・オペ 」イラスト・フェスティバル
●特別企画/
 ・折込みポスター
 ・宇宙兵器カタログ 【スタジオぬえ】
●グラビア/ 父子で楽しむスペース・オペラ
   :
●美しい星
(第58刷)
著者:三島由紀夫
発行所:新潮社
1967年10月発行:(初版)
2016年6月発行:(58刷)
(新潮文庫 み-3-13)

【ISBN978-4-10-105013-3 C0193】

(作品説明 - 裏表紙から)
地球とは別の天体から飛来した宇宙人であるという意識に目覚めた一家を中心に, 核兵器を持った人類の滅亡をめぐる現代的な不安を, SF的技法を駆使してアレゴリカルに描き, 大きな反響を呼んだ作品。


この作品は1962年(S37)10月に新潮社より刊行されました。
●右脳と左脳
−その機能と文化の異質性−
著者:角田忠信
発行所:小学館
1981年12月発行:
(小学館創造選書)
【0347-820144-3068】

◎T/ 日本人の音認知の特徴
●失語症治療から脳の聴覚機構の研究へ
●和田法による言語野の局在リサーチ
●左右の脳を統合する脳漿
   :
◎U/ <シンポジウム>
●脳の機能と文化の異質性
◎V/ 言語と音楽
●生まれ変わりの瞬間
著者:今村光一
発行所:叢文社
1984年3月発行:
(生命の正体を探るもう一つの科学シリーズ)

【ISBN4-7947-0103-9 C0011】

・第1章/ 生命の大真実
・第2章/ 転生とはどんな現象か
・第3章/ 前人格と現人格
・第4章/ 霊魂は胎児に何時宿るか
・第5章/ すぐれた霊を宿す道
・第6章/ 悪霊の撃退術
●海の下の大陸
( The Earth Beneath the Sea )
−地球を語る沈黙の世界−
著者:F・P・シェパード
訳者:氏家宏
発行所:講談社
1968年5月発行:
(ブルーバックス B-114)
【0244-177145-2253 (1)】

・第1章/ 海の中へ
・第2章/ 波と海流
・第3章/ 津波とは何か
・第4章/ 束の間の浜辺
・第5章/ 陸をめぐる大陸棚
・第6章/ 大陸棚の起源

・第7章/ 世界最大の斜面
・第8章/ 海底峡谷
・第9章/ 深海底
・第10章/ 大洋底の下
・第11章/ サンゴ礁の世界
●裏切られたノストラダムス
−初めて明かされた予言の秘密−
著者:エリザベート・ベルクール
訳者:長島良三 ほか
発行所:リヨン社
1982年12月発行:
(リヨン ブックス)
【0298-821387-7339】

◎序文/ ノストラダムスは泣いている(文:アルベール・スロスマン)
◎第1章/ ノストラダムスの決意I
◎第2章/ 黙示録の獣の時代
◎第3章/ 未来について語ってみよう


(あ)〜(お) NO.10
●ウルトラ怪獣の世界 「ウルトラQ」
(テレビマガジンデラックス1)
発行者:野間省一
発行所:講談社
1979年6月発行:
【雑誌66575-01 724515-2253(0)】

◎ウルトラQの世界
・第1話(ゴメスを倒せ!)
・第2話(五郎とゴロー)
・第3話(宇宙からの贈り物)
・第4話(マンモスフラワー)
・第5話(ペギラが来た!)
・第6話(育てよカメ)
・第7話(SOS富士山)
・第8話(クモ男爵)
・第9話(地底超特急西へ)
・第10話(甘い蜜の恐怖)
・第11話(バルンガ)
・第12話(鳥を見た!)

・第13話(ガラダマ)
・第14話(東京氷河期)
・第15話(カネゴンの繭)
・第16話(ガラモンの逆襲)
・第17話(1/8計画)
・第18話(虹の卵)
・第19話(2020年の挑戦)
・第20話(海底原人ラゴン)
・第21話(宇宙指令M774)
・第22話(変身)
・第23話(南海の怒り)
・第24話(ゴーガの像)
・第25話(悪魔っ子)
・第26話(燃えろ栄光)
・第27話(206便消滅す)
・第28話(あけてくれ!)
●「ウルトラセブン」の帰還
著者:白石雅彦
発行所:双葉社
2017年12月発行:
【ISBN978-4-575-31326-0 C0076】

