UFOレガシー
UFO・ミステリー事件遺産
 出典ライブラリー

 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.1  詳細  
魔術と占いの神秘
 
魔術と占いの神秘
 (MAGIC, WORDS, AND NUMBERS)
 著者:スチュアート・ホルロイド
 監修:コリン・ウィルソン/クリストファー・エバンズ
 訳者:小野協一
 発行所:学習研究社
 
1977年3月発行:
 (超常世界への挑戦シリーズ-7)
 【0311-168 357-1002】
・1/偶然,魔術,暗号
・2/魔術的対応関係
・3/カバラの秘密
・4/魔術の言葉と呪文
・5/数の魔術
・6/祭儀魔術
・7/石で書いた本
魔女の恐怖
 
魔女の恐怖
 (WITCHES AND WITCHCRAFT)
 著者:ジェレミー・キングストン
 監修:コリン・ウィルソン/クリストファー・エバンズ
 訳者:船戸英夫
 発行所:学習研究社
 
1977年7月発行:
 (超常世界への挑戦シリーズ-11)
 【0311-168 361-1002】
・1/妖術とは
・2/悪魔の手先
・3/大魔女狩り
・4/告発と告白
・5/セーレムの魔女裁判
・6/黒ミサ
・7/白い魔女
・8/妖術は必要か?
魔女の秘法
 
魔女の秘法(トワイライトゾーン別冊)
 監修:魔女バベッタ・佐藤有文
 発行所:KKワールドフォトプレス
 
1984年5月発行:
 【雑誌 06746-5】


◎魔女博物館
 ・悪魔と魔女の世界
 ・中世の魔女たち
◎白魔術の秘法(バベッタ)
◎魔女たちの歴史
 ・魔女と白魔術の起源をたどる
 (文:佐藤有文)
 ・処刑された魔女の裁判記録
 (文:面谷哲郎)
 ・呪われた黒魔術の実践者たち
 (文:秋山幻一郎)
◎世界の魔術師
 ・奇跡の自然魔術師マグヌス
 ・中世最大の白魔術師パラケルスス
 ・中世最大の黒魔術師アグリッパ
 ・死霊を呼び出す魔術師ディー博士
 ・奇跡の魔術師サン・ジェルマン伯爵
 ・空中に浮かぶ魔術師ダニエル・ホーム
 ・インドの神秘魔術師プレリ・シャダ
 ・自然科学の魔術師ロジャー・ベーコン
 ・歴史に残された有名な魔術師
◎白魔術と黒魔術(構成・解説:佐藤有文)
        :
魔の特異日
魔の特異日
 
−大事故・大事件はなぜ特定の日に集中するのか?−
 著者:井上赳夫
 発行所:ごま書房
 (ゴマブックス1096)

 1976年9月発行:
 【0244-01096-2429】


◎第1章/空・海を支配する"魔の特異日圏"
 (1)航空事故は,ある特定の日に起こる
 (2)空だけではない,海でも同じ現象が
 (3)その日,空・海に何が起こったか
◎第2章/特異日が大列車事故・大火災を引き起こした!
 (1)地上の事故の背後にも魔手は及んでいる
 (2)特異日は"錯誤"を誘発する
◎第3章/特異日の魔手は人間の頭を狂わせる!
 (1)暗殺・革命は見えざる手に左右される
 (2)戦争・ゲリラ活動にも恐怖の連鎖がある
 (3)人間を狂わせるもう一つの魔手
◎第4章/暴かれた"魔の特異日"の正体
 (1)"特異日"は大宇宙からやってきた
 (2)"バーミューダ海域"の謎も,特異日で解ける
魔法-その歴史と正体
 (世界教養全集20)


魔法-その歴史と正体
 (世界教養全集20)

 著者:K・セリグマン
 訳者:平田寛
 発行所:平凡社
 
1961年7月発行:
 【0339-820202-7600】


◎メソポタミア
◎ペルシア
◎ヘブライ
◎エジプト
◎ギリシア
◎グノシス説
◎ローマ帝国
◎錬金術
◎中世
◎悪魔
◎魔法
◎悪魔の儀式
◎七人の肖像
◎カバラ
◎魔術
◎改革者たち
◎十八世紀
◎エピローグ
魔法入門
魔法入門
 著者:W・E・バトラー
 訳者:大沼忠弘
 発行所:角川書店
 
1974年6月発行:
 (角川文庫-3289) 
 【0111-323701-0946(0)】


◎T/魔法−その儀式と効力と目的
 ●第1章/定義と外観
 ●人格
 ●魔法の根拠
 ●魔法の道具立て
 ●エドムの王たち
 ●祈祷と降霊
     :
◎U/魔法使い−その訓練と仕事
 ●第1章/展望
 ●第2章/魔法使いの訓練
 ●第3章/魔法の鍵
     :
幻のアトランティス伝説
幻のアトランティス伝説
 −海底帝国の謎−
 (LES SECRETS DE L'ATLANTIDE)
 著者:アンドルー・トマス
 訳者:青木榮一
 発行所:二見書房
 (サラ・ブックス88)
 1976年6月発行:
 【0298-761151-7339】


・第1章/アトランティス大陸の滅亡
・第2章/アトランティス大陸からの脱出
・第3章/大洪水以前の植民地
・第4章/神々が人類とともに歩んだとき
・第5章/謎の種族の残した痕跡
・第6章/人類の遺産と太古の科学
・第7章/大洪水以前の地下宝庫
・第8章/すべては以前に起きた
・第9章/伝説から発見へ
幻の巨大生物と未確認生物
幻の巨大生物と未確認生物
 −この巨大モンスターたちは実在する!!−
 著者:並木伸一郎
 発行所:竹書房
 
2013年7月発行:
 【ISBN978-4-8124-9519-3 C0076】

●ACT1/水面下に潜む巨大生物
●ACT2/天と地の巨大生物
●ACT3/幻の巨大UMA
●ACT4/漂着する巨大生物
●Column/驚異の巨大昆虫
幻の古代生物99の謎
幻の古代生物99の謎
 −ネス湖の怪物は生きた化石か−
 著者:小畠郁生
 発行所:産報
 (SANPO BOOKS-114)
 
1976年12月発行:
 【0376-611314-2779】

・1/未知への疑問
 (ネッシーの投げかける謎とはなにか)
・2/ネス湖の謎
 (なにが起きたのか)
・3/ネス湖の怪物
 (調査事実を検討しよう)
・4/怪物の正体
 (ネッシーとはなにか)
・5/怪物への疑問
 (ネッシーの生態を考える)
・6/未知の動物
 (空想か実在か)
・7/幻の古生物
 (いまも,どこかに生きているか)
・8/失われた生物
 (恐竜はなぜ滅んだか)
・9/私の進化論
 (過去と現在を結ぶもの)
幻の超古代帝国
 アスカ
幻の超古代帝国 アスカ
 −ついに発見された人類最古の地球文明−
 著者:五島勉
 発行所:祥伝社
 
1985年5月発行:
 【ISBN4-396-10249-6 C0225】

◎第1章/人類史をくつがえす衝撃!
 ●史上空前の巨大文明を暗示する"アスカ"の発見
◎第2章/失われた最古の薬園"アスカ"
 ●何を意味する?
 滅びた太古文明間の不気味な共通点
◎第3章/浮かびあがる超古代文明の正体
 ●インドの秘典,
 そして聖者マハナディが語る"人類の記憶"
◎第4章/地球をおおう"アスカ"の記憶
 ●はるか一万数千年前,
 高度文明を持つ「アスカ超大陸」があった
◎第5章/アスカ超古代文明は,なぜ滅びたか
 ●聞け,未来へ発信される戦慄の警告を


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.2  詳細  
マヤと古代文明
 
☆マヤと古代文明
 −封印された真実−
 発行所:宝島社
 
2016年11月発行:
 (TJ MOOK)
  【ISBN978-4-8002-6172-4 C9476】

◎最新トピックスでわかるマヤ文明の謎
◎青山和夫教授インタビュー
 セイバル遺跡発掘調査最前線
◎遺跡で知るマヤの歴史と文化
 ●世界観と信仰
 ●死生観と生贄
 ●戦争と交易
 ●都市と建築
 ●天文学と暦
 ●文字と数学
 ●生活&文化
◎マヤ文明と深くかかわる
  メソアメリカの他文明
◎最新トピックスでわかるエジプト文明の謎
 ●クレオパトラの海中神殿
 ●ピラミッド調査最前線
 ●ツタンカーメン王墓で新発見か
 ●科学的調査が進むミイラ
◎最新トピックスでわかる
 メソポタミア・インダス文明とスキタイの謎
 ●ウルの発掘がついに再開
 ●平和主義を覆す発見
 ●スキタイの黄金埋蔵品
◎最新トピックスでわかる
 中国古代文明の謎
 ●中国考古学六大新発見
 ●幻の夏王朝の宮殿
 ●始皇帝陵墓の全容
 ●曹操の墓の大発見
マヤ文明
 
