UFO事件レガシー (UFO・ミステリー事件遺産)

●「金星人の足跡」など、用語の頭文字が(か〜こ)の用語集のページです。

トップページ > 関連用語 > UFO関連用語集2(か〜こ)



UFO関連用語集2
(か〜こ)

用語集  TOPへ

索引欄(か〜こ)
用語の頭文字で検索

か き く け こ
●カイコウラの光
( Kaikoura lights )


1978年12月に, ニュージーランドのサウスアイランド(South Island)の山脈地帯で目撃された光体。
【参考文献】
『検証 UFOはほんとうに存在するか?』,2012年


■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(カイコウラUFO目撃事件)


参考外部=>En. Wikipedia (Kaikoura lights)
●カイロの聖母(エジプト)
( Our Lady of Zeitoun )

カイロの聖母は, エジプトのカイロで大人数の目撃者がいる 聖母の出現
これはカイロのゼイトゥーン(Zeitoun)に出現したことから 「エル・ゼイトゥーン」 「ゼイトゥーン」 とも呼ばれ, まれに 「光の聖母」 とも呼ばれる。
これは
1968年4月2日に始まり, 2〜3年以上も続いていた。
【参考サイト】
「Wikipedia(カイロの聖母)」

■もっと詳しく見る(サイト内)
=>怪奇・不可思議事件集(カイロの聖母出現)

 
●かぐや(月探査衛星)

月周回衛星「かぐや」(SELENE)は, 2007年9月14日10時31分01秒(日本時間)に打ち上げられた探査機で, 月周回軌道上観測と, 月探査の技術開発を目的とする月周回衛星。
月の起源と進化を解明するための科学データを取得し, 月の利用可能性を調査するとともに, 月周回軌道への投入や, 月周回中の姿勢制御技術, 熱制御技術などの開発を行った。
【参考サイト】
「isas.jaxa.jp(宇宙科学研究所 - 月周回衛星「かぐや」(SELENE))」


2009年10月24日, JAXAは 「かぐや」 が撮影した画像の解析で,
「月の表側にある平地 "嵐の大洋" の中央部にあるマリウス丘に, 月面初となる地下溶岩トンネルに通じる縦穴を発見した」
と発表した。
縦穴は "嵐の大洋" において, 火山活動が活発だったことがわかっている地点に存在する。直径約70m, 深さ約90mの垂直な穴で, 穴底部付近は少なくとも横幅400mを超えるトンネルになっているという。
【参考文献】(そのまま引用)
『「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ』, 2016年

2017年10月18日, 国際共同研究チームは, 日本の月周回衛星 「かぐや」 に搭載された電波レーダ, 月レーダサウンダーで取得したデータを解析し, 月の火山地域の地下, 数10m〜数100mの深さに, 複数の空洞の存在を確認しました。
確認された地下空洞の一つは, 「かぐや」 が発見した縦孔を東端として, 西に数10km伸びた巨大なものです。地下空洞の存在を確実にした今回の成果は, 科学的にも将来の月探査においても重要なものです。
溶岩チューブのような地下空洞内部は, 月の起源と進化の様々な課題を解決出来る場所であり, また月における基地建設として最適の場所だからです。
縦孔は, こうした地下空洞への入り口の可能性がありますが, 縦孔の数は非常に少なく, 科学的探査や基地を作ることのできる地下空洞は希少かもしれません。
【参考サイト】(そのまま引用)
「isas.jaxa.jp(宇宙科学研究所 - 月の地下に巨大な空洞を確認)」
●火星人コンタクト事件(イギリス)

1954年2月18日, スコットランド北端のロシーマウスに近い海岸を野鳥観察にきていた, セドリック・アリンガム( Cedric Allingham) が空飛ぶ円盤から降りてきた異星人(火星人)とコンタクトした事件。

■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(火星人コンタクト事件)
●カトラー = トワイニングメモ

1985年7月ジェイミー・シャンドラ(Jaime Shandera) ウィリアム・ムーア(William L. Moore) が, ワシントンのアメリカ国立公文書記録管理局に保管されたファイルを調査中に, シャンドラが発見した マジェスティック文書 の一つ。
ロバート・カトラー(当時の大統領特別補佐官)からネイサン・トワイニング(当時の空軍副参謀長)に向けて書かれた
1952年7月14日付 覚書の写し。
内容は MJ-12(Majestic 12) に関する特別会議の日程を変更する旨を伝えている。
【参考文献】
『MJ-12の謎と第18格納庫の秘密』, 1990年
『アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか』, 2015年
  
●ガラバンダルの聖母(スペイン)
( Our Lady of Garabandal )

ガラバンダルの聖母は, スペインのガラバンダルに聖母マリアが出現したとされる出来事である。
この 聖母の出現 は広く知られており, スペイン北部, カンタブリア州のベーニャ・サグラ山脈に位置するサン・セバスチャン・デ・ガラバンダルの田舎町で,
1961年から1965年にかけて, 4人の若い女子生徒に, 大天使聖ミカエルが最初に現れ, 次に祝されたおとめマリアが現れたとされる。
訪問は千回にもわたり, 多くの群衆を引きつけ, 超自然的現象をともない, その多くが写真に収められ, 何千人もの目撃者がいる。
幻視を見たのはマリ・ローリ・マゾン(
1949年5月1日 - 2009年4月20日), ヤシンタ・ゴンザレス(1949年4月27日 - ), マリ・クルス・ゴンザレス(1950年6月21日 - ), そしてコンチータ・ゴンザレス(1949年2月7日 - )である。
この一連のご訪問での祝されたおとめマリアは, しばしば 「ガラバンダルのカルメル山の聖母」 と呼ばれる。それは, 聖母の容姿とドレス, 髪型が, カルメル山の聖母のご絵によく似ているからである。