●まえがき
●『ウルトラセブン』 放送リスト
●各局視聴率の変遷
◎第1部/ レッドマン再び
◎第2部/ セブン飛び立つ
◎第3部/ 下がり続ける視聴率
◎第4部/ ウルトラセブンの帰還
●あとがき
●参考資料
●「ウルトラマン」の飛翔
著者:白石雅彦
発行所:双葉社
2016年12月発行:
【ISBN978-4-575-31205-8 C0076】

◎第1部/ 巨大変身ヒーローに至る道
◎第2部/ ウルトラマン誕生す
◎第3部/ 怪獣ブームの渦中で
◎第4部/ ある作家の目覚め
◎第5部/ 二つの命
◎エピローグ
●「ウルトラQ」の誕生
「ウルトラQ」の誕生著者:白石雅彦
発行所:双葉社
2016年1月発行:
【ISBN978-4-575-30988-1 C0076】

◎第1部/ テレビ映画の勃興と幻の企画 「WoO」
●胎動〜テレビ映画の時代へ〜
●円谷英二と特技研究所
●金城哲夫〜東京生まれの沖縄人〜
  :

◎第2部/ 「UNBALANCE」 と 「ウルトラQ」 の間に
●TBSの映画部と事前制作
●「UNBALANCE」 始動す!
●梶田組始動す
  :
◎第3部/ 大怪獣日本を蹂躙す
●沖縄から来た男
●ペギラとバルンガ〜異形の距離感〜
●強化されるスタッフ
  :
●運命改善の不思議な旅 99の謎
著者:森田健
発行所:二見書房
2010年6月発行
(二見文庫)

【ISBN978-4-576-10078-4 C0195】

◎PART1/ いざ,運命改善の不思議な旅へ
◎PART2/ 「未来予知」 を探る不思議な旅
◎PART3/ 「時空超越」 を探る不思議な旅
◎PART4/ 「肉体と魂」 を探る不思議な旅
◎PART5/ 「無意識」 は未来を知っている
◎PART6/ 「六爻占術」 で必ず運命は好転できる!
◎PART7/ 幸運を呼び寄せる方程式−
 Q&A
●運命好転の不思議現象 99の謎
著者:森田健
発行所:二見書房
2009年6月発行
(二見文庫)

【ISBN978-4-576-09079-5 C0195】

◎PART1/ 世界の不思議現象を求めて
◎PART2/ 不思議現象−「中国編その1」
◎PART3/ 不思議現象−「中国編その2」
◎PART4/ 不思議現象−「フィリピン編」
◎PART5/ 不思議現象−「アメリカ編」
◎PART6/ 不思議現象−「チベット編」
◎PART7/ 不思議現象−運命を変える奇跡の 「予知術」
◎PART8/ 不思議現象−運命好転への扉を開け!
●運命周期律
−あなたを支配する謎の正体−
著者:五島勉
発行所:青春出版社
1977年8月発行:
(プレイブックス P-170)
【0200-117000-3822】

・第1章/ 一定周期がもたらす運命の謎
・第2章/ "周期" その奇怪な正体は何か
・第3章/ その周期に何が起きるか
・第4章/ あなたを支配するもう一つ別の周期
・第5章/ 異変周期が重なり合う魔の1983年
・第6章/ ある日突然, 氷河期がやってくる
・第7章/ 大異変が突如として起こる
・第8章/ 人類最後の周期
●ヴィジュアル版 神話世界の武器・兵器FILE
編者:歴史雑学探究倶楽部
発行所:学研パブリッシング
2014年12月発行:
【ISBN978-4-05-406198-9 C0076】

・第1章/ 刀剣
 ・エクスカリバー
 ・アロンダイト
 ・ガラティン
  :
・第2章/ 槍・投擲武器
 ・ゲイ・ボルグ
 ・ゲイ・ジャルグ&ゲイ・ボウ
 ・ブリューナク
  :

・第3章/ 射撃・打撃・特殊武器
 ・ダグザの棍棒
 ・ミョルニル
 ・アスクレピオスの杖
  :
・第4章/ 防具
・第5章/ 超古代文明, 幻の武器 & 兵器
・第6章/ 古代世界の武器 & 兵器


(あ)〜(お) NO.11
●ヴィジュアル版 超古代オーパーツ図鑑
ヴィジュアル版 超古代オーパーツ図鑑−「場違いな遺物」が物語る失われた超文明の秘密−
著者:並木伸一郎
発行所:学研パブリッシング
2014年11月発行:
(ムーSPECIAL)
【ISBN978-4-05-406159-0 C0076】