マヤ文明
 −世界史に残る謎−
 著者:石田英一郎
 発行所:中央公論社
 1967年3月発行: 
 【中公新書127】

・T/マヤ文明の発見
 出会い
  :
・U/征服当時のマヤ
 古文明復元の道
  :
・V/マヤの宗教と暦数
 偶像と血の供犠
  :
・W/歴史をさかのぼる
 羽毛のヘビ
  :
・X/マヤ文明の形成と源流
マヤ文明の神秘
 
マヤ文明の神秘 −惑星Xの謎−
 (MYSTERY OF THE ANCIENTS
  Early Spacemen and the Mayas)
 
 著者:エリック・ウムランド、クレイグ・ウムランド
 訳者:高山信雄
 発行所:佑学社
 1975年4月発行:

・第1章/未解決の問題
・第2章/長期計算
・第3章/暗号解読
・第4章/ピラミッド崇拝
・第5章/車輪の神秘
・第6章/侵害する密林
・第7章/人間・マヤ族・細菌
・第8章/小惑星群「パズルの一部」
・第9章/月の裏側
・第10章/南極大陸
・第11章/アトランティス・ムー・レムリア「氷河時代の島々」
・第12章/地球「宇宙の宝庫」
・第13章/マヤの脅威
マヤ文明の謎
マヤ文明の謎
 
−日本テレビ・日曜スペシャル・
  ドキュメントシリーズ第3弾−
 監修:小松左京
 執筆者:小松左京、増田義郎、
  豊田有恒、金子明
 写真:紫田なみぞう
 発行所:日本テレビ放送網
 1978年7月発行:
 【1320-980530-8715】
・代表的マヤの遺跡
・ラ.ベンタ野外博物館
・マヤ文明の謎
・現代マヤの生活
・マヤ文明の遺跡を探る
・マヤ文明の系譜
・マヤ文明の謎を探る
・座談会/マヤ文明を語る
    :
マヤ文字を解く
 
マヤ文字を解く
 著者:八杉佳穂
 発行所:中央公論社
 1982年3月発行:
 【中公新書644】

・第1章/マヤ文字の解読にむけて
 歴史を語りはじめたマヤ文字
     :
・第2章/暦とアルファベット
 ランダの「ユカタン事物記」
 260日暦
     :
・第3章/数字
 丸と棒で表す方法
 頭字体で表す方法
     :
・第4章/時を記す方法
・第5章/テキストの分析ににむけて
・第6章/テキストの分析
マンガ実録!
 UFO・宇宙人衝撃の新説

マンガ 実録!
 UFO・宇宙人 衝撃の新説

 −ロズウェル事件70年目の最終結論−
 監修:TOCANA編集部
 発行所:宝島社
 
2017年1月発行:
 【ISBN978-4-8002-6391-9 C0095】


◎はじめに/ロズウェル事件がもたらしたもの
◎第1章/「ロズウェル事件」
 回収された宇宙人の新証拠写真
◎第2章/「フー・ファイター事件」
 UFOと戦った軍人
◎第3章/「ナチスのUFO開発」
 秘密軍事兵器とUFO
◎第4章/「エイリアン・アブダクション」
 宇宙人に誘拐された民間人
◎第5章/「トランカス事件」
 宇宙人と民間人の接触
◎第6章/「介良事件」
 日本の奇妙なUFO事件
◎第7章/「ヒラリー発言」
 UFOについて言及した政治家たち
◎第8章/「スノーデン発言」
 UFOは宇宙人ではなく地底人」の乗り物?
◎第9章/「スペースX社ロケット爆発事件」
 そして明らかになるロズウェル事件の真実
曼荼羅
 
曼荼羅
 −色と形の有するもの−
 著者:松長有慶
 発行所:大阪書籍
 (朝日カルチャーブックス19)
 1983年3月発行:
 【ISBN4-7548-1019-8 C0315】

・曼荼羅のなりたちと変遷
・真言数学から見た両部曼荼羅
・空海の哲学と曼荼羅
・美術史からみた両部曼荼羅の種々相
・胎蔵曼荼羅にみるインドの神々
・金剛界曼荼羅の構成
・曼荼羅の変りだね
 「金剛界曼荼羅の種々相」
・密教の忿怒尊
・深層心理学と曼荼羅
・金剛界マンダラのダイナミズム
 「マンダラの美を読みなおす」
マンダラ
マンダラ
 −出現と消滅・西チベット仏教壁画の宇宙−
 写真:加藤敬
 構成:杉浦康平
 図版解説:ツプテン・パルダン師+小林暢善
 発行所:西武美術館
 1982年発行:
マンモスと恐竜の世紀
  
マンモスと恐竜の世紀
 
−動物界の謎−
 著者:ロシキン他
 訳編:金光不二夫
 発行所:文一総合出版   
 
1978年10月発行:
 自然界の驚異シリーズ
 【0340-80014-7354】
◎第1部/謎につつまれるマンモス
・第1章/マンモスは今も生きている!?
・第2章/絶滅の謎をめぐって
・第3章/マンモスと旧石器人
◎第2部/恐竜の絶滅とネッシーの謎
・第1章/いつ,なぜ恐竜は絶滅したか
・第2章/ネッシー−それは恐竜の生き残り!?
未確認生物UMA
 衝撃の新事実

未確認生物UMA 衝撃の新事実
 −禁断の大発見140体!−
 著者:山口敏太郎
 発行所:宝島社
 
2016年6月発行:
 【ISBN978-4-8002-5635-5 C0095】


◎Chapter1/類人型UMAの正体
 ・偉大なるビッグフット
 ・東北地方を盛り上げるガタゴン
 ・タラ川に現われたモノス
     :
◎Chapter2/水中・水辺に棲むUMA
◎Chapter3/生きる化石?爬虫類型UMA
◎Chapter4/古代の巨大生物恐竜型UMA
◎Chapter5/大空を駆け巡る飛行型UMA
◎Chapter6/正体不明の不思議UMA
◎Chapter7/目撃例多数!獣系UMA


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.3  詳細  
未確認飛行物体
 -UFOの奇妙な真実-

 
未確認飛行物体−UFOの奇妙な真実−
 (UFO)
 著者:ポール・ホワイトヘッド
  ジョージ・ウィングフィールド
 訳者:浅間ゆう子
 発行所:創元社
 (アルケミスト双書)
 
2013年8月発行:
 【ISBN978-4-422-21467-2 C0311】
・歴史的な奇妙なできごと
・初期の空飛ぶマシーン
・宇宙は大きい
・空飛ぶ円盤
・墜落と接近遭遇
・詐欺師とペテン師
・卵型の物体
・アブダクション
・空想にふけって
・ウォーミンスターの怪物
    :
    
未確認飛行物体
 UFOの謎

未確認飛行物体UFOの謎
 著者:並木伸一郎
 発行所:学研パブリッシング
 
2013年11月発行:
 (MU SUPER MYSTERY BOOKS)
 【ISBN978-4-05-405842-2 C0244】


・第1章/異形のUFOドローンズ
・第2章/太陽近傍に出現する謎のUFO
・第3章/アポロ計画と宇宙空間のUFO
・第4章/UFO事件クロニカル1
・第5章/UFO事件クロニカル2
・第6章/コンタクティが撮影したUFO
・第7章/地球と他天体に墜落したUFO
・第8章/日本列島上空に飛来したUFO
ミステリー・サークルの謎
         
ミステリー・サークルの謎
 −奇怪な円形に秘められた驚異−
 (CIRCULAR EVIDENCE)
 著者:バット・デルガード
  コーリン・アンドルーズ
 編著・訳:南山宏
 発行所:二見書房
 (サラブレット・ブックス557)
 
1990年6月発行:
 【ISBN4-576-90065-X C0298】
・サーキュラー・エビデンス
 -イギリス南部に出現したサークルの調査記録-
・サークルとリングの奇妙な構造
・ミステリアスな仮説と推理
・世界中で発生しているミステリー・サークル
・地球と宇宙を結ぶ謎の幾何学パターン(南山宏
ミステリー・ゾーンへの飛行
ミステリー・ゾーンへの飛行
 (航空ジャーナル別冊)
 発行所:航空ジャーナル社
 
1982年7月発行:
 【雑誌63775-09】


・第1部/トワイライト・ゾーンへの飛行
 ・ムーンライト・セレナーデ
  <霧に消えたバンドリーダー>(田村俊夫)
 ・バード,北極飛行の怪(中村浩美
 ・イヤハート消失の謎(横森周信
 ・エミー・ジョンソンの伝説(田村俊夫)
 ・ヴォスホートのミステリー(江藤厳)
・第2部/霊界への飛行(横森周信
 ・第1話/嵐の北大西洋
 ・第2話/R101炎上す
 ・第3話/証言する心霊たち
・第3部/UFO
 ・激談!「未確認飛行物体」
 −UFO・宇宙人・第三の選択−
  矢追純一横森周信:<司会>中村浩美
水の惑星99の謎
水の惑星99の謎
 −海と生命の宇宙船−
 著者:日下実男
 発行所:産報
 (SANPO BOOKS-122)
 