【参考サイト】
「Wikipedia(ガラバンダルの聖母)」

■もっと詳しく見る(サイト内)
=>怪奇・不可思議事件集(ガラバンダルの聖母出現)

●記憶の消失

UFOに アブダクト された後に, アブダクティ の記憶が消失されている場合があるが, これらにはある閃光を浴びせられていることが共通している。

 
落合信彦氏 によると, 「脳内の記憶装置に目や鼻、耳、神経系統などから, 電波刺激を運ぶ役割をしているのはアセチルコリンという化学物質である。 記憶というのは脳のなかの電波刺激の蓄積にすぎない。 したがってこのアセチルコリンに電子によるショックを与え, ある種の静電状態にしてしまえば, 見たり聞いたり経験したものについての記憶は簡単に消すことができる」 という。
CIA では, 現実に電波によるショックを脳に送りこんで, 記憶消去を行う実験が成功しているらしい。
(出典;『UFOと宇宙』1982年3月号(No.80), 「催眠でひき出したUFO目撃者の恐怖体験」/文:矢追純一

 ⇒
光がちょうどおあつらいむきの等間隔で点滅すれば, 目撃者は催眠状態に入るということである。 目撃者は意識の一部がはっきりしているのに催眠状態が続いている間は手足が言うことをきかぬので, 自分は麻痺状態にあるのだと思う。 また催眠状態の時の幻覚を, つい先程までの現実の続きであると思いこんでしまう。 目撃者は, 普通の催眠術の被験者と同様に, 時間の感覚を失ってしまう。時間は夢の時と同じように圧縮されたり, 拡張されたりする。 数時間に及んでいると思われる出来事が, 実は数秒ないし数分間の幻覚であったり, また逆に短時間だと思ったことが長時間に及んだりということが起こりうる。 催眠状態から醒めて時計を見ると, 光を見ていたのはわずか数秒だと思ったのに, 何時間も経っていることに気づくわけである。
(出典;『モスマンの黙示』, 1989年;著者:ジョン・A・キール
●来るべき民族
(『The Coming Race』)


『来るべき民族』は,1871年に出版されたもので, イギリスの作家, ブルワー・リットン(Bulwer-Lytton,) により著された奇怪な内容の小冊子である。
この本は, ヒトラーの世界観に重大な影響を与え, ナチの超人思想と超科学, そして第三帝国の誕生をもたらすきっかけとなった書物である。
1924年, カール・ハウスホーファー(Karl Ernst Haushofer) からこの本を読むように勧められたヒトラーは, 『来るべき民族』 の中に未来のドイツ民族があるべき姿を見いだし, 1925年に 『我が闘争』 を出版して,国家社会主義ドイツ労働党 = ナチの活動を開始した。
*
ところで, この 『来るべき民族』 の内容であるが, ひとことでいうなら, 地下の別世界に住む高度な民族の物語である。
地底人たちは, すべての権力を委ねられた一人の総統ツーアによって統治され, ツーアは人間と自然の全ての力をコントロールできる謎の力 ”ブリル・パワー” を持っている。そして, 地底人の最終目的は, 「自分たちの民族の純粋さを守り, いま存在するすべての劣等民族に取って代わる」 ことにあった。
また, そこに描かれた地底人たちはすべて超能力を持ち, 地上の人類よりはるかに進んだ超科学を駆使し, やがて地下から現れて地球全体を支配することを最終目的としている。
−あらすじ−
 主人公の青年(アメリカ生まれ)は,
1800年代初期のある年, イギリスを訪れ鉱山めぐりをしているときに, 地底世界へ通じる地下道を発見する。不思議な光に導かれ, 大きな洞窟の中を進んでいった彼は, オリエントとエジプトのふたつの様式が混ざり合った地下都市に着き, そこで一人の不思議な様相の男に出合う。
この男はアプリンという名で, ブリルヤとや呼ばれる地底人たちの指導者の一人だった。アプリンの美しい娘ジーは, 青年が半意識の状態で地底世界の言葉を理解できるようにしたあと, この不思議な世界についていろいろと話してくれたのであった。
彼らの祖先は, かつて地上に住んでいたが, 異変が地上を襲い, 陸地が海中に没したとき, 祖先たちは地下へ避難した。彼らは必死の努力を続け, かつての文明の再建を地底世界でなし遂げた。その際, 彼らはどんな物質をも透過する普遍的な潜在力 ”ブリル” を発見した。
地底人たちは, ツーアと呼ばれる一人の君主によって支配されている。地下のブリルヤ社会は, すべての居住地が地下道と大洞窟でつながれ, ブリルヤたちはそこを通って自由に移動できる。
やがて, 地上に帰りたくなった青年は, ジーの助けをかりて元の坑道にたどりつき, 地上に戻ることができた。
【参考文献】(下記より抜粋引用)
『謎の地底王国アガルタ』, 1983年, 著者:アレック・マクレラン, 監訳:高橋良典