◎第1章/ 世界の7大オーパーツ
◎第2章/ 天空 & 異星人のオーパーツ
◎第3章/ メカ & 叡智のオーパーツ
◎第4章/ 巨石 & 巨人のオーパーツ
◎第5章/ 海底のオーパーツ
◎第6章/ 恐竜 & 生物のオーパーツ
◎第7章/ 宇宙のオーパーツ
●ヴィジュアル版 超極秘UFO・異星人図鑑
−最新の異星人遭遇事件から米政府がひた隠す超陰謀まで−
著者:並木伸一郎
発行所:学研プラス
2018年7月発行:
(ムーSPECIAL)
【ISBN978-4-05-406653-3 C0076】

●1章/ 世界の異星人遭遇事件
●2章/ 驚異のUFO極秘ファイル
●3章/ 古代文明に残された地球外生命体の痕跡
●4章/ 極秘宇宙計画と異星人の謎
◎UFOフォト・クロニクル
◎異星人生態図鑑
●易が語る六次元の謎
著者:児井英義
発行所:陽光文明研究会出版部
1975年10月発行:

・第1章/ 占う
・第2章/ 易の構成
 ・1/ 易ができるまで
 ・2/ 八卦まで
 ・3/ 二十四の重卦
 ・4/ 構成の特徴
 ・5/ 次元との関わり合い

・第3章/ 天人合一
・第4章/ 天人合一の生命
・第5章/ 易が秘める数の神秘
・第6章/ 易の心と人の心
・第7章/ 恒久平和への道
●易経の謎
−2000年目に解けた 「八卦」 の秘密−
著者:今泉久雄
発行所:光文社
1988年2月発行:
(KAPPA BOOKS)
【ISBN4-334-00468-7 C0210】

◎プロローグ/ 易経は宇宙の神秘を見通していた
◎第1部/ 「易」 は宇宙科学
 ●「易」 は超能力者によって創られた
 ●孔子は警告する
 ●宇宙をシンボライズした先天八卦図
 ●易と遺伝子DNAの両方に重要な数字 「三」
 ●なぜ夢と 「易」 のイメージは似ているのか?
 ●易は 「もうひとつの世界」 と交信する手段である

◎第2部/ 「意味探し」 の科学
 ●人間の一生はDNAにプログラミングされている
 ●DNAから未来を解読できるか?
 ●遺伝暗号は四記号
 ●全生物は同じ遺伝暗号でつくられている
 ●「進化論」 に反映された時代の価値観
 ●記憶は脳のどこにあるのか?
◎第3部/ 謎の符合・ 「易」 と先端科学
 ●「易」 は生命原理を予言していた!
 ●「陰」 と 「陽」 が生命の鍵を握る?
 ●DNAと先天八卦図の驚くべき符合
 ●「左旋」 と 「右旋」 - 鏡に映した生命の謎
 ●DNAの 「開始」 は易の 「始まり」 に符合する!
 ●DNAの 「停止」 は易の 「止まり」 に符合する!
●江戸 「うつろ舟」 ミステリー
−江戸最大の怪事件を追え!−
著者:加門正一
発行所:楽工社
2009年1月発行:
【ISBN978-4-903063-27-0 C0039】

〇第1章/ UFO元年
〇第2章/ そもそも何が起きたのか?
〇第3章/ 「うつろ舟」 の形状

〇第4章/ 漂着現場 「原舎浜」 が判明!?
〇第5章/ 伊能図を探せ!
〇第6章/ 気仙沼の 「うつぼ舟の舟板」 は本物か?
〇第7章/ 伝説の仕掛け人は?
〇第8章/ さらなる新資料現る!
〇第9章/ 伝説の再検証
〇第10章/ 形状のミステリー
〇第11章/ ミステリーは解けたか?
●エドガー・ケイシーの人類を救う治療法
著者:福田高規
発行所:たま出版
1993年7月発行:
【ISBN4-88481-308-1 C0011】

・第1章/ 生命の波動が病を治す
・第2章/ 生命と心の法則
・第3章/ 「想い」 は必ず実現する
・第4章/ 病気とは?
・第5章/ 病を治す
・第6章/ 体操で生命の波動を実感する
・第7章/ 夢と愛と瞑想
  :
●エドガー・ケイシーの超能力健康法
−薬いらずの自然療法で難病克服−
( THE EDGAR CAYCE HANDBOOK FOR HEALTH THROUGH DRUGLESS THERAPY )
著:ハロルド・J・レイリー + ルース・H・ブロッド
訳:五十嵐康彦
発行所:大陸書房
1986年8月発行:
【ISBN4-80933-1000-9 C0014】

