UFOレガシーUFO・ミステリー事件遺産 当サイトで参考にしたUFO関連本一覧
出典ライブラリー

怪奇・不可思議事件集(た〜と) 


あ〜お か〜こ さ〜そ た〜と な〜の は〜ほ ま〜も や〜よ 怪奇事件TOP
ら〜ろ わ〜ん A〜Z 0〜9 「怪奇・不可思議事件」索引欄
た〜と
 たちつてと
あ
200-20 事件名 470-55 事件の概要および詳細 230-25 その他参考サイトなど
●大暗黒日 1780年5月19,北アメリカのニューイングランド地方を中心に,真昼の明るさから急に暗黒になるという特異な現象が起こった。
人びとは世の終わりがきたのではないかと,大さわぎになった。世に「大暗黒日(The Dark Day)」といわれる天の異変である。
1869年版の『ウィブスター大辞典』は,「暗黒日」の項で,この日を次のように述べている。
「暗黒は
午前10時ごろからはじまり,その日の夜半までつづいた。そのために人びとは,数時間も戸外で新聞などを読むことができず,鳥は姿をかくし,ニワトリは鳥屋(とや)に入り,家畜は小屋をさがした。学校は正午前に終わりとなり,農夫たちは仕事にならず,家路を急いだ。もちろん,この日は日食などではなく,この著しい現象はなにによるのか,さっぱり原因が分からなかった。また,この夜の月は全面血のように赤かった・・・」
【参考文献】
『世界の奇跡』【世にもふしぎな物語;天の異変】1964年,著者:庄司浅水
参考外部=>聖書のお話ブログ BIBLE STORY BLOG

参考外部=>Hatena::Diary(93不思議な「暗黒日」)

参考外部⇒ In Deep(旧)(西暦 1780年の早朝、なぜアメリカの空は「真っ暗」になったのか?)

参考外部=>大摩邇(おおまに)(西暦 1780年の早朝、なぜアメリカの空は「真っ暗」になったのか?)

参考外部=>In Deep(「2016年11月に地球が15日間、完全な暗闇に包まれる」とNASAが声明を出した・・・)
●大流星雨


サイト;『NATIONALGEOGRAPHIC』から
1833年11月13日の朝,北アメリカ全土にものすごい流星雨が発生した。
エール大学のオルムステッド教授は,『エンサイクロペジア・アメリカーナ』の「流星」の項で次のように述べている。
「この朝の流星は,世界の創始以来,すくなくとも有史以来,もっともすばらしいものであり,これを見た人びとは,その数を吹雪の雪片,または夕方の雨粒に比較したほどである」
また,チャールズ・ヤング教授は『天文学入門』のなかで,
「およそ流星雨のうちで,
1833年11月12日夜から翌朝にかけて起こった,しし座流星雨のようにものすごいものは,ほかにその例を見ることはできないであろう。 ある地域では1時間に20万個にものぼる流星が見られ,それが5〜6時間もつづいた」と記している。
【参考文献】
『世界の奇跡』【世にもふしぎな物語;天の異変】1964年,著者:庄司浅水
参考外部=>NATIONAL GEOGRAPHIC(市民科学の始まり,1833年の流星雨)

参考外部⇒ コトバンク(流星雨)

参考外部=>流星電波観測国際プロジェクト(しし座流星群(Leonids))

参考外部=>NEWS(「しし座流星群」の流星出現について)
あ
200-20 事件名 470-55 事件の概要および詳細 230-25 その他参考サイトなど
あ
200-20 事件名 470-55 事件の概要および詳細 230-25 その他参考サイトなど
●ツングース謎の大爆発


★隕石の落下跡を探すクーリック博士
イラスト作者:池田雅行
『UFOと宇宙』(No.12) から
1908年6月30日に帝政ロシア時代のシベリア,ツングース地方のツングースカ川流域の空中で謎の大爆発が起こった。広島・長崎に落とされた原爆エネルギーの1,000倍以上に匹敵するとされている。
最初,火球の目撃があったことから,隕石が落下したものと思われたが,爆発現場に,クレーター,隕石が発見されなかったことから, 彗星落下説,宇宙船の核爆発説(
1946年,1977年 ),反物質天体爆発説( 1965年 ), ミニ・ブラックホール通過説( 1973年 ),太陽プラズモイド落下説( 1984年 ), プラズマ火球爆発説,テスラ(ニコラ・テスラ)電信塔実験暴走説,UFOと彗星衝突説( 2004年 )など多数あるが,驚天動地の最新説がある。それは超古代地球防衛装置作動説 2003年 )である。
なお,現地に調査隊が赴いたのは十月革命(
1917年 )後, 1921年 のことで, ソビエト科学アカデミー鉱物学博物館隕石部のレオニード・クーリックが編成した学術調査隊が初めてである。
●宇宙船核爆発説:SF作家のアレクサンドル・カザンツェフの仮説
●超古代地球防衛装置作動説:NSAR(ロシア国家安全保障アカデミー)のヴァレリー・ウヴァロフの仮説
【参考文献】
『UFOと宇宙』(NO.12)(シベリアの謎の大爆発)
『謎のツングース隕石はブラックホールかUFOか』
『宇宙人と古代人の謎』(ツングース大異変)
『7つの謎と奇跡』(シベリア謎の大爆発)
『ツングース恐怖の黙示』
『古代核戦争の謎』(ツングース大爆発の真相と地底文明)
『ムー』(No.305)(ツングース大爆発98年目の真実)
『ムー』(No.391)(知られざる北極圏の超古代「地球防衛システム」の謎)
『世界最後の謎』(宇宙からの訪問者?)
『天空のミステリー』(ツングース事件の謎)
参考外部⇒ Wikipedia(ツングースカ大爆発

参考外部⇒ WIRED(「ツングースカ大爆発」の原因、解明される)

参考外部⇒ NAVERまとめ(100年前の【ツングースカ大爆発】、ついに真相解明!)

参考外部⇒ BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)(100年以上謎だったロシアのツングースカ大爆発! やっぱり原因は隕石でした)

参考外部⇒ GigaZiNE(「ツングースカ大爆発」の原因となった隕石についての新研究)

参考外部⇒ Ameba(宇宙人は、ツングースカ大爆発の時に滅亡の危機から人類を救った!? (1))

参考外部⇒ 不思議サイレントダンス(【衝撃注意】100年以上謎だった「ツングースカ大爆発」の真相がヤバかった!)
あ
200-20 事件名 470-55 事件の概要および詳細 230-25 その他参考サイトなど
あ
200-20 事件名 470-55 事件の概要および詳細 230-25 その他参考サイトなど

 Copyright (c) 2017-2018. Minoru Oomiya