1977年5月発行:
 【0376-611322-2779】

・1/宇宙の水
 (地球は,なぜ水惑星とよばれるのか)
・2/地球の偶然
 (どうして水を手に入れたか)
・3/地球の進化
 (なぜ,われわれはここにいるのか)
・4/海の生態
 (自然と真に向き合うために)
・5/海の科学
 (ひとつの文明をきずきうるか)
・6/深い海
 (残された地球最後の領域か)
・7/海の進化
 (太古の海の構造を探る)
・8/海からの情報
 (謎だらけの海洋を探る)
・9/宇宙船地球号
 (50億年のはるかな旅)
・10/ヒトと水の惑星
 (地球の未来は,バラ色か)
未知の世界
未知の世界 −私の古生物誌−
 著者:吉田健一
 発行所:図書出版社
 
1975年9月発行:
 【0045-754001-5306】

・T/ロッホ・ネスの怪物その他
・U/マンモスは生きている
・V/大きな魚
・W/鳥
・X/失われた民族
・Y/藻の海と密林
・Z/われわれの祖先が見た怪獣の群
・[/巨人と竜
・\/足跡
・]/消えた大陸
ミトラ 超古代の予言
ミトラ 超古代の予言
 著者:高橋義夫
 発行所:コア出版
 
1978年8月発行:
 (オレンジコア・シリーズ)
 【0200-0012-7629】

◎第1章/謎の絵文字
◎第2章/聖の火祭り
◎第3章/異史・日本史
◎第4章/山人記
◎第5章/古代の咒禁師
◎終章/ミトラの日・
ミラレパ
 
ミラレパ
 −チベットの偉大なヨギー−
 訳編:おおえまさのり
 発行所:めるくまーる社
 
1980年8月発行:

・第一の巻「無明の道」
 第1章/家系と誕生
 第2章/惨苦
 第3章/黒魔術の修行
・第二の巻「光明の道」
 第4章/聖なるダルマの希求
 第5章/試練と苦行
 第6章/奥義伝授
 第7章/グルの導き
 第8章/グルからの出離
 第9章/放棄
 第10章/寂静の地での瞑想
 第11章/修行の地と有情の済度
 第12章/ニルヴァーナ
見る月見られる月
見る月見られる月
 
−人は地球を離れるか−
 (現代の博物誌 月)
 著者:有馬次郎
 発行所:社会思想社
 (現代教養文庫902)
 
1976年12月発行:
 【0140-10902-3033】
●"月"の歴史(文:里深文彦)
●月光の生態学(文:中山茂)
◎1章/月を眺めよう
◎第2章/人々は月をどう見てきたか
◎第3章/月のリズムと地上の生活
◎第4章/タイム・マシンに乗って
◎第5章/人は地球を離れるか


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.4  詳細  
民間防衛
 
民間防衛 −スイス政府編−
 (Zivilverteidigung)
 著者:Albert Bachmann/
  Georges Grosjean
 翻訳:原書房編集部
 発行所:原書房
 原書発行:スイス連邦法務警察省
 
1970年10月発行:
 (0031-30220-6945)
●平和
●戦争の危険
●戦争
●戦争のもう一つの様相
●レジスタンス(抵抗活動)
●知識のしおり
無人兵器
 最新の能力に驚く本

 
無人兵器 −最新の能力に驚く本−
 著者:白鳥敬
 発行所:河出書房新社
 (KAWADE夢文庫)
 
2016年2月発行:
 【ISBN978-4-309-49936-9 C0130】

●1章/偵察から攻撃まで空を支配する無人機
●2章/陸・海に配備される最新ロボット兵器
●3章/無人兵器の威力を支える先端テクノロジー
●4章/すでに戦闘状態にあるサイバー空間の無人兵器
●5章/"無人で攻撃する"発想&技術の原点になった兵器)
●6章/冷戦期のトライ&エラーで大進化した無人兵器
●7章/"兵器の無人化"で未来戦はどう変わるか
ムー大陸
ムー大陸
 −太平洋の失われた大陸−
 著者:ジエームズ・チャーチワード
 訳者:小泉源太郎
 発行所:大陸書房
 (MUBOOKS)
 
1977年2月発行:
 【0225-005012-4424】

◎第1章/失われたエデンの園
◎第2章/輝ける太陽の帝国
◎第3章/ムー大陸の大陥没
◎第4章/太平洋に眠るムーの遺跡
◎第5章/アトランチス大陸と地中海
◎第6章/北米大陸の古代遺跡
◎第7章/中米の埋もれた都市
◎第8章/東洋の神秘な国々
ムー的古代遺跡
ムー的古代遺跡
 −謎に満ちた世界の古代文明を
  独自の超仮説で解明する!!−
 著者:並木伸一郎
 発行所:学研プラス
 
2016年1月発行:
 【ISBN978-4-05-406382-2 C0020】

●1章/エジプト古代遺跡群
●2章/世界のピラミッド
●3章/聖地・神殿
●4章/超古代都市
●5章/壁画・洞窟・巨石
●6章/地上絵
●7章/地底遺跡
●8章/日本の超古代文明
●9章/宇宙文明遺産
ムー的世界の新七不思議
ムー的世界の新七不思議
 −超巨大建造物から超常事件の現場まで−
 著者:並木伸一郎
 発行所:学研プラス
 
2017年6月発行:
 【ISBN978-4-05-406561-1 C0076】

●1章/フィロンの七不思議
●2章/7つの超古代文明
●3章/日本の超古代文明
●4章/『聖書』の七不思議
●5章/UMAの七不思議
●6章/UFOの七不思議
●7章/7種の異人類
●8章/7つの秘密結社
●9章/7つの隠し財宝
●10章/7種の異次元空間
ムー的都市伝説
ムー的都市伝説
 −摩訶不思議な伝承や
  噂話に隠された真実に迫る!!−
 著者:並木伸一郎
 発行所:学研パブリッシング
 
2015年7月発行:
 【ISBN978-4-05-406291-7 C0040】

◎1章/巨人・小人・妖精
◎第2章/UMAの呪い
◎第3章/吸血鬼・人狼
◎第4章/怪人・魔人
◎第5章/地球の神秘
◎第6章/火星・月面の謎
◎第7章/UFO・エイリアン
◎第8章/秘密結社と陰謀論
◎第9章/霊の住処
ムー的未解決事件
ムー的未解決事件
 −常識では説明がつかない
  ミステリーケースに挑戦!!−
 著者:並木伸一郎
 発行所:学研プラス
 
2016年6月発行:
 【ISBN978-4-05-406445-4 C0040】

◎1章/UFO遭遇事件
 ●ロズウェル事件
 ●アズテック事件
 ●オーロラ事件
 ●ケクスバーグ事件
 ●介良事件
 ●山形のUFOサークル事件
 ●日航機アラスカ沖事件
 ●バレンティッチ事件
 ●フーファイター事件
 ●レンデルシャムの森事件
◎2章/エイリアン接触事件
◎3章/猟奇惨殺事件
◎4章/大規模奇現象
◎5章/マリアの奇跡
◎6章/陰謀・隠蔽事件
◎7章/心霊・怨霊事件
◎8章/未確認ん生物事件
◎9章/怪人事件
ムー4月号別冊
消された日本超古代史の真実
ムー4月号別冊
消された日本超古代史の真実
 編集:小崎雄
 発行所:学研プラス
 
2017年3月発行:
 【4910085120479 00648】

●地底に巨人ネフィリムが存在した!!
(文:飛鳥昭雄+三神たける)
●五色人と地底エイリアンの謎
(文:飛鳥昭雄+三神たける)
●アドルフ・ヒトラーは今も生きている!!
(文:飛鳥昭雄+三神たける)
●歴史を覆す古史古伝正統「竹内文書」の謎
(文:布施泰和
●剣山にイエス・キリストが来ていた!!
(文:高嶋興晴)
●古史古伝「九鬼文書」が明かす「艮の金神」の正体
(文:古銀剛)
●天孫は富士山に降臨した!!
(文:古銀剛)
●失われた超古代「富士王朝」と艮の金神大予言
(文:古銀剛)
●卑弥呼の宿敵「卑弥弓呼」の墓を発見!?
(文:古銀剛)
ムーNEWS年鑑2013
ムーNEWS年鑑2013
 −2013年の不思議ニュースを一挙掲載!−
 編集制作:小崎雄/望月哲史
 編集人:土屋俊介
 発行所:学研パブリッシング
 
2013年12月発行:
 【ISBN978-4-05-610320-5 C9476】

7大ニュース/
●1/ダイオウイカ撮影!巨大生物が話題に!!
●2/ロシアの巨大隕石はUFOが撃墜していた!?
●3/アタカマ超小人の正体が判明!?
●4/大西洋に伝説のアトランティス発見!
●5/元CIAスノーデン,地底人を語る!
●6/太陽に巨大UFO大量出現!!
●7/マヤ予言は3年ずれていた!?古代エジプト終末大予言
◎火星ミステリー・フォト
◎グリーンランド深海の半魚人映像
◎ムーNEWS年鑑2013
●台湾に半透明エイリアン現る!
●ストーンヘンジに陽光で浮き上がる彫刻が発見される!
●アメリカ東部で謎の有翼生物目撃
●イギリスのテレビ局が人造人間を作成
●中国が月面に地球外文明の古代遺跡を発見!
●アメリカの砂漠を紫の粒状物体が覆う!
●ローマ法王ベネディクト16世退位!!
●インドネシアで異星人からのメッセージ発見
●尾に目がある人工オタマジャクシ誕生
●赤外線を感知する人工強化ネズミ誕生
●鳥のフンがキリストの顔に!
●中国で豚面魚が,イギリスで怪生物の死骸が発見
●ロシアに異次元の扉スターゲイトが開いた!
  :
滅亡のシナリオ
 
滅亡のシナリオ
 −原作=ノストラバムス/演出=ヒトラー,
  いまも着々と進む1999年への道−
 著者:川尻徹
  週刊プレイボーイ特別取材班
 発行所:祥伝社
 
1985年2月発行:
 (NON・BOOK-245)
 【ISBN4-396-10245-3 C0210】

・第1章/いま明かされる"ノストラダムス計画"
 (第二次世界大戦は,ヒトラーの"第四帝国"建設への布石だった!)
・第2章/ヒトラー総統は三人だった!
 (ベルリン陥落後,ヒトラー復活の操作が行われていた!)
・第3章/謎の"最終軍団"は実在した!
 ("第四帝国"建設のために組織された"影の人々")
・第4章/ヒトラーの"第四帝国"はどこに
・第5章/1999年,滅亡のシナリオ
・付章/日本も"ノストラダムス"計画に組み込まれていた!
    