◎第1部/ 「肉体は自己の神殿である」
●第1章/ 一生を健康に保つ秘訣
●第2章/ ケイシーとともに仕事をして
●第3章/ ケイシーの治療哲学
●第4章/ ケイシーと行ったケース・ワーク

◎第2部/ 「ケイシー・レイリー家庭健康講座」
●第5章/ 良き体型を保つために
●第6章/ マッサージの方法
●第7章/ 水治療法
●第8章/ 内臓の洗浄
●第9章/ 減量の実践的秘法
●第10章/ ケイシーの美容アドバイスとその治療
●エドガー・ケイシーの予言 アトランティスの教訓
( EDGAR CAYCE ON PROPHECY )
著者:マリン・エレン・カーター
監修:浜野永三
訳:自然法研究会
発行所:たま出版
1982年8月発行:
【ISBN4-88481-083-X C0014】

◎序文/ エドガー・ケイシーについて
◎新時代の予言者
◎第1部/ 知るべきこと
●第1章/ 新しい時代
●第2章/ あなたが選びなさい
●第3章/ アトランティス大陸の出現

◎第2部/ アトランティスの教訓
●第4章/ 求める者が知るために
●第5章/ すべての記録は同一のものである
●第6章/ タオイ
●第7章/ カーメル - 予言者達の学校
●第8章/ プリズム
●第9章/ プリズムは回転する
●第10章/ 進化, それは今行われている
●第11章/ 時間と予言
◎現在のA・R・Eについて
◎あとがき
●江戸の怪 八百八町謎の事件簿
著者:中江克己
発行所:祥伝社
2000年10月発行:
文庫

【ISBN4-396-31236-9 C0121】

・第1章/ 江戸城で起きた, 謎の怪事件
・第2章/ 幕府を揺るがす奇怪な出来事
・第3章/ 怪異な事件の真相
・第4章/ 本当に不可解! 男と女の事件簿
・第5章/ 死んだはずの人物が生きていた! 不思議な話

・第6章/ もののけか怨念か, 奇怪・異様な出来事
 ・池田輝政を悩ませた "もののけ"
 (姫路城に夜な夜な現れる美しい女)
   :
 ・厠から突如消失した近江商人松前屋市兵衛
 (20年後, 同じ場所から・・・)
   :
●江戸の霊界探訪録
−「天狗少年寅吉」 と 「前世の記憶を持つ少年勝五郎」 −
著者:平田篤胤
現代語訳:加賀義
発行所:幸福の科学出版
2014年10月発行:
【ISBN978-4-86395-566-0 C0091】


・第1章/ 勝五郎少年の生まれ変わり物語
 1/ 中野村の 「生まれ変わり事件」
 2/ 生まれる前に出会った老人は何者か
 3/ 中国にもあった生まれ変わりの話
 4/ あの世を治める神々の世界
 5/ 不思議な力を持つ産土の神

・第2章/ 「天狗少年」 寅吉物語
 1/ 「天狗少年」 寅吉の超能力
 2/ 寅吉の天狗修行
 3/ 寅吉の異界見聞1(山人たちの生活)
 4/  〃  2(山人修行と異国見聞)
 5/  〃  3(宇宙の冒険)
 6/  〃  4(山人たちの呪術や信仰)


(あ)〜(お) NO.12
●エノラ・ゲイ
( Ruin from The Air )
ドキュメント原爆投下−
著者:ゴードン・トマス&マックス・モーガン=ウィッツ
訳者:松田銑
発行所:ティビーエス・ブリタニカ
1980年7月発行:
【0022-200069-4968】


・第1章/ 連鎖反応 (1944年9月1日〜1945年6月27日)
・第2章/ 加速度 (1945年6月28日〜1945年8月2日)

・第3章/ 核分裂 (1945年8月3日〜1945年8月6日午前8時16分)
・第4章/ 衝撃波 (1945年8月6日午前8時16分〜翌日午前零時)
・第5章/ 余波 (1945年8月17日〜1945年8月15日正午)
●エリア51
( AREA51: An Uncensored History of America's Top Secret Military Base )
−世界でもっとも有名な秘密基地の真実−
著者:アニー・ジェコブセン
訳者:田口俊樹
発行所:太田出版
(ヒストリカル・スタディーズ02)
2012年4月 発行:
【ISBN978-4-7783-1301-2 C0031】