参考外部=>「来るべき種族」エドワード・ブルワー=リットン 小澤正人訳 <3>:(cocolog-nifty.com)
参考外部=>『 来るべき種族 』エドワード・ブルワー=リットン | 月曜社 / GETSUYOSHA LIMITED
●キャトル・ミューティレーション(動物虐殺)
( Cattle Mutilation )



1970年代のアメリカなどでおきた, 家畜が虐殺される事件のこと。臓器の一部がなくなり, 全身の血が抜き取られるといったことが特徴である。

殺された牛の一部は, 通常の方法では説明のつかない不可解な解体の跡をとどめていた。みごとなメスさばきで, 耳がていねいに取り除かれ, 舌が切り抜かれ, 乳房や性器がえぐり取られ, 肛門がそぎ取られていた。このようなケースでは, たいていブラック・アンガス種か白黒まだら顔の牛で, まるで注射針で抜きとったように, 死体の血が消え失せていた。そのくせ地上には一滴の血も, 足跡も, 車のわだちの跡も見つからなかった。ほとんどまるで, よその場所で死体が解体されたあと, 空中から投げ捨てられたような感じだった。
また, 事件の前後にUFO, ミステリー・ヘリコプター がたびたび目撃されているため, 宇宙人の仕業ではないかと話題になった。
このキャトル・ミューティレーションは, 1973年後半から74年にかけて西部諸州で報告が明るみに出始めていた。ミネソタ, ウィスコンシン, カンザス, ネブラスカ, アイオワ, サウス・ダコタ, コロラド, テキサス, アリゾナ, カルフォルニアの諸州を縦貫する一部地域全体にわたって, 何百頭もの畜牛が死体で発見された。

1975年
になると, この騒動はモンタナ州を含むアメリカ西部および中西部に広がっていった。なかでも, コロラド州では4月から12月までに203件ものミューティレーション事件が報告され, ローガン郡やエルバート郡の保安官は調査に追われっぱなしの毎日となった。
また, キャトル・ミューティレーション多発地帯と, ミサイル基地や軍のレーダー基地のある地域とは, 奇妙にも一致している。

【参考サイト・文献】
「Wikipedia(グレイ(宇宙人))」
「weblio辞書(キャトルミューティレーション)」
『人類は地球外生物に狙われている』「第3章/"消失する巨人"の謎」,1987年
『UFOと宇宙』1977年4月号(No.23),「闇夜に牛が殺された!」,文:矢追純一
『UFOと宇宙』1980年4〜5月号(No.57〜59),「キャトル・ミューティレーションに新事実」,文:矢追純一
『UFOと宇宙』1980年6月号(No.59),「総括/キャトル・ミューティレーション」
『ムー別冊・米政府がひた隠すUFOと異星人』,「ダルシィ地下基地と異星人の恐るべき人体実験」,文:並木伸一郎,2017年


しかし, われわれは, これらの生きもの(われわれにコミニケートをはかろうとする異次元の生物。ここでは超地球人のこと)が, 自らを具体的な形体に再構成することを可能にする生命エネルギーを必要としているのだということは推測できる。
UFOフラップ地域で, よく犬や家畜が消えるのは, そのためかもしれない。おそらく, そうした動物の生きた細胞が, われわれの限られた知覚力で見たり感じたりできる形体をつくり出すために, 超地球人たちによって何らかの方法で利用されるのだろう
人間や動物の血液も, このプロセスにとって不可欠なのかもしれない
【参考文献】(下記より引用;青文字は補記)
『UFO超地球人説』【第12章/壮大なぺてん師たち;四大(地, 水, 火, 風)の霊】, 著:ジョン・A・キール, 訳:巻正平, 1976年



■サイト:「わが心のBlog」から

参考外部=>大雑把に形而上(キャトルミューティレーション)
参考外部=>おに怖ニュース(【閲覧注意】キャトルミューティレーションに関して纏めたFBIの報告書がネット上にアップされているぞ!)
参考外部=>わが心のBlog (キャトルミューティレーションの正体)
参考外部=>En. Wikipedia (Cattle mutilation)
参考外部=>YouTube (ELSBERRY, MISSOURI CATTLE MUTILATIONS (1978))
参考外部=>Mysterious Univers (Unexplained Cattle Mutilations Linked to Lights in the Sky)
●キャビネット(心霊用語)
( Cabinet )

内房と訳されたこともある。多くの 物質化現象 を起こす 霊媒 達は, 心霊現象 に必要な心霊エネルギーを凝集するために, 通常は
キャビネットと称される交霊室内のカーテンで囲まれた小さな場所を使用する。
しかし, 霊媒によっては
キャビネットの外側に席を占めることがあり, 必ずしも全ての霊媒が, キャビネットを必要としているわけではない。
【参考文献】
『スピリチュアル用語辞典』, 著者:春川栖仙, 2009年
●キューバのミサイル危機(1962年)
( The Cuban Missile Crisis,1962 )