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.5  詳細  
モスクワ上空の怪奇現象
 
モスクワ上空の怪奇現象
 −初公開されたUFOリポート−
 ノーボスチ通信社編
 訳・監修:佐藤利郎
 発行所:二見書房
 
1991年5月発行:
 (サラ・ブックス)
 【ISBN4-576-91056-6 C0298】

・序/ソ連のUFO学研究について
・UFOブームに湧き返るソ連
・ユーフォロジー委員会のアジャジャ議長に聞く
・「ベルミの奇跡」の謎
・異星人との遭遇体験リポート
・大反響を呼んだ「モスクワ・UFO展覧会」
・未知の惑星への不思議な旅
・UFOに乗っているのは誰か?
・ペレストロイカのもとでUFO研究
・「空飛ぶ円盤」から「異星文明の使者」へ
・人類は古代から異星文明と接触していた
モスマンの黙示
 
モスマンの黙示
 (THE MOTHMAN PROPHECIES)
 著者:ジョン・A・キール
 訳:植松靖夫
 編・監修:南山宏
 解説:並木伸一郎
 (超科学シリーズ2)
 発行所:国書刊行会
 1984年3月発行:
・1/魔王、ウェスト・ヴァージニア州に現わる
・2/寒空に忍び寄る影
・3/羽撃く黒い影
・4/問題提起
・5/雨中に降り立ったコールド氏
・6/蛾人間だ!
・7/耳からの出血
・8/亡者の行進
・9/目を醒ませ、そこだ!
   :
     
元米陸軍情報将校が解明した真相
原爆と秘密結社

元陸軍情報将校が解明した真相
  原爆と秘密結社
 (Atomic Bomb Secrets
 −なぜ聖地ナガサキが標的とされたのか−
  著者:ディビッド・J・ディオニン
 訳:平和教育協会
 発行所:成甲書房
 2015年7月発行:
 【ISBN978-4-88086-329-0 C0030】

◎第1部/誰が何のために原爆を創ったのか
・第1章/この世界に原爆を生んだ秘密結社
・第2章/秘密結社と血の掟
・第3章/複合する邪悪勢力
◎第2部/なぜ長崎に原爆が落とされたのか
・第4章/日本の原爆開発計画
・第5章/「日本バチカン」長崎の特殊事情
・第6章/秘密作戦
・第7章/厳重に封印された秘密
「矢追純一」に集まる
未報道UFO事件の真相まとめ
「矢追純一」に集まる
  未報道UFO事件の真相まとめ
 −巨大隕石落下で動き出したロシア政府の新提言−
 著者:矢追純一
 発行所:明窓出版
 
2014年9月発行:
 【ISBN978-4-89634-347-2 C0093】

・第1章/続々と明らかになるUFO情報
・第2章/太陽系の異変が伝える地球の危機
・第3章/ソ連時代から宇宙人と交信していたロシア
・第4章/さまざまなプロジェクトで明らかになるUFO・宇宙人情報
・第5章/ロシアはソ連時代からUFOを開発していた!
・第6章/アメリカは宇宙人と密約を交わしている!
・第7章/NASAとエリア51とペンタゴンの闇
・第8章/独自取材が明らかにするナチスの闇と地底世界情報
・第9章/火星人から地球人へのメッセージ
矢追純一は宇宙人だった!?
矢追純一は宇宙人だった!?
 −木曜スペシャルUFO特番の裏−
 著者:矢追純一
 発行所:学研パブリッシング
 
2014年7月発行:
 【ISBN978-4-05-406060-9 C0076】

・第1章/私だけが見たユリ・ゲラー
・第2章/エリア51と恐怖の秘密機関
・第3章/死と隣りあわせの少年時代
・第4章/勉強してはいけない少年時代
・第5章/流れのままに日本テレビ入社
・第6章/面白い番組のつくり方
・第7章/「宇宙塾」で伝えたいこと
矢追純一UFO極秘ファイル
読み切りコミック
 
矢追純一UFO極秘ファイル
 読み切りコミック

 監修:矢追純一
 発行所:竹書房
 
2004年5月発行:
 【ISBN4-8124-5987-7 C9979】

・「ロズウェル事件57年目の真実」
 (木ノ花さくや)
・「アポロ宇宙飛行士が月面で見てしまったもの」
 (GO_GO SUNEBO)
・「宇宙からやって来た誘拐者」
 (かぢばあたる)
・「国家最高機密の公文書MJ-12」
 (前田俊夫)
      : 
ヤオイズム
ヤオイズム
 −頑張らないで生き延びる−
 著者:矢追純一
 発行所:三五館
 
2016年1月発行:
 【ISBN978-4-88320-656-8 C0090】

・第1章/なぜ私には一切の恐れがないのか?
 ・悪魔の台地にできた地獄の大穴
 ・恐怖とは真逆の世界にいた私
      :
・第2章/あなたは本当に生きているか
 ・荒野に出現した未来都市「新京」
 ・対人恐怖症の虚弱児
      :
・第3章/ネコは悩まない
・第4章/じつはあなたが宇宙そのもの
・第5章/思いどおりに生きるコツ
・第6章/一子相伝を起こそう!
 
邪馬台国
邪馬台国
 
−入墨とポンチョと卑弥呼−
 著者:大林太良
 発行所:中央公論社
 1977年4月発行:
 【中公新書466】

・序章/倭人伝の世界
・第1章/風俗記事研究の歩み
・第2章/倭人の服飾
・第3章/南方的要素と北方的要素
・第4章/倭人社会の段階と類型
・第5章/倭人の婚姻と女性の地位
・第6章/卑弥呼の神聖王権
・第7章/東夷のなかの倭人
・第8章/倭国大乱の原因と結果
邪馬台国の秘密
邪馬台国の秘密
 −長編推理小説 書下ろし−
 著者:高木彬光
 発行所:光文社
 (KAPPA BOOKS)
 
1973年12月発行:
 【(分)0-2-93(製)02242(出)2271 (0)】


・めずらしや神津恭介
・邪馬台国はいずこに
・万人の認め得る修正
・男子みな黥面分身す
・われらいざ旅立たん
     :
邪馬台国は沈んだ
邪馬台国は沈んだ
 −つきとめられた幻の国−
 著者:大羽弘道
 発行所:光文社
 (KAPPA BOOKS)
 
1975年1月発行:
 【(分)0-2-21(製)00314(出)2271 (0)】


・第1章/邪馬台国の秘められた島
 (1)海幸・山幸神話は語る
 (2)卑弥呼はどこに住んだか
・第2章/失われた幻の島を求めて
 (1)知訶島は存在したか
 (2)海に沈んだ島
 (3)東経131度29分
・第3章/島の西方に存在した都
 (1)卑弥呼の築いた都市
 (2)邪馬台国への使い
・第4章/邪馬台国を創った人びと
 (1)海から来た邪馬台国
      :
・第5章/第二の邪馬台国の運命


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.6  詳細  
山の不可思議事件簿
山の不可思議事件簿
 −山には「不可思議」が満ちている。−
 著者:上村信太郎
 発行所:山と渓谷社
 2015年10月発行:
 【ISBN978-4-635-32005-4 C0095】

・第1章/奇妙な現象
 ●山の怪現象
 ●山の不思議
 ●山の謎
 ●山の奇跡
・第2章/恐怖と神秘
 ●魔の山
 ●神秘と伝説の山
・第3章/伝説と怪談
 ●山の伝説伝承
 ●山の怪談
・第4章/謎の生きもの
 ●山の怪物
 ●謎の雪男
 ●絶滅動物の謎
ヤマモト・ミッション
山本五十六司令長官機撃墜を可能にしたもの

ヤマモト・ミッション
 (
山本五十六司令長官機撃墜を可能にしたもの)
 著者:平塚柾緒(太平洋戦争研究会代表)
 発行所:PHP研究所
 2010年6月発行:
 【ISBN978-4-569-79051-0 C0030】