◎プロローグ/ 秘密都市
◎第1章/ エリア51の謎
◎第2章/ 架空の宇宙戦争
◎第3章/ 秘密基地
◎第4章/ 陰謀の種子
◎第5章/ 情報適格性
◎第6章/ 原子力事故
◎第7章/ ゴーストタウンからブームタウンへ

◎第8章/ 転落するネコとネズミ
◎第9章/ 基地の再構築
◎第10章/ 科学, テクノロジー, 仲介の達人たち
◎第11章/ どんな飛行機?
◎第12章/ さらなる隠蔽
◎第13章/ 汚くて退屈で危険な任務は無人偵察機に
◎第14章/ 砂漠のドラマ
◎第15章/ 究極の男世界
◎第16章/ ブラック・シールド作戦と, ピエブロ号事件の知られざる歴史
◎第17章/ エリア51のミグ
◎第18章/ メルトダウン
◎第19章/ 月面着陸捏造説と, エリア51にまつわるその他の伝説
◎第20章/ 空軍の支配 - カメラ室から爆弾倉まで
◎第21章/ 驚くべき真実
◎エピローグ
●円盤大陸
著者:宇野哲二
発行所:鷹書房
1976年4月発行:
【0026-0048-4331】


・第1章/ "円盤" 大陸
 ・UFO砂漠に栖む
 ・だれがハイドロ号を沈めたか
 ・サマルカンドの火
 ・地底から
 ・失われた地図
 ・南極 "円盤大陸"
 ・アマゾアナ "円盤大陸"
 ・円盤の意思

・第2章/ グーテンベルクの紋章録
・第3章/ ナイルの異星人(空飛ぶ円盤リポート)
 ・アヴデル・アミン氏の話
   :
・第4章/ マリア・テレジア号の謎
・第5章/ "円盤" 中東をとぶ
●オカルト・クロニクル
−奇妙な事件, 奇妙な出来事, 奇妙な人物−
著者:松閣オルタ
発行所:洋泉社
2018年9月 発行:
【ISBN978-4-8003-1543-4 C0095】


◎はじめに
◎ディアトロフ峠事件 (ロシア史上最も不可解な謎の事件)
◎熊取町七名連続怪死事件 (日本版 『ツイン・ピークス』 の謎)
◎青年は 「虹」 に何を見たのか (地震予知に捧げた椋平廣吉の人生)
◎セイラム魔女裁判 (はたして, 村に魔女は本当にいたのか・・・)
◎坪野鉱泉肝試し失踪事件 (ふたりの少女はどこへ消えたのか)

◎「迷宮」 (平成の怪事件・井の頭バラバラ殺人事件)
◎「人間の足首」 が次々と漂着する ”怪” (セイリッシュ海の未解決ミステリー事件)
◎「謎多き未解決事件」 (京都長岡ワラビ採り殺人事件)
◎ミイラ漂流船 (良栄丸の怪奇)
◎科学が襲ってくる (フィラデルフィア実験の狂気)
◎岐阜県富加町 「幽霊団地」 (住民を襲った 「ポルターガイスト」 の正体)
◎八丈島火葬場七体人骨事件 (未解決に終わった ”密室のミステリー” )
◎獣人ヒバゴン (昭和の闇に消えた幻の怪物)
◎ファティマに降りた聖母 (7万人の見た奇蹟)
◎赤城神社 「主婦失踪」 事件 (「神隠し」 のごとく, ひとりの女性が, 消えた)
◎あとがき
●御巣鷹の謎を追う
−日航123便墜落事故−
著者:米田憲司
発行所:宝島社
2011年7月発行:
(宝島SUGOI文庫)
【ISBN978-4-7966-8454-5 C0136】


・第1章/ 墜落現場をめざして
・第2章/ 墜落現場確認はなぜ遅れたのか
・第3章/ 米空軍アントヌッチ中尉の証言
・第4章/ ボイスレコーダーの分析
・第5章/ 事故原因の真相究明
・第6章/ 事故調査委員会のあり方
・第7章/ 遺族の思い
●大人のための妖怪と鬼の昔ばなし
−あやしく愉快で, ちょっぴり切ない。−
著者:久野木紀子・荻野豊(スタジオ・ジップ)
発行所:綜合図書
2014年12月発行:
(綜合ムック;雑誌 69800-57)
【ISBN978-4-86298-144-8 C9439】


