UFOレガシー(UFO・ミステリー事件遺産) 当サイトで参考にしたUFO関連本一覧
出典ライブラリー

●「ライティング・ライツ」など、用語の頭文字が(ら〜ろ)の用語集のページです。

トップページ > 関連用語 > UFO関連用語集9(ら〜ろ)



UFO関連用語集9
(ら〜ろ)

用語集  TOPへ

索引欄(ら〜ろ)
用語の頭文字で検索

ら り る れ ろ
●ライティング・ライツ
( Writing Lights )
 

1967年発行のアメリカの雑誌 『トゥルー』 にUFO研究家のロイド・マラン氏が発表したもので, 肉眼には見えないがカメラに写る光線でUFOのひとつとされたもの。
発表された写真は, フィリピンの修理工ホセ・デル・カスティリョ・ホウシアン氏が,
1966年6月27日に, アルバニイ郡のリゴスの町のワシントン街にある自宅の屋根にのぼって, 夜景の写真を撮ったものであるが, どのコマにも全く見なれない光の曲線が縦横無尽に写っていた。
この謎の光跡にマラン氏が, 「Writing Light(ライティング・ライツ)」 と付し 『トゥルー』 に発表した。 ホウシアン氏は, この光跡を宇宙人が地球人へのメッセージとして書いているのだと断定したという。

(★1972年3月に大阪の中学生が撮影したもの)

(★雑誌 『トゥルー』 に発表されたライティング・ライツ)
【参考文献】
『UFOと宇宙 コズモ』NO.5,1974年【複雑怪奇な点滅光跡の謎,文:高梨純一


参考外部⇒Ameba (過去のUFO目撃についてそのA<ライティングライツ>)
参考外部⇒アトリエ2355 (UFOと宇宙 inライテイング・ライツ)
●ライト・パターソン基地
( Wright-Patterson Air Force Base )




アメリカ合衆国オハイオ州デイトンに位置するアメリカ空軍の基地。

現在の敷地内で飛行活動を行った, ライト兄弟に因んで名付けられた。空軍基地の中でも, テスト飛行の拠点と言われている。
また, アメリカ政府は, 墜落した宇宙船の残骸や宇宙人の死体を, このライト・パターソン空軍基地に運び, 急速冷凍区画に安置したという噂がある。 安置された, その建物は第18格納庫だという。

【参考文献・サイト】
Wikipedia(ライト・パターソン空軍基地)
『MJ-12の謎と第18格納庫の秘密』,1990年
『アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか』,2015年


参考外部⇒ミステリーハンター (UFO墜落)
参考外部⇒Wikipedia (アメリカ空軍基地の一覧)


(★基地博物館にある紫電改)
●ラサ


(★ラサの西, 普陀山にあるポタラ宮)

西蔵(チベット)自治区の首都。
インドのダージリンの北東400キロ, ヤルツアンポ河の支流キチュ川の右岸に位置する。 標高3,630メートル。周囲を高山に囲まれ, 一年中晴天が多いため <太陽の都> と異称される。
1,300年以上の歴史を有している。チベットの政治・宗教・文化・商工業の中心である。

【参考文献】
『チベットの都・ラサ案内』著者:金子英一,1982年
●ラボック・ライト 【ラボック光体群】

1951年8月に, テキサス州ラボックで目撃された, 謎の光体群のこと。
この光体群は, この年(
1951年 )に, 14回目撃された。

■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(ラボック・ライト目撃事件)
    
●ルッチのUFO写真

ジェームズ・リッチのUFO写真
『UFOの謎』から


ルッチのUFO写真とは, 1965年8月8日の夜, アメリカのペンシルバニア州ビーバー・カウンターのブライトン・タウンショップに住む, 航空州兵隊所属のプロ写真家の息子であるジェームズ・ルッチ(17歳)が撮った, UFO写真のこと。

■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(ジェームズ・ルッチUFO目撃撮影事件)
●『霊界物語』


(★口述する王仁三郎(向こう側)

出口王仁三郎 が, 口述することにより生み出された81巻83冊の物語。大正10年(1921年)〜昭和9年(1934年)の間に書かれた。

物語は, スサノオという神が主人公で, 地球上を我が物顔でのさばるヤマタノオロチを, 「言向け和し(ことむけやわし)」 て世界を統一, 地上天国 「みろくの世」 を成就させる内容。