◎序章/米太平艦隊艦隊無線班
 ●暗号解読室に飛び込んできたビッグ情報
◎第1章/連合艦隊司令部の前線進出
 ●戦局の分水嶺・ガダルカナル島の死闘
◎第2章/南海の死闘
 ●日米艦隊のはてしない消耗戦
◎第3章/死の島からの脱出
 ●「ケ」号作戦の裏で熾烈な日米諜報戦
◎第4章/山本長官,最前線に立つ
 ●米軍の空海戦力撃滅を狙った「い」号作戦
◎第5章/運命の前線視察計画
 ●アメリカが練り上げた山本長官謀殺作戦
◎第6章/「ヤマモト・ミッション」
 ●「アヒルどもの中には一羽の孔雀がいたようだね」
◎終章/国葬
 ●里帰りした山本長官搭乗機
闇の権力とUFOと日本経済
闇の権力とUFOと日本経済
 著者:中丸薫矢追純一
 発行所:文芸社
 
2014年2月発行:
 【ISBN978-4-286-14840-3 C0031】

・第1章/UFOや宇宙人の実態が公表される日は近い
・第2章/情報の真偽を見抜き,自分はどう行動すべきか考えよう
・第3章/国際紛争の種をまく闇の権力に扇動されないようにしよう
・第4章/アメリカだけが丸もうけのTPPで日本は奴隷化される
 (中丸薫)
・第5章/最新の宇宙人情報について,お話しましょう
 (矢追純一)
       :
闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!
闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!
 −NASA衛星写真(World View)が捉えた真実−
 著者:上部一馬
 情報協力:横石集
 発行所:ヒカルランド
 
2016年12月発行:
 【ISBN978-4-86471-458-7 C0036】

第1章/熊本地震は人工地震だった!?
 ●1/多発する熊本人工地震説の謎を追え!
 ・あり得ない震度7が同時多発的に2度発生した
          :
◎第2章/銀河連盟が動きだした!
 ●1/驚愕の”ハーモニーリング”が獣を追い詰めた
 ・UFO艦隊の地球周回大デモンストレーションが起こった
        :
◎第3章/ハーモニー宇宙艦隊が闇の謀略を暴く
 ●1/”ぶら松”が最後のあがきを繰り出してきた!
 ・「台風ゼロ完全オペレーション」が破られた!?
          :
◎第4章/人類は銀河意識にアセンションする!?
 ●1/地球人類に核兵器,原発は要らない
 ・銀河連盟が闇の政府を追い詰めた!
          :
幽体離脱
 
幽体離脱
 (THE ASTRAL JOURNEY)
 著者:H・B・グリーンハウス
 訳者:岡崎優
 編・監修:南山宏
 解説:梅原隆雅
 (超科学シリーズ-10)
 発行所:国書刊行会
 1984年5月発行:
・1/天井への旅行
・2/歴史にみる離脱体験
・3/「遼遠の門を開く」
・4/離脱の自覚
・5/第二の身体の知覚
・6/幽姿の対物質能力
・7/目に見える第二の身体
・8/奇蹟
・9/日常生活の中の幽姿
・10/幽体離脱体験
     : 
幽霊とは何か
幽霊とは何か
 (A NATURAL HISTORY OF GHOSTS -
  500 YEARS OF HUNTING FOR PROOF)

 −五百年の歴史から探るその正体−
 著者:ロジャー・クラーク
 訳者:桐谷知未
 発行所:国書刊行会
 2016年7月発行:
 【ISBN978-4-336-06006-8】


◎第1章/幽霊屋敷で育って
◎第2章/幽霊の分類法
◎第3章/目に見えるソファー-ゴーストハント小史
◎第4章/ヒントン・アンプナーの謎
◎第5章/テッドワースの鼓手
◎第6章/マコンの悪魔
◎第7章/エプワースの少女
◎第8章/ヴィール夫人の亡霊
◎第9章/幽霊物語の作法
◎第10章/ファニー嬢の新劇場
◎第11章/瀉血と脳の鏡
◎第12章/幽霊の下品さについて
◎第13章/わななくテーブルの秘密
◎第14章/上空の天使と深海の悪魔
◎第15章/レイナム・ホールの茶色の貴婦人
◎第16章/ボーリー牧師館の殺人
◎第17章/恐怖の王とテクノロジーの話
◎第18章/イギリスで最も呪われた屋敷
幽霊とポルターガイスト
 
幽霊とポルターガイスト
 (GHOSTS AND POLTERGEISTS)
 著者:フランク・スミス
 監修:コリン・ウィルソン/クリストファー・エバンズ
 訳者:安田洋平
 発行所:学習研究社
 
1976年12月発行:
 (超常世界への挑戦シリーズ-4)
 【0311-168 354-1002】
・1/見るは信ずるなり
・2/警告と予見
・3/地縛霊
・4/人間以外の幽霊
・5/一族の幽霊
・6/ポルターガイスト
・7/幽霊を探究する人々
・8/謎の解決を目差して
ユダヤ=バチカンの世界支配戦略
ユダヤ=バチカンの世界支配戦略
 −宿敵カトリックを内部から崩壊させ
  人類家畜化を企む陰の帝国を撃つ!−
 著者:太田龍
 発行所:日本文芸社
 
1993年5月発行:
 【ISBN4-537-02355-4 C0233】

◎プロローグ/知られざるバチカン
 ●カトリック協会に穿たれた壮麗なうろ
◎第1章/「ユダヤ=キリスト教」の構図
 ●歴史のなかに塗り込められた欺瞞を暴く
◎第2章/バチカンに仕掛けられた罠
 ●闇に蠢く二妖会の正体が見えた!
◎第3章/解体されていくバチカン
 ●古代から招き寄せていた自らの破滅
◎第4章/聖母マリアを捨て去ったバチカン
 ●"ファティマの奇蹟"が呼びかけるもの
◎第5章/ユダヤ対バチカンの戦いの系譜
 ●イエスに始まる二千年の闘争の終わり
◎第6章/暴かれたバチカンの仮面
 ●いま,ユダヤとの戦いが開始される
ユングの【宇宙人UFO未来】
シンクロニシティ

 
ユングの【宇宙人UFO未来】シンクロニシティ
 −ユングは宇宙人とコンタクトしていた!?−
 著者:コンノケンイチ
 発行所:徳間書店
 
2011年1月発行:
 (5次元文庫095) 
 【ISBN978-4-19-906106-6 C0144】


◎第1章/偶然ではない何か・宇宙を貫く心理の種!
◎第2章/量子力学唯物科学を打ち破る
◎第3章/宇宙シンクロニシティの警鐘
◎第4章/なぜユングはUFOの奥深き謎に挑んだのか?
◎第5章/迫りくる最終戦争と人類の突然変異
◎第6章/宇宙を変えるのは,あなただ!
妖怪と幽霊
妖怪と幽霊
 【男の隠れ家 時空旅人別冊】
 編集人:栗原紀行
 発行所:三栄書房
 2013年10月発行:
 【4910087701034 00743】

・夜の闇にうごめく異界に住む者たち
 (文:戸田栄志、日本民話の会)
・太古より暴れる三大動物妖怪
 (文:間々田正行)
・妖怪画/絵筆で表す物の怪の世界
 (文:西村裕広)
・その他


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.7  詳細  
妖女伝説
 
妖女伝説
 著者:星野之宣
 発行所:集英社
 (ヤングジャンプCOMICS)
 
1981年2月,1981年6月発行:
 【雑誌44210-12,雑誌44210-24】
・第1話/ローレライの歌
・第2話/月夢
・第3話/メドゥサの首
・第4話/蜃気楼ファタ・モルガーナ(前・後編)
・第5話/日高川
・第6話/カーミラの永い眠り
・第7話/沙漠の女王
予言書黙示録の大破局
予言書黙示録の大破局
 −2001年この世に地獄が出現する!−
 著者:有賀龍太
 発行所:ごま書房
 (ゴマブックス)
 
1980年3月発行:
 【(分)0214(製)01216(出)2429】


・1/恐怖の現実
・2/破局の条件
・3/滅亡の序曲
・4/超国家の誕生
・5/世紀末の狂気
・6/最終戦争の開始
・7/終末の地獄
四次元宇宙の謎
四次元宇宙の謎
 (THE FOURTH DIMENSION)
 −超空間から超時間へ−
 著者:ラモン・バルデス・ジュニア
 訳者:南山宏
 発行所:二見書房
 (サラブレッド・ブックス188)
 
1981年8月発行:
 【0298-811160-7339】

・1/超現実の世界と四次元
・2/異端者たちの系譜
・3/存在と知覚の哲学
・4/認識と第六感
・5/時間の壁を越える
・6/心霊研究と超心理学
・7/睡眠と夢−四次元の現象
・8/心霊的自我は不滅か?
・9/四次元の世界
・10/反物質と四次元世界
・11/四次元の証拠−対称性の原理
・12/苦行者の秘術と超常現象
        :
世にも驚異な植物たち
世にも驚異な植物たち
 −超能力で生きのびる!−
 著者:博学こだわり倶楽部〔編〕
 発行所:河出書房新社
 (KAWADE夢文庫)
 