キューバのミサイル危機とは,
1962年10月から11月にかけてソヴィエト連邦(現ロシア連邦)のキューバにおける核ミサイル基地の建設が明らかになったことから, アメリカ合衆国がカリブ海で海上封鎖を実施し, アメリカ合衆国とソヴィエト連邦とが対立して緊張が高まり, 全面核戦争寸前まで達した危機的な状況のこと。
【参考サイト】
「Wikipedia(キューバ危機)」


参考外部=>wyzant. com (The Cuban Missile Crisis, 1962)
参考外部=>世界史の窓(キューバ危機)
●巨石モニュメント

巨石モニュメントには, 下記のようなものがある。
●メンヒル(立ち石):ほとんど自然のままの石を一本柱のように立てたもの
●アリニュマン:メンヒルをまっすぐに並べたもの
●ストーンサークル:メンヒルを輪状に並べたもの
●ドルメン:平らな大石を天井石にし, 下に支えの石を置いて, 机か棚のようにしたもの



(★イギリスのソールズベリーにあるストーンヘンジ)
【参考文献】
『世界の謎と不思議』, 1977年, 著者:庄司浅水
●金星人の足跡

ジョージ・アダムスキー(George Adamski) が, 1952年11月20日カルフォルニアの砂漠(デザート・センター)で金星人と会見した( アダムスキー金星人コンタクト事件 )際に, 金星人が残した10数個の足跡。
アリス・ウェルズがスケッチし, ジョージ・ウイリアムソン(George Hunt Williamson) が石こうで型をとった。
足跡には謎の模様があった。



【参考文献】
『UFOと宇宙』 NO.32【金星人の足跡を解読!,文:H・モーレン/F・ブルンス,訳:足木幸夫】



(★足跡を石こうにとる一行)
『UFOと宇宙』NO.11から
●疑似物質仮説

UFOの実体が擬似物質的な物だとする説。

1955年4月24日, 英国空軍のスポークスマンが記者会見で, UFO研究(1950年 のUFOウィーブにより英国空軍が秘密裏に行っていたUFO調査)は完了したが, その資料はさらに論争を招くだけだと考えられることと, 「ある極秘事項」 を明かさずに適切な説明はできないという理由で, 公表するわけにはいかないことを発表した。
そのあとまもなく, 空軍元帥ダウディング卿が講演をし, その中で公然と, UFO現象の疑似物質的側面を論じ, UFOの乗員は不滅であり, 自分たちを人間の目からおおい隠すこともでき, 人間の形をしてわれわれの内部でそれと気づかれづに歩き, 働くことさえできると言い切った。
これは,
1955年には, UFO現象を解明する非常に有力な材料とされたが, UFOファンたちはそれをどう理解したらいいか分からなかった。
さらにもう一人の優れた英国の研究家で, 有名な著述家である ハロルド・T・ウィルキンス(Harold Tom Wilkins) が, 彼の
1955年の著書 『空飛ぶ円盤の真相(Flying Saucers Uncensored)』 で, UFOの疑似物質的側面を強調した。
天体物理学者 モリス・K・ジェサップ(Morris Ketchum Jessup) は,
1954年から1957年にわたり, 歴史的相関性と, その現象の疑似物質的側面に関する熱のはいった理論で満たされた一連の本を出版した。
《コロネット》 誌のコラムニスト, R・デ・ウィット・ミラーも, その問題を研究し, 彼の無数の読者から寄せられた証言を整理するのに何年も費やし,
1955年, 『自らを信ぜよ』 と題する本の中で, 疑似物質的結論の十分実証された要約を発表した。タイトルはとにかく, その本は主要な現象の持つ意味の見事な一考察である。
(出典;『UFO超地球人説』【第2章/ 答えなんかどうでもいい! 問題は何か?】, 著者:ジョン・A・キール, 訳者:巻正平;1976年)

参考外部=>不可思議(ヒューマノイド疑似人間)
●逆行催眠
催眠治療, 退行催眠, 催眠療法, 催眠実験, 催眠法もこれに同じ】

逆行催眠とは催眠下で人が以前の年齢に戻り, 過去のくわしいエピソードを思い出すこと, または再経験すること。

逆行催眠でもっとも知られているのはブランディー・マーフィーの事例である。
コロラド州の実業家モーリー・バーンスタインが
, 1950年代の初め, 催眠下で過去の存在まで逆行できる被験者を求めていたが, その対象となったのがヴァージニア・バーンズ・タイという婦人であった。
バーンスタインの有名な著書 『ブランディー・マーフィーの探索』 (邦訳」:『録音された前世』 白光社刊)中のルース・シモンズという別名で登場している人物である。
催眠下でタイは前世に戻り, 自分は
1806年にアイルランドのコークで暮らしていたブランディー・マーフィーという婦人であると言い出し, 彼女の生活をいきいきと詳細に物語った。
この本はベストセラーとなり(
1956年にはハードカバーで17万部も売れた), バーンスタインは多くの論拠から批判を受けることになった。
多くの批判者は, ブランディー・マーフィーによって提供された情報は, タイが子供のころに得て, その後抑圧, 圧迫されていたものだと論じた。
また, ブランディー・マーフィーの事例については, それらが潜在記憶によるものだという数多くの議論もなされた。
(出典;『ザ・ストレンジブック』【月刊「UFOと宇宙」1980年7月臨時増刊号】, 「第2章/ ”心”への挑戦, 逆行催眠;ブランディー・マーフィーは実在したか」)  
  クランプの正射影法図=>レナード・クランプの正射影法図 の項を参照。
クリッター
( Critter )