・第1部/ 鬼とは何か, 妖怪とは何か。
・第2部/ 「鬼」 で読みとく日本の昔話
 ・第1話/ 桃太郎
 ・第2話/ 瘤とり爺
 ・第3話/ 大江山の酒呑童子
 ・第4話/ 一寸法師

・第3部/ 「妖怪」 で読みとく日本の昔話
 ・第1話/ 河童
 ・第2話/ 狸
 ・第3話/ 狐
  :
・第4部/ 昔話の歴史と基礎知識
・第5部/ 「異界」 で読みとく日本の昔話
●驚き発見! 日本のミステリー・ゾーン
驚き発見!日本のミステリー・ゾーン−各地の残る聖域, 伝説,謎の遺跡, 未詳生物に迫る−
編集:大住兼正
発行所:宝島社
2017年10月発行:
(TJ MOOK)
【ISBN978-4-8002-7426-7 C9476】


◎第1章/ 魂が宿る場所へ。
◎第2章/ 伝承が残る地。
◎第3章/ 物言わぬ遺構。
◎第4章/ 知られざる歴史の残滓。
◎第5章/ 伝説の生物の痕跡。
●面白いほど科学的な物の見方が身につく 図解 ロウソクの科学
−身近なギモンから科学のセンスを磨く! −
監修:市岡元気
発行所:宝島社
2019年12月発行:
【ISBN978-4-299-00094-1 C0076】


◎第1章/ ロウソクの火はどこから来ているのか?
◎第2章/ ロウソクの火は何でできているのか?
◎第3章/ ロウソクの火から生まれるものは?
◎第4章/ 燃焼から生まれる水から水素と酸素を考えよう
◎第5章/ 目に見えない空気を捉えよう
◎第6章/ 私たちの体内で起こる「ロウソクの燃焼」と同じ現象とは?
●オーパーツ 超古代文明の謎
著者:南山宏
発行所:二見書房
2016年10月発行:
(二見レインボー文庫)

【ISBN978-4-576-16152-5 C0195】

◎第1章/ 古代人の恐竜土偶 (メキシコ・アカンバロ)
◎第2章/ 水晶どくろの妖魔 (ベリーズ・マヤ遺跡)
◎第3章/ 晶洞石に潜む点火プラグ (カリフォルニア州・オランチャ)
◎第4章/ 人造大石球の謎 (コスタリカ)
◎第5章/ 精巧な太陽系惑星儀 (ギリシャ・アンティキテラ島)
◎第6章/ 太古の花瓶型電池 (イラク・バグダット)
◎第7章/ 飛翔する黄金シャトル (コロンビア・ボゴタ)

◎第8章/ 錆びない鉄柱 (インド・ニューデリー)
◎第9章/ 神殿の超巨大基壇石 (レバノン・バールベック)
◎第10章/ 機械じかけのピラミッド (エジプト・サッカラ)
◎第11章/ ピラミッド水晶球 (バハマ諸島)
◎第12章/ 三葉虫を踏んだ靴跡 (ユタ州・アンテロープスプリング)
◎第13章/ 巨石建築の不思議 (ペルー・オヤンタイタンボ / クスコ)
◎第14章/ 黄金に刻まれた文字 (エクアドル・クエンカ)
◎第15章/ 古代の光学レンズ (イラク・エネヴァ)
◎第16章/ モアイ像に隠された秘密 (中国・江蘇省)
◎第17章/ アルミニウム製帯留め (南アフリカ・クラークスドルプ)
◎第18章/ 有史前世界地図
●「オーパーツ」 の全てがわかる本
「オーパーツ」の全てがわかる本 −人類発祥の謎を解き明かす!−
編集 & 執筆:小川新太郎 / 黒鉦英夫 / 平田寛治 / マック四谷
発行所:メディアパル
2017年3月発行:
【ISBN978-4-8021-1006-8 C0076】


◎第1章/ 世界を驚愕させたオーパーツ
◎第2章/ 巨大オーパーツの謎

◎第3章/ 失われた超文明オーパーツ
◎第4章/ 人類の歴史を塗り替えるオーパーツ
◎第5章/ 太陽系超文明と宇宙のオーパーツ