2017年3月発行:
 【ISBN978-4-309-49963-5 C0145】


1章/植物はこうして植物になった
◎2章/動けない植物が身を守る知恵
◎3章/子孫を残すための巧妙な戦略
◎4章/身近な植物が仕掛けるトリック
◎5章/危険植物の攻撃メカニズム
◎6章/奇怪な容姿が秘める生命力
理想郷シャンバラ
   
理想郷シャンバラ
 著者:田中真知
 発行所:学習研究社
 (ポケット・ムー)
 
1984年12月発行:
 【ISBN4-05-101180-1 C0021】


・第一部/シャンバラ探検行
 第1章/シャンバラとは何か
 第2章/シャンバラへの探検者たち
 第3章/ニコライ・レーリヒの旅
 第4章/ナチス第三帝国とアガルタ
・第二部/内なるシャンバラ
 第5章/ホーニヒベルガー博士の秘密
 第6章/サムルング教団を求めて
 第7章/登山とヴィジョン体験
 第8章/あなたもシャンバラに出会える
量子力学・日月神示・般若心経・王仁三郎の超結論
 
量子力学・日月神示・般若心経・王仁三郎の超結論
 −この世〔現実〕はまもなく霊界化する−
 著者:コンノケンイチ
 発行所:徳間書店   
 
2010年12月発行:
 (5次元文庫092) 
 【ISBN978-4-19-906102-8 C0111】


◎第1章/大霊界「いま,ここに」,あなたの中に,あなたと共に実在する!
◎第2章/この世は「特殊な霊界」=「獄舎」である!
◎第3章/【臨死体験と生まれ変わり】獄舎(この世)からの脱走(死)について
◎第4章/【前世の真相】すぐに生まれ変わる,自殺,事故死,暴力死について
◎第5章/この世と霊界はミクロ(量子)の世界でひとつに繋がっていた!
◎第6章/【仏教は知っていた!】あなたこそは霊界をも含む宇宙の大構造そのもの!
◎第7章/なぜ戦争はなくならないのか−霊界の戦争がこの世に移写してくる!!
◎第8章/【2013年:地球の大掃除】まずはあなたの心の中の戦争を終わりにしよう
輪廻転生の秘密
輪廻転生の秘密
 −再生,カルマとそれを越える道−
 著者:本山博
 発行所:宗教心理出版
 
1981年4月発行:
 【ISBN4-87960-024-5 C0014】

・序章/
 ・現実の奥にカルマがある
 ・カルマによる病気と憑依
 ・カルマは自分で解かねばならない
 ・カルマを解く近道
・第1章/個人のカルマ
 ・アストラルの下界/中有の世界
 ・アストラルの上界
 ・この世は道場
    :
・第2章/種々のカルマ
 ・赤縄(夫婦)のカルマ
    :
・第3章/業論
・第4章/インド宗教におけるカルマ論の変遷とその考察
ルールドの奇蹟
   
ルールドの奇蹟
 −聖女ベルナデット事件−
 著者:久保田八郎
 発行所:学習研究社
 (ポケット・ムー)
 
1984年11月発行:
 【ISBN4-05-101175-5 C0211】

・第1章/奇跡のはじまり
・第2章/ベルナデットをめぐる大論争
・第3章/奇跡と警察の弾圧
・第4章/ベルナデットの死
・第5章/カレル博士が見た奇跡
・第6章/現在のルールドと奇跡
●コラム/
 ファチマの奇跡
 カトリック修道会について
 イエスの奇跡
 血や涙を流すマリア像
 奇跡の認定
 アレキシス・カレル博士
 聖痕
霊感の世界(上)
霊感の世界(上)
 ( How To Make ESP Work For You )
 −心の秘境−
 著者:ハロルド・シャーマン
 訳者:早川芳男
 発行所:潮文社
 (潮文社ミステリーシリーズ)
 1974年6月発行:
◎序文
◎常識を超えて
◎心の神秘を探る
◎強い感情に裏づけられて
◎テレパシー通信
◎予感の啓示
◎未来を予知する
◎神秘的な夢の印象
◎肉体離脱の不思議
霊感の世界(下)
霊感の世界(下)
 ( How To Make ESP Work For You )
 −心の秘境−
 著者:ハロルド・シャーマン
 訳者:早川芳男
 発行所:潮文社
 (潮文社ミステリーシリーズ)
 1974年6月発行:
◎催眠術の限界
◎人間の治癒力
◎ESPを応用する
◎霊界通信
◎死者からの通信
◎宇宙時代における心
●訳者あとがき


 (ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.8  詳細  
霊の呼び声
霊の呼ぶ声 
 −ある超能力者の手記−
 (The Link
  The Extraordinary
   Gifts of a Teenage Psychic)

 著者:マシュー・マニング
 訳者:小島和朗
 発行所:佑学社
 1975年4月発行:
◎第1章〜第7章
・イギリスに住む19歳の青年の周囲で起こった不思議な出来事。
 ケンブリッジ大学を中心とした21人の学者グループが、学問的裏づけを行い事実であることを証明した。
◎A・R・G・オーエン博士の報告書
◎あとがき
歴史上の信じられない「偶然の一致」
歴史上の信じられない「偶然の一致」
 編者:歴史ミステリー探訪会
 発行所:廣済堂出版
 (廣済堂文庫)
 
2005年10月発行:
 【ISBN4-331-65386-2 C0122】


・第1章/予言(予言者が語った驚愕の一致)
 ・聖徳太子が『未来記』『未然記』に記した驚きの未来とは!?
    :
・第2章/数字(数にまつわる奇妙な一致)
・第3章/暗号(コードに潜む不思議な一致)
・第4章/人(人物にまつわる因縁の一致)
・第5章/事件(時空を越えた意外な一致)
 ・コラム/現代を震撼させる脅威の一致
 ・ダイアナ元皇太子妃には悲劇的な最期の予言があった
 ・9・11テロの裏には数々の偶然の一致がある
 ・ジェームズ・ディーンの死にまつわる不思議な偶然
      :
歴史人 (別冊 世界史人)
【完全保存版】ヒトラーとナチスの真実

 
歴史人(別冊 世界史人)
  【完全保存版】
   ヒトラーとナチスの真実

 発行所:KKベストセラーズ
 2013年11月発行:
 (BEST MOOK SERIES 27)
  【ISBN978-4-584-20527-3 C9476】
 【雑誌コード 68051-27】

・ヒトラーの生涯/独裁者への道
・ヒトラーはどのように権力を握ったのか?
・ヒトラーの「第三帝国」建設の野望
・ナチスのプロパガンダと政策を徹底解剖
・独裁者ヒトラーを支えた男たち
・ヒトラーの電撃戦と欧州支配の全貌
・世界を震撼させたドイツ装甲師団の全貌
・ドイツ軍VSソ連軍史上最大の死闘
・ホロコースト狂気の全貌
歴史読本臨時増刊
(特集:世界謎の超古代史)

歴史読本 臨時増刊'81-12
  (特集:世界謎の超古代史)
 発行所:新人物往来社
 (歴史読本 臨時増刊号)
 
1981年12月発行:
 【雑誌09618-12】

●特集/世界謎の超古代史
・古代人のサイエンス
 (対談:手塚治虫、寺田和夫)
・失われた大陸
 アトランティス(金森誠也
 ムー(小泉源太郎
 レムリア(浜洋)
・古代人のメッセージ
・宇宙との交流神話
・消えた文明
・宇宙との交信
●特別企画/現代の七不思議
・UFO(南山宏
   :
レムリア大陸
 
レムリア大陸
 −オセアニアの幻の大陸−
 著者:ルイス・スペンス
 訳者:浜洋
 発行所:大陸書房
 (MUbooks)
 1977年2月発行:
 【0225-005011-4424】


・第1章/太平洋に消えた大陸
・第2章/ポナペ島に眠る謎の廃墟
・第3章/島々に残る沈没伝説
・第4章/レムリア大陸の金髪人種
・第5章/科学が推理する大陸の位置
・第6章/海底に消えたレムリア大陸
・第7章/絢爛たるアンデス山中の文明
・第8章/世界文明発祥の地
ロズウェル事件データブック
 
ロズウェル事件データブック
 監修:並木伸一郎
 発行所:学研パブリッシング
 
2010年10月発行:
 「ムー」2010年11月号 別冊特別付録
 B6版


・ロズウェル墜落UFO論はなぜ重要か?
・ロズウェル事件のタイム・ライン
・ケネス・アーノルド事件
・モーリー島事件
・アリゾナの靴の踵型UFO
・ロズウェル事件の公式発表
・プロジェクト・モーガル
・墜落UFOの残骸
・残骸の中の文字
・レイミー・メモ
・ロズウェル・エイリアン
・揺れる第2現場
・核兵器搭載型円盤説
・プロジェクト・トゥラロサ
・ロズウェル事件の研究家
ローマ法王に米を食べさせた男
ローマ法王に米を食べさせた男
 −過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?−
 著者:高野誠鮮
 発行所:講談社
 