謎の飛行物体のこと。英単語では米語の俗語で 「生き物」 である。

参考外部⇒ ニコニコ大百科
●クルー・サークル
( Crewe Circle )


クルー団, クルュー団( 浅野和三郎 )とも訳されている。
1908年, トーマス・コリー師(Thomas Colley Archdeacon) によって設立された団体で, ウィリアム・ホープ(William Hope) を中心にして結成された 心霊写真家集団。
【参考文献】(下記より引用)
『スピリチュアル用語辞典』【クルー・サークル】, 著者:春川栖仙, 2009年年


参考外部=>Crewe Circle (ca. 1906) | Encyclopedia.com  
●黒服の男たち=>MIB(Men in Black) の項を参照。
●クローン
( Clone )


単一細胞あるいは個体から, 無性的な増殖によって生じた, 遺伝的にまったく同一な細胞群, あるいは個体群のこと。
●クワオアー(太陽系外縁天体)
( 50000 Quaoar )


クワオアーまたはクワーオワーは, 将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つである。
エッジワース・カイパーベルトに位置し, 太陽からおよそ60億キロメートル( 43.7au )のほぼ真円に近い軌道を, 約290年の周期で公転している。
【参考サイト】
「Wikipedia(クワオアー)」


参考外部=>Wikipedia(エッジワース・カイパーベルト

太陽系の外縁で2002年に発見された天体 「クワオアー」 の周囲にちりや氷の輪を発見したと, 国際研究チームが11日までに英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
この天体は大きさが冥王星の半分程度で, 半径555キロ。これに対し, 輪の半径は約4,100キロと非常に大きく, 維持されている仕組みが謎だという。
クワオアー(太陽系外縁天体)
【参考サイト】
「jiji.com(「クワオアー」に謎の大きな輪 太陽系外縁天体―国際チーム)」(2023年2月12日)

参考外部=>En.Wikipedia(50000 Quaoar)
●グアダルーペの聖母(メキシコ)
( Our Lady of Guadalupe )

カトリック教会が公認している聖母の出現の一つであり, メキシコで最も敬愛されている宗教的シンボルである。
1531年12月9日, メキシコ・グアダルーペのインディオ, フアン・ディエゴの前に聖母が現われたとされる。
聖母は, 司教に聖母の大聖堂を建設する願いを伝えるよう求めた。ディエゴは病気の親類の助けを求めにいこうとしていたため, 話しかけてくる聖母をふりきって走り去ろうとした。すると聖母は彼を制止し, 親類の回復を告げた。ディエゴが戻った時, 病気だった親類は癒されていた。
聖母に司教へしるしとして花を持っていくよういわれたディエゴは, 花をマントに包み, 司教館に運んだ。司教館に花を届けた際, ディエゴのマントには聖母の姿が映し出されていた。
フアン・ディエゴは
2002年に列聖された。
【参考サイト】
「Wikipedia(グアダルーペの聖母 (メキシコ))」

1969年1月初め, マリア・デ・カルメン・オカンポという名の女の子が, メキシコのウルアパンのはずれの森林地帯を歩いていたとき, 報告によると, 女の幽霊が大きなヒマラヤスギの前に現われるのを見た。それは自らグアダルペの聖母と名のり, 花と蝋燭(ろうそく)をその木の根本におくことを求めた。
幽霊が消えたあと, ホメロ・マルチネスという飛行機整備工が, 家に帰る途中のおびえている少女に出くわした。「その子はとても興奮していた」 と彼は言った。
「その子はわたしに, 起こったこと, 幽霊に言われたことを話した。正直なところ, その子の言うことを信じなかったので, そのまま立ち去ろうとした。2,3歩進んだとき, ききなれない音楽 ―とても美しい― がきこえたので, あたりを見回したが, 何も見えなかった。あとで, その女の子が, 一日か二日ひどい病気になり, 話ができなかったことを知った」
【参考文献】(下記を引用)
『UFO超地球人説』【第13章/ ワニにかまれた傷を確実に治す法;奇跡の方法】, 著:ジョン・A・キール, 訳:巻正平, 1976年


参考外部=>1917: The Guadalupe Event (think about it docs.com)
参考外部=>Our Lady of Guadalupe | Description, History, & Facts | Britannica
参考外部=>Our Lady of Guadalupe - Wikipedia
参考外部=>Laudate | キリスト教マメ知識 (pauline.or.jp)
参考外部=>メキシコのマリア グアダルーペの聖母 - LABRAVA [メキシコ 民芸 雑貨 インテリア 通販]
●グロブスター
( Globster )


グロブスターとは, 海岸に漂着する何らかの巨大な生物の死骸のこと。

『グロテスク・ブロブ・モンスター(異様な肉や脂肪の塊の怪物)』 を略した造語だ。
多くは腐乱しており, 何の生物か特定不可能なため, 「海のネッシーでは?」 「古代恐竜の生き残りの死体か?」 など, UMA伝説が生まれる原因ともなっている。

【参考サイト】
「まいじつ(恐竜の死骸か?「専門家を悩ます」英海岸の「謎の生物」)」


参考外部=>Wikipedia (グロブスター) 
  ●幻視
( Visual hallucination )