【参考文献】
『超訳 霊界物語』, 著者:飯塚弘明;2013年
『出口王仁三郎の大降臨』, 著者:武田崇元;1986年


参考外部⇒Wikipedia (霊界物語)
公式サイト⇒王仁三郎ドット・ジェイピー
●レインジャー計画
( Ranger program )


サイト:「naviroom.com」から

アメリカ航空宇宙局(NASA)の月探査計画。

月探査機により, 月の近接写真を撮影した。
1959年から計画は開始され, 1号から9号までが打ち上げられた。
1号から6号までは失敗したが, 7号から9号までは, 月面衝突前に月面撮影に成功した。

【参考サイト】
Wikipedia(レインジャー計画)
●レチクル座ゼータT,ゼータU


(★マージョリー・フィッシュ)

『UFOと宇宙(コズモ)』(No.6)から

ヒル夫妻UFO誘拐事件1961年)で, ベティが催眠によってとりもどした記憶にもとづいて描いた図から, 1968年マージョリー・フィッシュ が, その図を星図にはめこんでいって, その問題の星が, 地球から37光年離れたところの "レチクル座のゼータTとゼータU" という星であることをつきとめた。
ベティの描いた星図には,
1969年になって, はじめてカタログ(グリーゼ近隣星カタログ)に収められた, 3つの星の位置が正しく記入されていたことが判明した。
また,
1978年に起きた ウィリアム・ハーマン事件 において, ハーマンを拉致した宇宙人たちも, レチクル座からきているという。
【参考文献】
『ムー(NO.6)』 【”第4種接近遭遇”事件の謎を探る!!/ 彼らはレチクル座から来ているという;文:並木伸一郎】,1980年
『UFOと宇宙(NO.49)』, 【新展開みせたウィリアム・ハーマン事件;文・ウェンデル・スティーブンス】,1979年


参考外部=>路(リスはUFO接近を感知するか)
●レナード・クランプの正射影法図

ジョージ・アダムスキー が撮影した円盤と, コニストン事件 のスティーヴン・ダービシャーが撮影した円盤とを比較した レナード・クランプ による正射影法図。


『UFOと宇宙』NO.6【宇宙・引力・空飛ぶ円盤,文:レナード・クランプ, 訳:久保田八郎】から

新聞や雑誌に掲載されたアダムスキー円盤の写真は, すべて 『空飛ぶ円盤は着陸した』 で発表された写真のコピーであって, 当時だれもがそうであったように, スティーブン・ダービシャーにも, これらの写真を目にする機会はあった。スティーブン自身, このことを否定していない。
しかし, アダムスキー円盤の写真には, 舷窓(窓)が4個以上組をなしているものは1組もなかったのに, スティーブン・ダービシャーが, その後, 書いてみせた 物体のスケッチ では4個の舷窓が並んでいたのである。
スティーブンが, あとでそのことをいろいろ尋ねられたときにも, 彼は頑としてこの主張を取り下げようとはしなかった。確かに窓は4つあった。そう信じていたのである。
ところが, 正射影図で示したように, アダムスキーの写真とスティーブン・ダービシャーの写真とのあいだには, 寸法上のあらゆる点で完全な一致がみられる。 違っているのは, 舷窓の数だけなのである。これは懐疑論者の立場からみても, 少しおかしくないだろうか?
だが, ここに, 故 ウェーブニー・ガーバン が私に語ってくれた未発表の事実がある。それによると, ジョージ・アダムスキーの写真には, 実際には4個の舷窓が写っていたのだが, 本のページのサイズに合わせて, ウェーブニーが偵察円盤の写真をトリミング(部分切り取り)したため, 発表された写真では, 3個の舷窓しか見えないというのである。このことを知るものは他に誰もいなかった。もちろん, スティーブン少年もこれを知っていたはずがない。
それにも関わらず, 少年の確信がいささかもゆるがなかった。 少年は, 確かに4個の舷窓が隣り合って, 1列に並んでいるのを見たのである。
【引用】
『UFOと宇宙』NO.35【(続)宇宙・引力・空飛ぶ円盤(完), 文:レナード・クランプ, 訳:遠山峻征】
●レーダー
( Radar )

レーダー(英語: Radar)とは, 電波を対象物に向けて発射し, その反射波を測定することにより, 対象物までの距離や方向を測る装置である
【参考サイト】
Wikipedia(レーダー)