2012年4月発行:
 【ISBN978-4-06-217591-3 C0036】


・第1章/「1・5次産業」で農業革命!
 ・「限界集落」の悲しい現状
 ・「1・5次産業」への挑戦!
 ・「人体政治学」「人体経済学」の哲学
 ・会議はやらない。企画書も作らない
 ・上司には,すべて事後報告でスピード化
・第2章/「限界集落」に若者を呼ぶ
・第3章/「神子原米」のブランド化戦略
・第4章/UFOで町おこし
・第5章/「腐らない米」。
 自然栽培でTPPに勝つ!
わが魂を聖地に埋めよ
(上巻)

 
わが魂を聖地に埋めよ(上巻)
 (BURY MY HEART AT WOUNDED KNEE An Indian History of the American West)
 −アメリカ・インディアン闘争史−
 著者:ディー・ブラウン
 訳者:鈴木主税
 発行所:草思社
 
1972年10月発行:
 【0030-0014-4243】


・1/「彼らの態度は礼儀正しく非のうちどころがない」
・2/ナヴァホ族の長い歩み
・3/リトル・クローの戦い
・4/シャイアン族に戦雲せまる
・5/パウダー・リヴァー侵攻
・6/レッド・クラウドの戦い
・7/「良いインディアンは死んでいるインディアンだけだ」
・8/ドネホガワの栄光と没落
・9/コチーズとアッパチ族のゲリラ戦士
わが魂を聖地に埋めよ
(下巻)

 
わが魂を聖地に埋めよ(下巻)
 (BURY MY HEART AT WOUNDED KNEE An Indian History of the American West)
 −アメリカ・インディアン闘争史−
 著者:ディー・ブラウン
 訳者:鈴木主税
 発行所:草思社
 
1972年10月発行:
 【0030-0014-4243】


・10/キャプテン・ジャックの試練
・11/野牛を救うための戦い
・12/ブラック・ヒルズをめぐる戦い
・13/ネ・ペルセ族の逃避行
・14/シャイアン族の大移動
・15/スタンディング・ベアー、人間となる」
・16/「ユート族は立ち去らなければならぬ!」
・17/最後のアパッチ族酋長
・18/幽霊の踊り
・19/ウーンデッド・ニー


(ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.9  詳細  
惑星と生命
惑星と生命
 −生命の誕生する星を求めて−
 著者:宮本正太郎
 発行所:講談社
 
1975年9月発行:
 (ブルーバックス B-273)
 【0247-178736-2253 (0)】

・第1章/太陽系の発見
 1/古代人と惑星
 2/科学の夜明け
 3/太陽系の概観
・第2章/恒星と惑星
 4/わが太陽
 5/恒星の宇宙
 6/惑星をもつ恒星
・第3章/太陽系の大惑星
・第4章/地球型の惑星
・第5章/太陽系の原物資
・第6章/生命の宿る惑星
・第7章/地球と生命の歴史
私が出会った宇宙人たち
 
私が出会った宇宙人たち
 −伝説のコンタクティ30年間の記録−
 著者:ハリー・古山
 発行所:徳間書店   
 
2008年11月発行:
 (5次元文庫038) 
 【ISBN978-4-19-906042-7 C0144】


・第1章/宇宙人はすでにあなたのこんな身近にいる!
・第2章/オレンジ色のUFOに命を救われる
・第3章/あなたも知らずに宇宙人と出会っている!
・第4章/宇宙人「P」にもらった地図でクリスタルでできたピラミッドを発見!
・第5章/アダムスキーが金星人オーソンとコンタクトした本当の場所発見!
・第6章/マイ・ディア・フレンド宇宙人「J」との交流
・第7章/宇宙人も認めてくれた「マリアとイエス」の本当の話
    :
私のエジプト案内
私のエジプト案内
 著者:仁田三夫
 発行所:主婦の友社
 (TOMO選書)

 1978年10月発行:
 【0395-903363-3062】

◎第1章/ものみなナイルに始まる
 ●初めての外国旅行
 ●古代エジプトとの出会い
 ●ルクソールでの驚愕
 ●栄華と侵略の歴史
 ●サダトのゲストハウス
 ●遠くて親しい国,エジプト
◎第2章/古代文明の置きみやげ
◎第3章/古都ルクソールへの旅
◎第4章/アスワン,アブ・シンベルをめぐる
◎第5章/秩序のある混雑の街カイロ
◎第6章/エジプトへ旅立つあなたへ
私はアセンションした惑星から来た
私はアセンションした惑星から来た
  
金星人オムネク・オネクのメッセージ
 (超知ライブラリー031)
 著者:オムネク・オネク
 訳者:益子祐司
 発行所:徳間書店
 2008年3月発行:
 【ISBN978-4-19-862503-0 C0011】

・第1章/アセンションした惑星「金星」からやってきたオムネク
・第2章/金星の科学を支える至高なる神聖の法則とは
・第3章/金星はどのようにしてアセンションを遂げたのか
・第4章/金星で過ごした幼少期時代
・第5章/アストラル界の仕組みと自然の法則
・第6章/金星都市チュートニアと首都レッツ
・第7章/アストラル界の金星でのクリエイティブな生活
・第8章/アセンションした金星から物理的次元の地球へ−生まれ変わりの準備
・第9章/太陽系内の科学_スピリチュアル_人間の超真相
        :
私は宇宙人を知っている
 
私は宇宙人を知っている
 −パソコンネットに飛び交うUFO○秘情報−
 監修:松村潔
 発行所:KKベストセラーズ
 
1991年11月発行:
 (ワニ文庫-30284) 
 【ISBN4-584-30284-7 C0140】


・序/接触(パソコン通信の情報網)
 パソコンネットワークは情報の宝庫
 UFO会議室に衝撃が走る!
 エイリヤン氏の戦慄のレポートを公開
・1/異星人(エイリヤンの通信レポート(1))
 私は宇宙人を実際に知っています
 人間の心の動きは読まれている
 Xと私の奇妙な関係
     :
・2/地球外惑星(エイリヤンの通信レポート(2))
・3/妨害(エイリヤンとの交信レポート)
・4/標的(UFO問題最新レポート)
私は霊界を見て来た
私は霊界を見て来た
 著者:エマニュエル・スウェデンボルグ
 抄訳・編:今村光一
 発行所:叢文社
 
1975年1月発行:
 【ISBN4-7847-0004-0 C0014】

・第1章/死者が霊界に行くまで
 1/プロローグ
 2/死の技術
     :
・第2章/霊界のすべて
 1/霊界とはどんなところか
 2/霊の想念の交通
     :
・第3章/霊界と人間界の関係
 1/生まれ変わった兵士
 2/生き返った娘
     :
ワルチン版 大予言者
 
ワルチン版 大予言者
 (THE BOOK OF PREDICTIONS 1982-2030)
 −あなたは信じるか,恐怖の未来図−
 著者:デヴィッド・ワルチンスキー
  エイミー・ウォーレス
  アーヴィン・ウォーレス
 訳者:大出健
 発行所:二見書房
 1982年2月発行:
 (サラ・ブックス)
 【0296-821101-7339】
・第1章/15人の偉大な予言者たち
・第2章/みごと適中した6大予言
・第3章/はずれた予言・予測もある
・第4章/予言・予測アラカルト
・第5章/終末にむかう足音
・第6章/20人のプロによる未来予測
・第7章/近未来戦争の予測と予言
・第8章/環境を破壊する災害の予言
・第9章/7人の予言者が予測した未来世界
・付録/日本人による大予言
ワルチン版 大予言者 Part2
 
ワルチン版  大予言者 Part2
 (THE BOOK OF PREDICTIONS 1982-2030)
 −全世界の知識人が予見した近未来図−
 著者:デヴィッド・ワルチンスキー
  エイミー・ウォーレス
   アーヴィン・ウォーレス
 訳者:大出健
 発行所:二見書房
 1982年4月発行:
 (サラ・ブックス)
 【0296-821121-7339】
・第1章/大宇宙に羽ばたく大予言
・第2章/科学と交通の大予言
・第3章/仕事と収入に関する大予言
・第4章/生活と社会に関する大予言
・第5章/医学と健康に関する大予言
・第6章/レジャーと教養の大予言
・第7章/SFの世界に見る未来予測
・第8章/SF作家が予見する未来
・第9章/トップレベルの専門家12人の未来予測
・付録/日本人による大予言
10歳からの相対性理論
10歳からの相対性理論
 −アインシュタインがひらいた道−
 著者:都筑卓司
 発行所:講談社
 
1984年10月発行:
 (ブルーバックス B-584)
 【ISBN4-06-118184-X C0242】

・1/相対性理論を一口でいうと
・2/窓際のアルバート
・3/お役所勤めのアルバート
・4/プランクとアインシュタイン
・5/相対性理論をさらに知ろう
・6/時間よ,おそくなれ!というお話
・7/光より速いものをさがそう
・8/相対論の理解者たち
・9/ぴかぴかの大学教授時代
・10/いよいよ一般相対性理論へ
・11/プラハの友と敵
・12/第一次世界大戦と一般相対論
       :
12番惑星ニビルからやってきた宇宙人
  