対象物が実際には存在しないのに物が見えること。
見えるものは人や動物, 事物, 風景などであり, 眼前にありありと見たり, 目の中, 頭の中, ときには自分の背後に見る(視野外幻視)。
動物が見えるのを動物幻視, 人や物が小さく見えるのを 『ガリバー旅行記』 にちなんで, リリパット幻視(小人島幻覚)とよび, 自分の姿をみるのを自己像幻視(鏡像幻視, ドッペルゲンガー)と呼んでいる。
幻視は一般に意識障害の際にあらわれやすく, したがって症状精神病(急性伝染病, 全身疾患などの際の精神症状)や, 中毒性精神病(慢性アルコール中毒, 各種幻覚剤中毒など)に多くみられる。

【参考サイト】
「コトバンク(幻視-世界大百科事典 第2版「幻視」の解説)」


エマヌエル・スウェーデンボルイ(Emanuel Swedenborg) の死後72年も経てから, 彼の霊が, 幻視を見る人の中に現れ始めた。
"パキプシの予言者(The Seer of Poughkeepsie )" として知られるようになった アンドリュー・ジャクソン・デービス(Andrew Jackson Davis) は, そのころ靴屋で徒弟として働く18歳の若者であった。
そのデービスが,
1844年のある日, 夢遊病状態に陥り, ニューヨークのパキシムにある自分の家からさまよい出てしまったのである。そして翌朝, 気がついた彼は, 自分が65キロメートルも離れた山中にいるいることを知った。
彼の語るところによれば, さまよっているうちにスウェーデンボルイに出会い, 2世紀のギリシアの医者であったクラウディウス・ガレノスの霊とも出会ったという。さらに彼は, 出会った際に精神的啓示を経験したというのである。
【参考文献】(下記よりそのまま抜粋)
『心霊の世界』【第1章/ ハイデスビルの怪しい音】, 著:ロイ・ステマン, 訳:楠田順, 1977年


参考外部⇒Wikipedia(レビー小体型認知症) 
●原発事故 
Nuclear and radiation accidents )

原子力発電所や原子力施設の事故をいう。
日本の原子力関連施設では, 放射性物質が環境中へ放出されて公衆の健康を害する恐れが生じた場合やそれ以上を 「事故」 と呼び, そのような状況に至らない施設内での不測の事態は 「異常事象」 と呼んで区別している。

【参考サイト】
「Wikipedia(原子力事故)」


参考外部⇒Wikipedia(福島第一原子力発電所事故)  
  ●叩音(こうおん)

叩音(こうおん)は, ラップ音(ラップ現象) の項を参照
●広帯域効果
( Broadband effect )


多くの人々がUFOが近くにいるとか接近してくるのを ”感じでわかった” と報告している。動物の場合は, 騒ぎ出す場合が多い。
電磁波を 「聞く」 能力に関して, コーネル大学のクライド・E・インガルス教授は, 次のように述べている。
「このこと (電磁波を ”聞く” こと) は, 神経組織, たぶん脳髄を直接刺激することから起こるのであって, 耳やそれに付随した聴覚器官とは無関係な現象と思われる」
同教授は, 人体実験で眼や脳髄や体の他の部分に障害をあたえないよう, 綿密に調整されたレーダー・ビームを使用した。
聴覚器官に影響をあたえないようにレーダー波を注意深く遮断することにより, ”音” の認知が脳髄それ自体の中で起きることを証明できた。
被験者たちは一様に, ”ブーンという唸り” が頭上数フィートのあたりから ”聞こえる” ように感じると訴えた。
この感じには個人差があるが, このテストを続行して明らかになったことは, これらのレーダー波の存在を認知する能力は前頭部上方に位置しており, 通常の聴覚過程とはまったく関係がない。
インガルス教授は, これを ”広帯域効果(ブロードバンドエフェクト)” だということを述べている。

【参考文献】(下記より抜粋)
『空飛ぶ円盤の真実』1988年, 著者:フランク・エドワーズ, 訳者:安龍次郎
●こうのとり

国際宇宙ステーション(ISS) に物資を運ぶための日本の無人補給船。

2016年12月9日, 「こうのとり」 を搭載した国産大型ロケット 「H2B」 6号機が, 鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられた。
【参考文献】
・「読売新聞」(2016年12月10日)


参考外部⇒JAXA (宇宙ステーション補給機「こうのとり」に続け!)
参考外部⇒ Wikipedia (宇宙ステーション補給機)
●降霊会(交霊会)
( Séance )

交霊会(こうれいかい, 仏:Séance)または降霊会とは, 霊媒 者を介して, あるいはひとつのテーブルを取り囲むことで死者とのコミュニケーションをはかるセッション(会合)のこと。
1840年代にアメリカで出現し, 50年代になるとヨーロッパのブルジョワサロンを熱狂させていた。
フランスの心霊術研究家 アラン・カルデック(Allan Kardec) はその著作 『霊の書 (Le livre des Esprits)』(
1857年)において, このセッションに Séance という名を与え, そこに哲学的意味を見て取った。
今日では, ブラジルに多くの支持者がいるという。
【参考サイト】
「Wikipedia(交霊会)」