レーダーは, "物理的対象物の出現" を探査するために, ラジオ波【周波数30〜300MHz(波長100km〜1m)の電磁波】の放射と反射の原理を含む物理的原理を基礎として操作されており, 軍部や民間のレーダー操作監視員によって記録されたデータは, 経験に基づく証拠とされている。それは, 計量・分析が可能である。
空軍ジェット機や民間旅客機の探査レーダー追跡記録は, 定例として, フライトの位置, 速度, 方向についての現実的証拠として認められているし, 高速探知レーダー追跡記録は, その航空機の飛行高度の測定証拠として採用されている。
同様に, レーダー装置・操作は, 物理的な手段として確立され, しばしばUFOの異常で驚嘆すべき諸能力を知るためには, 極めて役に立つ, 最も経験的な手段であることに疑いはない。

【参考文献】(下記から抜粋)
『UFOと核兵器』【序論/ UFOの実在の証拠とは何か?】2011年, 著者:ロバート・ヘイスティングス


参考外部⇒Wikipedia (レーダー)
参考外部⇒TOCANA (【動画】「飛行機の120倍速いUFO」を航空機レーダーが捉えた!地元TVが報道、「歴史的快挙」の声も=ニュージーランド)
●ロサンゼルス事件(アメリカ)
( Battle Of Los Angeles )


1942年2月25日, ロサンゼルスの西方約190キロの地点に現われた, 編隊を組んだ20個以上の謎の飛行物体に, 米軍が, 高射砲攻撃を行った事件。

■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(ロサンゼルスUFO砲撃事件)
●ロズウェル事件(アメリカ)

1947年7月4日, ニューメキシコ州ロズウェル付近に墜落したUFOを, アメリカ軍が回収したとされる事件。

■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(ロズウェル事件)


1978年
, スタントン・フリードマン が偶然なことから ジェシー・マーセル に出会ったとき, マーセルは退役しルイジアナ州ホウマに住んでいた。
マーセルは, フリードマンに, 当時事件現場で見つけた物質は, これまでに見たことのあるどんなものにも似ていなかったことを打ち明けた。 マーセルの亡くなる
8年前のことである。
マーセルが語った新事実を, フリードマンはじめ何人かが本に書いたことをきっかけに, 当時の目撃者, 証言者が次々と現れ, ロズウェル事件は, 再び注目を集めるようになった。

【参考文献】
『アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたにか』,2015年
●ロズウェル陸軍飛行場
( Roswell Army Air Field )

ニューメキシコ州ロズウィルの8マイル南に位置していた, ウォーカー空軍基地(Walker Air Force Base)のこと。

ロズウェル陸軍飛行場(Roswell Army Air Field)としても知られる。この, ウォーカ空軍基地は,
1967年に閉鎖されたが, 運営されていたあいだは, アメリカ合衆国で最大の戦略航空軍団(SAC)基地だった。
【参考サイト】
Wikipedia(ウォーカー空軍基地)
●ロニー・ヒル少年が撮った小人宇宙人

1967年7月21日の午後, アメリカのノースカロライナ州のロニー・ヒル少年が, 着陸した飛行物体から現れた, 小人の宇宙人を写真に撮った。


【参考文献】
『UFOと宇宙』NO.10,1975年(「銀色の服を着た宇宙人」,文:高梨純一


■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(ロニー・ヒル少年宇宙人遭遇事件)


参考外部⇒UFO事件簿 (ロニー・ヒル事件)
参考外部⇒実録!!ほんとにあった (と思う) 怖い話 (いたいけな少年が撮影した 「小人宇宙人」〜「ロニー・ヒル事件」)
●ロバートソン査問会

1953年1月に, UFOの危険性を評価するため, CIA が, ロバートソン博士 を議長とし, 開催した査問会。

米空軍のUFO秘密政策のきっかけをつくったものとされている。 また, 空軍上層部は国防総省の命令を受け, この査問会の主旨に従っていたという。査問会の主旨とは, 下記のようなものであるという。
〇「UFOは既知の物体だと, 意識しやすくなるように大衆を教育すること」
〇「民間のUFO研究団体を警戒すること」 などであった。

【参考文献】
『ムー』No.36 (UFO研究の最高権威ハイネック博士に聞く)


1953年初頭に開かれたロバートソン査問会のあと, その結果をまとめたデュランレポートの中で, 空軍はUFOの目撃情報を否定し, 民間のUFO団体を注意深く監視すべきだという勧告がなされていた。
【参考文献】
『アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたにか』, 2015年


参考外部⇒wikipedia (UFO研究) 

用語集  TOPへ    このページの  先頭へ
 Copyright (c) 2011-2021.Oomiya