12番惑星ニビルからやってきた宇宙人
 −シュメール楔型文字が暴いた神々と天使−
 (Divine Encounters .)
 著者:ゼカリア・シッチン
 訳者:竹内慧
 発行所:徳間書店   
 
2011年2月発行:
 (5次元文庫097) 
 【ISBN978-4-19-906104-2 C0139】


◎第T部/人類の起源と宇宙から移植された超古代文明
・第1章/遺伝子操作による人類創造
・第2章/聖書と人類進化の系譜
・第3章/有史以前の失われた超科学文明
・第4章/巨神と半神半人伝説の時代
・第5章/大洪水による人類絶滅の危機
・第6章/ミサイルの国と人類に与えられた三大文明
・第7章/不老不死の一大叙事詩
・第8章/神の血統を生み出す新しき遭遇
◎第U部/旧約聖書の時代と古代中近東の情勢
・第9章/次元変換によって歴史は動く
・第10章/「契約の櫃(アーク)」に秘められた謎
・第11章/UFOに乗った天使と神の使者たち
・第12章/実録−神の顕現とモーゼの十戒
・第13章/見えざる神の預言者たち
・終章/神の正体と壮大なる宇宙の計画


(ま)〜(ん),(0)〜(9)  NO.10  詳細  
137億年の宇宙の神秘
137億年の宇宙の神秘
 −太陽系の惑星から星雲,銀河まで,
  写真が捉えた宇宙の決定的瞬間!−
 編者:宇宙科学研究倶楽部
 発行所:学研パブリッシング
 
2015年7月発行:
 【ISBN978-4-05-406286-3 C0044】


・Part1/太陽系−
 最新技術で見えてきた私たちの惑星系
・Part2/星雲−
 星が生まれては消えていく神秘の空間
・Part3/銀河−
 無数の星が形作る謎に満ちた世界
・Part4/宇宙の過去と未来の姿を知る
1945年のクリスマス
1945年のクリスマス
 −日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝−

 著者:ベアテ・シロタ・ゴードン
 構成/文:平岡麿紀子
 発行所:朝日新聞出版
 2016年6月発行:
 (朝日文庫)
 【ISBN978-4-02-261857-3 C0123】
・プロローグ/再会−1945年12月24日
・T/焦土の日本に帰る
・U/父と母の町・ウィーン
・V/乃木坂の家の日々
・W/大戦下のアメリカで暮らす
・X/日本国憲法に「男女平等」を書く
・Y/既婚女性とやりがいのある仕事
・Z/新しい道 アジアとの文化交流
・エピローグ/ケーディス大佐と日本を訪れて−1993年5月
1999年アルマゲドンの全真相
1999年アルマゲドンの全真相
 −千年紀の終わりに何が起こるのか?−
 著者:平川陽一
 発行所:廣済堂出版
 
1999年5月発行:
 (廣済堂文庫ヒューマンセレクト)
 【ISBN4-331-65271-8 C0198】

・第1章/『黙示録』に描かれた恐怖の未来
・第2章/大予言者たちの謎の予告
・第3章/公開されないファティマの予言
・第4章/マヤ暦が告げる滅亡のタイムリミット
・第5章/近未来の恐怖劇
1999年運命の日
1999年 運命の日
 (DOOMSDAY 1999 A.D.)
 −地球人類を待ちうける恐怖の大予兆!−
 著者:チャールズ・バーリッツ
 訳者:南山宏
 発行所:二見書房
 
1981年5月発行:
 (サラ・ブックス)
 【0298-811140-7339】

・第1章/破滅の日−西暦2000年
・第2章/世界が終らなかった日
・第3章/古代の予言−世界は20世紀で終る
・第4章/破滅へのカウントダウン
・第5章/コスモスからの脅威
・第6章/パンドラの箱を開く
・第7章/太古の核実験
・第8章/かつて世界は滅亡した?
・第9章/海に沈んだ地球
・第10章/大洪水の不可解な遺物
・第11章/未来への箱舟
1999.8.18 ノストラダムスの謎をインターネットが解いた!
 
1999.8.18
 ノストラダムスの謎をインターネットが解いた!
 著者:堀江健一
 発行所:二見書房
 
1998年7月発行:
 (サラ・ブックス)
 【ISBN4-576-98110-2 C0295】

・「ヨハネの黙示録」が語りかけてくるもの
・「270グラム」に世界じゅうが震撼した日
・ロシア史上最大の惑星探査機「マルス96」
・「人類が知りうるもっとも毒性の強い物質」が落ちてくる
・1000万人の死を招きうる毒物の落下地点は?
・アポロ13号も猛毒プルトニウムを積んでいた
・土星探査機「カッシーニ」とプルトニウム
・ノストラダムス「世紀末予言」の謎が解けた
・惑星探査情報に隠された「真実」
・惑星探査情報改変の奇妙なパターン
・月に関する真実とは?NASAの不可解な発表撤回
・「月の重力は地球の六分の一」という定説への反証
・表側とまったく異なる地形をもつ月の裏側の謎
       :
・警告者たちからのメッセージ
20世紀の大奇跡
 
20世紀の大奇跡
 −本当に起こった,科学もお手上げの不思議現象!−
 著者:ミステリーゾーン特報班〔編〕
 発行所:河出書房新社
 
1996年2月発行:
 (KAWADE夢文庫) 
 【ISBN4-309-49133-2 C0100】


・1/39年前に生き別れた双子の驚くべき"そっくり人生"とは
・2/性転換手術で女になるや子供まで出産しちゃった男
・3/首相を爆死から救ったのは突然の"天の声"だった
・4/どんなに海水が入っても真水を保ち続ける池の謎
・5/ローマ法王庁も公認した聖母マリアが出現する地とは
・6/二冊の本を同時に読んでいっぺんに理解する少女がいる
・7/教会で祈りながら見た幻覚はケネディ暗殺の暗示だった!
2000年5月5日
2000年5月5日
 −ポール・シフト!?−
 著者:五島勉
 発行所:三笠書房
 
1984年6月発行:
 (MIKASA BOOKS) 
 【ISBN4-8379-3312-2 C0210】


◎2000年5月5日−
 全面核戦争よりすさまじい破局が!?
 ●第1の追求/これがポール・シフトだ!
◎その日,グランド・アレイが地球をおそう
 ●第2の追求/「最終戦争」から「宇宙大異変」へ
 ●第3の追求/自然のポール・シフトは来ないかもしれない。しかし・・・・・
◎予言者たちはこう告げる
 ●第4の追求/
 「その日」を裏づける予知と伝説
 ●第5の追求/三大深層予言者のみた「ポール・シフトの日」
◎イエス・キリストとノストラダムス
 ●第6の追求/「黙示録」も「諸世紀」もやはり破局の暗示を・・・
 ●第7の追求/破滅の日を超えるものはあるのか?
2001夜物語(VOL.1〜VOL.3)
●2001+5
  
2001夜物語 SPACE FANTASIA
 著者:星野之宣
 発行所:双葉社
 ●2001夜物語(VOL.1)
 
1985年12月発行:
 【雑誌 50119-71】
 ●2001夜物語(VOL.2)
 
1985年12月発行:
 【雑誌 50120-30】
 ●2001夜物語(VOL.3)
 
1986年10月発行:
 【ISBN4-575-93076-8 C0079】
 ●2001+5
 
2006年2月発行:
 【ISBN4-575-93996-X C9979】
・第1夜/大いなる祖先
・第2夜/地球光
・第3夜/豊饒の海
・第4夜/大渦巻V
・第5夜/宇宙の孤児
・第6夜/宇宙への門
・第7夜/遥かなる旅人
・第8夜/悪魔の星
・第9夜/の光はすべて星
・第10夜/明日を越える旅
      :
2016年
「人類40億人滅亡」恐るべき証拠

2016年「人類40億人滅亡」
  恐るべき証拠

 −ノストラダムスの予言は的中していた!!−
 監修:並木伸一郎
 発行所:双葉社
 
2015年3月発行:
 【ISBN978-4-575-30854-9 C0076】


・序章/「地球規模のクライシスが迫っている!!」
・第1章/ノストラダムスの予言は的中していた!!
・第2章/人類滅亡の予兆−omen−
・第3章/太陽系に遺された「神々の指紋」
 ・・・人類は宇宙からやって来た!
・第4章/人類滅亡は「母なる太陽」がもたらすのか?
・第5章/人類は生き残れるのか?「影の政府と極秘計画」
7つの謎と奇跡
7つの謎と奇跡
 著者:久保田八郎
 発行所:主婦の友社
 
1981年5月発行:
 【0093-913717-3062】

・1/ルールドの奇跡
・2/古代マヤの謎
・3/ネス湖の怪獣は実在する
・4/奇跡の超能力手術者
・5/シベリア謎の大爆発
・6/ファティマの謎の太陽円盤
・7/月は異星人の宇宙基地
 ・月面の謎の「オニール橋」
 ・観測された月面の怪現象
 ・宇宙飛行士、UFOを目撃!
 ・またも宇宙のホタル火現象、現れる
 ・「月の砂漠」は本当だった
 ・月面にいたUFOの群れ!
 ・不思議な月のクレーター
    :