目に見えない "音の精" に, すっかり困惑してしまった フォックス家( Fox Family) の人たちは, もう一度交信することにした。アルファベットを読み上げているうちに, ある1字のところで霊魂が音で答える, という方法で交信することになった。
そして, 長い時間をかけ, 一つのメッセージを受けることになる。リーア(フォックス3姉妹 の長女)とフォックス家の人たちが受け取った最初のメッセージとは, こういうものである。
「仲間よ, 君たちは, この真実を世に明らかにしなければならぬ。新しい時代の夜明けなのだ。務めを果たせ。さすれば神が君たちを守り, 霊が見守ってくれるであろう。」
このときを契機にして, フォックス一家は霊との交信の回数を増やし, それによって霊魂の物音は次第におとなしくなっていった。
そして,
一家の者は, 本格的に降霊会を催すことになった。降霊会のときにはテーブルが動いたり, ギターがひとりでに鳴り出したり, 出席者には見えない手の感触があったりするのだった。
1849年11月14日, ロチェスターにあるクリスチャン・ホールで, 初めて 心霊術者(スピリチュアリスト) たちのささやかな集会が開かれた。そしてフォックス姉妹の体験が報告された。
【参考文献】(下記より抜粋)
『心霊の世界』【第1章/ ハイデスビルの怪しい音】, 著:ロイ・ステマン, 訳:楠田順, 1977年


最も興味ある霊タイプは,
降霊会に現われる人間に似た生きものである。そういう生きものは実際に写真に撮られ, 医師たちによって検討されてきた。降霊術師たちは, このふしぎな現象を記述し, 説明するために特殊な用語を発達させてきたが, これらの生きものはどうもUFO乗員たちと同じもののようだ。こちらのばあいは, 霊媒 は恍惚状態にはいり, 本人の新陳代謝機能がほとんど死の状態まで減退する。そのあとで, ある人影が徐々にその降霊会の部屋に現われるのである。(多くのケースでは, その部屋は完全に照明され, 目撃者たちがその人影をすっかり取り囲んで, 世俗的なぺてんを除外する)
ほとんどのばあい, その人物は, 高い頬骨, 目じりの吊りあがった目, 赤みがかった色かオリーブ色の肌をしたインド人ないしは東洋人に似ている。彼らはたいていローブかインド風の服を着ているが, その時代に受け入れられているドレスを着ているようにも見える。長い髪が共通の特徴である。男も女も現われる。はっきり口をきくことができ, 目撃者たちと会話を交わす。これらの降霊会に現われるものは, 遠く離れた個々人の前に繰り返し現われるヴァルキリ(北欧神話の中の, 天国の宮殿に仕える侍女の一人)のタイプとも同じに見える。
【参考文献】(下記より引用)
『UFO超地球人説』【第12章/ 壮大なぺてん師たち】, 著:ジョン・A・キール, 訳:巻正平, 1976年


参考外部=>En.Wikipedia(Séance)
●国際宇宙ステーション
( International Space Station、略称:ISS )




アメリカ合衆国, ロシア, 日本, カナダ, 及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションである。

地球及び宇宙の観測,宇宙環境を利用した様々な研究や実験を行うための巨大な有人施設で, 地上から約400km上空の熱圏を, 秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し, 地球を約
90分 で1周, 1日で約16周する。
なお, 施設内の時刻は, グリニッジ標準時に合わせられている。

【参考サイト】
「Wikipedia(国際宇宙ステーション)」


参考外部⇒JAXA (国際宇宙ステーション(ISS))
●国際スピリチュアリスト連盟【ISF】
( International Spiritualist Federation )


1923年にパリに設立され, 1948年にロンドンで再組織化された。
スピリチュアリズム(Spiritualism) を世界的な運動にまで高め, 強化し, 死後個性の存続と顕幽両界間の交信が可能であるということ(霊魂仮説)を前提として, スピリチュアリスト(Spiritualist) あるいは心霊研究団体と国際的レベルで交流を深めることを目的とし, また, 科学的, 哲学的, 宗教的な観点から 心霊現象 の研究を推進することに協力している。
会員として, 協会, 団体, 個人それぞれの資格で参加を認めている。
【参考文献】(下記より引用)
『スピリチュアル用語辞典』【国際スピリチュアリスト連盟】, 著:春川栖仙, 2009年


参考外部=>shinrei.or.jp(公益財団法人 日本心霊科学協会関連年表)
参考外部=>1411.cocolog-nifty.com(スピリチュアリズム研究ノート)
●子育て幽霊

子育て幽霊(こそだてゆうれい)は, 日本の民話, 怪談。
筋立て, 結末などに細かな異同が見られるが伝承地は全国に分布しており, 落語の題材にもなっている。
「飴買い幽霊」 ともいう。

【参考サイト】(下記より引用)
「Wikipedia(子育て幽霊)」


参考外部=>子育て幽霊 <福娘童話集 きょうの日本昔話> (hukumusume.com)
参考外部=>まんが日本昔ばなし 0073【子育て幽霊】 - YouTube
参考外部=>墓の中で出産した美女の正体は…子育て幽霊たちの悲しい物語|和樂web (intojapanwaraku.com)

【伝説例】サイト; 「日本のUFO遭遇事件」 参照
=>不可思議事件集(頭白上人伝説)
●古代宇宙飛行士説
( Ancient astronauts theory )


有史以前の時代に, 宇宙から知的生物が地球に訪れ, 人類を創造, あるいは文明を与えたという説。

別名を 「太古宇宙飛行士来訪説」, 「宇宙人考古学」, 「宇宙考古学」 ともいう。
初期の提唱者には ジョージ・ハント・ウィリアムソン(George Hunt Williamson) がおり, エーリッヒ・フォン・デニケン(Erich Anton Paul von Daiken) がブームを巻き起こした。


参考外部=>Wikipedia (古代宇宙飛行士説)
参考外部=>Wikipedia (英語版; Ancient astronauts)
●コティングリー「妖精写真」騒動、【コティングリー妖精事件】

コナン・ドイル(Arthur Conan Doyle)1920年のクリスマスに発行された 『ストランド』 誌上に, ヨークシャーの二人の女子生徒が撮った 「妖精写真」 について書いた小論を載せたことから起こった。

コティングリーは, イギリスの北部ヨークシャーの小さい町である。ここに住むライト家の娘であったエルシー・ライト(当時16歳)と従妹のフランシィス・グリフィス(当時10歳)が, 林から家の裏庭を流れる小川(この地方ではベックと呼ぶ)の堤で撮った写真のまわりに, ダンスをする妖精や膝にのってくるノームなどの妖精たちが写っていた。
その写真は, 「本物か拵(こしら)え物か」 をめぐり, 1917年から約66年間, 人々のあいだで様々に論争されたのが 「コティングリー妖精事件」 である。
【参考文献】(下記より抜粋)
『コティングリー妖精事件』,1999年


コティングリーの妖精写真
■サイト:「paleocave.sciencesortof.com」から

参考外部=>Wikipedia (コティングリー妖精事件)
参考外部=>大山顕×浜野志保「見えない妖精はなぜ写真に現れるのか #ゲンロン210804 - YouTube
参考外部=>Flying Holmes | Paleocave Blog (sciencesortof.com)

■事件詳細(サイト内)
=>怪奇事件集(コティングリーの妖精)
●コニストン事件(イギリス)

1954年2月15日, イギリス・ランカシャーのコニストンで, 2少年が アダムスキー型円盤 を目撃し, コダック・カメラで円盤を撮影した事件。

参考外部=>GAsite (レイクランドの円盤)
参考外部=>水島保男外伝版ブログ (1954 それは始まりだった)


■事件詳細(サイト内)
=>UFO事件集(コニストン事件)
●コンドン委員会(コロラド大学UFO科学調査委員会)、【コロラド・プロジェクト】
●コンドン白書(コンドン・レポート)


UFO問題について, 米国で最初の公式かつ組織的な科学的調査を行った調査機関。コロラド・プロジェクトともいう。

1966年10月米空軍 が大学に依頼し, コロラド大学の物理学者 エドワード・U・コンドン(Edward Uhler Condon) 博士を中心とする調査委員会(正式名称は 「コロラド大学UFO科学調査委員会」, いわゆる 「コンドン委員会」)を発足させた。
コンドン博士を中心に各分野40人近い科学者で構成された。だが, 調査活動の進行につれて, 意見の不一致などで辞任者があいついだ。
それでも, 約
2年の歳月と50万ドルの費用をかけ, 調査結果は, 『未確認飛行物の科学的研究』 と題する厖大な報告書(1465ページ, 59件の目撃報告が検証)にまとめられた。
内容は, 国立科学アカデミーに評価をゆだね,
1969年1月8日に最終報告書いわゆる 「コンドン白書」 が記者団に公表された。
白書の中では 「これ以上UFO研究を続けても, それによって科学が発達するという期待が満たされることはおそらくあり得ない」 と述べられていた。「今後のUFO目撃に関しては プロジェクト・ブルーブック のような特殊部隊に頼らないで通常の監視行動の中でこれを取り扱うべきである」 と勧告した。
この勧告に基づき, 米空軍は,
下記のような声明とともに, 1969年12月17日にプロジェクト・ブルーブックを閉鎖した。
〇UFO現象は, 国家安全に対する脅威とは認められない。
〇UFO現象は, 技術の進歩や科学知識の増大に寄与する証拠はない。
〇UFO現象は, 地球外から飛来するという証拠はない。
【参考文献】
『UFOと宇宙』1978年2月号(No.31), 【コンドン白書大批判-解説・コロラド大学UFO科学調査委員会とコンドン白書】
『UFOと宇宙人(99の謎)』1978年 ,【世界のUFO研究(南山宏)】
『アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか』, 2015年


参考外部⇒Wikipedia(UFO研究)
●ゴジラ

映画 『ゴジラ』 が作られた昭和29年(1954年)当時は, アメリカの行った水爆実験や 「第五福竜丸」 の被曝事故などから, 核の脅威が社会問題となっていた。
そこで, ゴジラは水爆実験の影響で, 安住の地を追い出された古代生物の生き残りという設定が与えられた。

【参考文献】
『ゴジラ 最強読本』, 2003年


参考外部⇒ Wikipedia (ゴジラ)
参考外部⇒ Wikipedia (ゴジラ (架空の怪獣)
 
●ゴースト・ロケット【幽霊ロケット】

=> 幽霊ロケット の項を参照
 

用語集  TOPへ    このページの  先頭へ
 Copyright (c) 2011-2023. Oomiya